12.8 C
Japan
土曜日, 10月 16, 2021

xID、セブン銀行アクセラレータープログラムに採択

マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューション「xID」を提供するxIDは、セブン銀行が主催する「セブン銀行 アクセラレーター 2021」の採択企業として選出された。今後はxIDとセブン銀行ATMの連携の検討を開始し、「行政のサードプレイス」としての新たなサービスを創出する。

セブン銀行アクセラレーター2021の背景

セブン銀行はこれまで「いつでも、どこでも、だれでも、安心して」利用できるATMサービスとして、全国25,000台以上のATMが多くの人々に利用されている。

その中で、スマートフォンの普及や決済手段の多様化といった昨今の環境の変化に順応し、これまでと変わらずセブン銀行としての価値を発揮していくため、「セブン銀行アクセラレーター」が2016年より開催されてきた。

第4回目となる今回は、「高性能カメラ、顔認証、本人確認書類のスキャナー、Bluetooth等の機能を備えた新型ATMの活用」や、「コンビニらしい、身近な金融サービスの検討」をテーマに、「身近な便利」を共創するための新たなサービスアイディアが広く募集された。

◆ セブン銀行 アクセラレーター 2021の詳細:
https://growth.creww.me/19ad9f56-382b-11eb-9e2a-fb20503885d1.html

xIDが52社の応募の中から採択


こうした背景を踏まえ、マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディー)」を提供するxIDは、同プログラムに応募して以下の協業プランを提案。52社の応募の中から、採択された。


今後はxIDとセブン銀行ATMの連携の検討を開始し、「行政のサードプレイス」としての新たなサービスを創出することを目指す。

xIDCEO日下からのコメント

実はxIDがアクセラレータープログラムに参加するのは今回が初。その中で、数ある提案から採択いただいたことを非常に嬉しく思います。セブン銀行並びにセブン‐イレブンのネットワークは24/7で稼働する「社会のインフラ」です。市区町村が発行する証明書(住民票の写し、印鑑登録証明書等)をコンビニのキオスク端末で取得できる「コンビニ交付」の実に50.4%のシェア*はセブンイレブンネットワークであり、すでにマイナンバーカードを活用した行政サービスとの接点とも言えます。そこにxIDを連携することで、役所や各種オンラインサービスに次ぐ「行政のサードプレイス」を共創していきたいと思います。

※J-LIS 地方公共団体情報システム機構発表 月間交付通数(2020年12月):https://www.j-lis.go.jp/data/open/cnt/3/140/1/conveni_koufu20210115.pdf

xID株式会社とは

xID株式会社は「信用コストの低いデジタル社会を実現する」をミッションとして掲げ、マイナンバーカードを活用したデジタルIDソリューションを中心に、次世代の事業モデルをパートナーと共に創出するGovTech企業である。情報のフェアな透明性を担保し、データ・個人・企業・政府の信頼性が高い社会をデジタルIDを通して創出する。

社名xID株式会社
設立2012年5月28日
資本金〒100-0014
東京都千代田区永田町2–14-3東急不動産赤坂ビル6階
代表者日下 光
URLhttps://xid.inc

xIDとは

『xID』は、マイナンバーカードと連携することで、より手軽に本人認証ができるデジタルIDアプリですある。初回登録時にマイナンバーカードに格納されている基本4情報(氏名、住所、性別、生年月日)をスマートフォンのNFC経由で読み取り、公的個人認証*によってマイナンバーカードとxIDを紐付ける。その後、連携するオンラインサービスのログイン用の暗証番号と電子署名用の暗証番号を設定し、利用時に認証・電子署名することで本人確認を完結し、さまざまなオンラインサービスの安全な利用を実現させる。

*サイバートラスト株式会社のiTrust 本人確認サービスを利用



◆ xID公式ウェブサイト:https://x-id.me

セブン銀行 アクセラレーター 2021とは

株式会社セブン銀行が主催するアクセラレータープログラム。スタートアップ企業などの新しいアイデアやサービス、技術とセブン銀行のリソースを掛け合わせ、今まで以上に便利な新規事業の創出と社会課題の解決を目指す。2016年に第一回が開催され、今回で4回目の開催。

◆ セブン銀行 アクセラレーター 2021の詳細:
https://growth.creww.me/19ad9f56-382b-11eb-9e2a-fb20503885d1.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント