12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。

急な雨でも安心快適!どこでも借りられてどこにでも返せる傘

「アイカサ」のサービス内容とは?

「アイカサ」は、使い捨て傘をなくすという目的と、雨の日を快適にハッピーにするというミッションのもと、1日70円で、「どこでも借りられてどこでも返せる傘のシェアリングサービス」を展開しています。

傘をレンタルするまでの手順とステーションの利用方法について

まずは、「アイカサ」のアプリをスマートフォンにダウンロードしていただきます。傘立てには、QRコードも表示されておりますので、読み込んでアプリを立ち上げると、地図上で周辺地域にある傘のステーションを確認することができます。

実際にどの様な手順で傘を借りるのかと言いますと、まず、アイカサスポットの傘立てを前にしましたら、アプリ上の「借りる」ボタンをタップします。その後、指示通りに傘立て横のQRコードに携帯電話をかざすと…ピコン!と音がしてロックが解除されますので、そのまま簡単に傘を借りることができます。

傘のステーションはどの様な所に設置されている?

現在は、主に東京都・埼玉県・神奈川県内の駅に多く設置されています。
(他にも、デパートなど商業施設やオフィスビル、大学、少数ですがホテルやマンションやコンビニなどにも設置されています)

詳しくはこちら ⇨ https://www.i-kasa.com/

雨の日も心に晴れ間を!選べる傘の柄はなんと20種類以上!

傘は柄が20種類以上ありますので、お好みのものを選んで借りることができます。

例えば、障がいのある作家さんとアートライセンス契約を結ぶヘラルボニーさんから提供されたデザインを起用して作った傘は内側にも柄が描かれており、デザイン性が高いと人気です。

ーカラフルで雨の日でも気分が上がりそうです。

そう思ってもらえたら嬉しいなと思っています。また、シンプルな黒い傘も用意してあります。大きさもしっかり65cmあり、大人1人が余裕で入れるサイズですし、2人一緒に入ることも出来そうです。
雨の日の移動が少しでも楽しくなるような素敵なデザインをと、数多くのデザインを取り入れています。

「ないならやればいいじゃん」ありそうでなかった傘をシェアする発想

「アイカサ」誕生の原体験

もともとマレーシアに住んでいた経験がありまして、ITを活用して展開されている様々なシェアリングサービスを、毎日の様に利用していたんです。

一方で、日本へ帰国した際に雨に降られると「傘が借りられたらいいのにな」と思うことがありました。丁度、日本で自転車のシェアリングサービスが活発になってきた頃に「自転車よりも傘がほしいな」と思ったことがあってサービスを検索したところ、傘のシェアリングサービスはなかったんです。

色々と調べていくうちに、ビニール傘が買われている量も、なんと年間8千万本位あると知ってビックリしました。

購入された8千万本の傘は、皆が買いたくて買っているというよりは、仕方なく買っているのではないか。皆が欲しいものは何かと言ったら「ただ濡れたくない体験」であって、ビニール傘自体ではないと思ったんです。買った傘もゴミになってしまいますよね。

私自身が何度も同じことを繰り返す内に、「傘のシェアリングサービスがあったら良いのではないか」「ないならやればいいじゃん」と思って始めたのが、このサービスが生まれたきっかけです。

社会課題を解決したいー雨の日のインフラになるー

「起業」という挑戦への想いはいつから?

もともと社会課題の解決自体に興味を持っていました。雨の日の移動が快適ではない結果、お店に足を運ばなくなるなどの機会損失は多くなります。そういった課題を解決できるような「雨の日のインフラになる」と同時に、毎年8千万本も買われている傘がゼロになるような未来を作っていきたいと思っています。

今後の「アイカサ」のサービス展開とは?

電車移動がある地域では、より傘のニーズが高いと思いますので、そういった課題のある場所から積極的に展開したいと思っています。東京をはじめとして、関西・福岡・名古屋と設置しておりますので、今後も展開速度を上げていく予定です。

現在、30万人程の方が「アイカサ」の会員登録をして下さっています。

ビニール傘を購入した経験は、誰しもにあるものだと思いますので、会員登録者数もそのレベルに行かないとインフラとしては未熟であると思っています。使い捨て傘をゼロにする目標を達成するために、数千万人以上の登録を目指しているところです。

マネタイズのポイント!企業も共感するサスティナブルなブランディング

「アイカサ」の収益のポイントとは?

主な収益のポイントは2つあります。一番大きな柱は、ユーザーからの利用料です。2つ目は、傘に起用されるデザインを施す企業さんから発生する売り上げです。

ー企業側からすると、そこに自社のデザインを載せることでメリットがあるという事ですね?

そうですね。単なる告知に留まらず、傘のシェアリングに参画すること自体が、環境に貢献する広告活動にもなりますので、企業様に価値を感じていただけるケースがあると思っています。

ーこれまでにどの様な企業さんとコラボされたのですか?

例えば旭化成ホームプロダクツさんとは、ジップロック®からリサイクルした傘を作りましたし、JTさんが展開している、これまでにない視点や考え方を活かして、パートナーと共に 「新しい明日」を創りあげるために社会課題と向きあうプロジェクト
「Rethink PROJECT」では、JTさん、豊島区、ヘラルボニーさんとアイカサで4者協業の取り組みもさせていただきました。
※リンク:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000084.000039365.html

資金調達は、どの様に実施されているのでしょうか?

β版からプロダクトを製作するにあたって、先行して資金が必要になった段階で、VCからの調達と・日本政策金融公庫さんからの借入を合わせてシードマネーを用意しました。

ー融資と出資の両軸で進められていたのですね。それはなぜですか?

融資の金額だけでは事業を立ち上げるのに不足していたのもありますが、スタートアップとして短期間でグロースすることに興味があったからです。

β版を出した中で、「可能性はある」「あとはやり方次第だ」と思っていました。中途半端な検証に留まらず、きちんとしたビジネスモデルを作れるかどうか、「一度チャレンジしたい」という思いが強く、資金調達に踏み切りました。

協業の路を切り開くには

アイカサ流 企業とのオープンイノベーションのコツ

ー「アイカサ」はたくさんの企業や自治体とコラボしています。ずばり協業のコツは何でしょうか。

実現したい未来が共通していることが1番のポイントかなと思います。「アイカサ」はその特性上、傘の貸し出しスポットを設置しないことにはサービスが届けられません。パートナーシップがあることが、とても大切な前提となるんです。サービスを介して叶えたい街の未来が、互いに共通していたので、自然と歩みを共にすることが出来たケースが多かったと感じています。

ー協業先の企業を探す手段や、その後のコンタクトはどの様に取られたのでしょうか?

近辺のお店から事業会社まで、全てがパートナーだと考えました。まだ傘のスポットがない頃には、ゼロからイメージで、一歩一歩伝えていました。電話もメールも、考えられることは何でもしてアプローチをしました。

Crewwさんにお世話になりましたNOK主催のアクセラレータープログラムでは、プログラムを通じて大きな企業さんと対話をする初めての機会になったと思います。

京急電鉄さん主催のアクセラレータープログラムにも採択され、実証実験に繋げることができました。

JRさんとの協業では、CVCのスタートアップ担当の方にFacebookから連絡させていただいたことから、お話が始まっています。

ーNOKさんとのプログラムでは、両者にどの様な目的があって、プログラムが実現したのかご紹介いただけますか?

私達が社会課題を解決するのに、技術の活用はとても大きなテーマでした。自分達が持っている知見だけでプログラムを作っていくのは、リスクがありますし、技術の相談には都度のっていただき、どんな技術の活用で、どんな体験が作れるのかということを、ディスカッションしながら強化しました。

いくつか実証実験も終えまして、具体的な実装についてはこれからになりますが、スマホをタップするだけでも、傘を借りられる様な仕組みに向けて、今後は開発を進めて行く予定です。

今の「アイカサ」のフェーズは?ー大きく拡大する未来へ向けてー

ー今後の「アイカサ」の展望について、お聞かせいただけますか。

現段階のフェーズは、0~100で表すと、ようやく「3」くらいなのかなと思っております。まだまだこれから何十倍にも大きく広げていくことが必要ですし、サービスの体験もどんどんアップデートしていかなければならないと思っています。

今は、その転換期真っ只中にいると思っておりますので、足元を固めつつ、「勝ちパターン」を見付けて気持ちよくスケールできるように、マインドや体制、仕組みを頑張って整えていければと思っています。

社名株式会社Nature Innovation Group
設立2018年6月
所在地151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目1番10号代々木中央ビル402
代表者丸川照司
事業概要傘のシェアリングサービス「アイカサ」
URLhttps://www.i-kasa.com/
インタビュイー
丸川 照司 氏 株式会社Nature Innovation Group 代表取締役
台湾と日本のハーフで4割ほどシンガポールなど東南アジアで育ち中国語と英語を話せる。18歳の時にソーシャルビジネスに興味を持ち、社会の為になるビジネスをしたいと志す。19歳の時に子ども目線の反抗期カウンセラー、20歳に株式会社ノジマでセールストップ10、その後マレーシアの大学へ留学。在学中に中国のシェア経済に魅了され、私自身が最も欲していた傘のシェアリングサービスを大学を中退して始める。現アイカサ代表、夢は財団を作ること。
Facebook コメント
ai taniuchi
2020年からPORT by Creww にてフリーランスライターとして活動中。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント