12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

xID、セブン銀行アクセラレータープログラムに採択

マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューション「xID」を提供するxIDは、セブン銀行が主催する「セブン銀行 アクセラレーター 2021」の採択企業として選出された。今後はxIDとセブン銀行ATMの連携の検討を開始し、「行政のサードプレイス」としての新たなサービスを創出する。

セブン銀行アクセラレーター2021の背景

セブン銀行はこれまで「いつでも、どこでも、だれでも、安心して」利用できるATMサービスとして、全国25,000台以上のATMが多くの人々に利用されている。

その中で、スマートフォンの普及や決済手段の多様化といった昨今の環境の変化に順応し、これまでと変わらずセブン銀行としての価値を発揮していくため、「セブン銀行アクセラレーター」が2016年より開催されてきた。

第4回目となる今回は、「高性能カメラ、顔認証、本人確認書類のスキャナー、Bluetooth等の機能を備えた新型ATMの活用」や、「コンビニらしい、身近な金融サービスの検討」をテーマに、「身近な便利」を共創するための新たなサービスアイディアが広く募集された。

◆ セブン銀行 アクセラレーター 2021の詳細:
https://growth.creww.me/19ad9f56-382b-11eb-9e2a-fb20503885d1.html

xIDが52社の応募の中から採択


こうした背景を踏まえ、マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディー)」を提供するxIDは、同プログラムに応募して以下の協業プランを提案。52社の応募の中から、採択された。


今後はxIDとセブン銀行ATMの連携の検討を開始し、「行政のサードプレイス」としての新たなサービスを創出することを目指す。

xIDCEO日下からのコメント

実はxIDがアクセラレータープログラムに参加するのは今回が初。その中で、数ある提案から採択いただいたことを非常に嬉しく思います。セブン銀行並びにセブン‐イレブンのネットワークは24/7で稼働する「社会のインフラ」です。市区町村が発行する証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)をコンビニのキオスク端末で取得できる「コンビニ交付」の実に50.4%のシェア*はセブンイレブンネットワークであり、すでにマイナンバーカードを活用した行政サービスとの接点とも言えます。そこにxIDを連携することで、役所や各種オンラインサービスに次ぐ「行政のサードプレイス」を共創していきたいと思います。

※J-LIS 地方公共団体情報システム機構発表 月間交付通数(2020年12月):https://www.j-lis.go.jp/data/open/cnt/3/140/1/conveni_koufu20210115.pdf

xID株式会社とは

xID株式会社は「信用コストの低いデジタル社会を実現する」をミッションとして掲げ、マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューションを中心に、次世代の事業モデルをパートナーと共に創出するGovTech企業である。情報のフェアな透明性を担保し、データ・個人・企業・政府の信頼性が高い社会をデジタルIDを通して創出する。

社名xID株式会社
設立2012年5月28日
資本金〒100-0014
東京都千代田区永田町2–14-3東急不動産赤坂ビル6階
代表者日下 光
URLhttps://xid.inc

xIDとは

『xID』は、マイナンバーカードと連携することで、より手軽に本人認証ができるデジタルIDアプリですある。初回登録時にマイナンバーカードに格納されている基本4情報(氏名、住所、性別、生年月日)をスマートフォンのNFC経由で読み取り、公的個人認証*によってマイナンバーカードとxIDを紐付ける。その後、連携するオンラインサービスのログイン用の暗証番号と電子署名用の暗証番号を設定し、利用時に認証・電子署名することで本人確認を完結し、さまざまなオンラインサービスの安全な利用を実現させる。

*サイバートラスト株式会社のiTrust 本人確認サービスを利用



◆ xID公式ウェブサイト:https://x-id.me

セブン銀行 アクセラレーター 2021とは

株式会社セブン銀行が主催するアクセラレータープログラム。スタートアップ企業などの新しいアイデアやサービス、技術とセブン銀行のリソースを掛け合わせ、今まで以上に便利な新規事業の創出と社会課題の解決を目指す。2016年に第一回が開催され、今回で4回目の開催。

◆ セブン銀行 アクセラレーター 2021の詳細:
https://growth.creww.me/19ad9f56-382b-11eb-9e2a-fb20503885d1.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント