12.8 C
Japan
金曜日, 8月 14, 2020

\オンラインイベント/「本業・複業二兎を追ってキャリアを創る!」

共通課題を持つイントレプレナー同士が悩みやノウハウをシェア、共創をすることで、本業の新規事業を加速させるキッカケとなるコミュニティづくりを目指すIntrapreneur’s Hub。第5回目は「本業・複業二兎を追ってキャリアを創る!」をテーマに、事業会社内で働きつつ副業をしているゲスト、事業会社を辞め起業を成功させ副業家として活躍するゲストから、新規事業を加速させるための複業の魅力や失敗しないためのノウハウ、本業への活かし方について、パネルディスカッションを行います。

今回はリクルートから独立後、複業研究家/HRマーケターとして活躍している株式会社HARES代表の西村創一朗 氏、NTT西日本株式会社にて新規事業に携わる傍、複業でも活躍す及部一堯氏、コワーキングスペース向けのCRMを作っているスタートアップ「株式会社funky jump」を起業した青木 雄太 氏、そして、新しい挑戦の場「Startup Studio by Creww」を手がけるCrewwより中田が登壇します。

【参加対象】
・事業会社で新規事業の立ち上げ/推進を担当されている方
・事業会社で新規事業部門の立ち上げをされている方
・複業や起業等を含め、自分で事業を立ち上げたい方
※参加対象に当てはまらない方のご参加はお断りする場合がございます

【テーマ】
・パネルディスカッション「本業・複業二兎を追ってキャリアを創る!」
 − 本業のキャリアアップとしての複業(複業の定義の整理)
 − どんな複業を選んだらいいか
 − 複業に失敗しないために(特に本業との兼ね合い、生活の破綻について)

・ネットワーキング
トークセッション後にはイントレプレナーとして新規事業創出に取り組まれている皆様に向けたネットワーキングをオンライン上でゆるく行います。(途中退出ももちろんOKです。)イントレプレナー同士の横のつながりを作ることで、様々な新規事業創出のための手法や事例などの共有や、新規事業創出に必要な共創パートナーとの出会いの場にしていきたいと考えています。

※1:イントレプレナーとは:企業内起業家(新規事業担当者)

【開催概要】
日 時:2020年5月25日(木) 20:00~22:00 (開場:19:50)
場 所:オンライン(お申し込みされた方にURLをご連絡いたします)
参加費:無料
主 催:Creww株式会社

【タイムライン】
19:50~     開場・受付開始
20:00~20:10 開演のご挨拶
20:10~21:00 パネルディスカッション   
21:00      中締め
21:00~22:00 オンラインネットワーキング(有志)
22:00      完全閉場

【Intrapreneur’s Hubの開催背景】
近年、インターネットやテクノロジーの台頭による消費者行動や市場の変化、スタートアップ企業の台頭によって、多くの企業で新規事業創出の取り組みの必要性が増してきています。そんな中で、企業内で新しいビジネスを立ち上げる「社内起業家」であるイントレプレナーの重要性も高まっています。

150社以上のオープンイノベーションプログラムをCrewwで開催する中、新規事業に携わる人は共通して、新規事業の生みの苦しみをもっていることがわかってきました。共通課題を持つイントレプレナー同士が悩みを共有し、お互いのノウハウをシェア、必要に応じて共創をすることで、本業の新規事業を加速させることができれば、よりイノベーションが生まれる土壌が日本にできていくのではないだろうか。そのような仮説のもと、イントレプレナーのコミュニティをつくっていきたいと考えております。

パネリスト

登壇者
青木 雄太 氏
(株式会社funky jump CEO)
 東北大学農学研究科卒業後、2016年パナソニックに入社。住建分野における物流関連業務に従事。NPO法人ドットジェイピー執行役員。ボランティアスタッフのチームビルディングやチーム内でのエンゲージメント向上に努め、業績改善に貢献している。2018年3月より株式会社ゼロワンブースターに参画。その後独立し、2019年2月に株式会社funky jump を立ち上げた。
登壇者
西村創一朗(株式会社HARES CEO 複業研究家)

 複業研究家/HRマーケター。2011年に株式会社リクルートキャリアに入社後、複業で「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」をミッションに株式会社HARES(ヘアーズ)を創業。しばらくは会社員兼経営者として活動後、2017年に独立。19歳で学生結婚し、現在3児(11歳/8歳/4歳)の父。NPO法人ファザーリング・ジャパンの最年少理事も務める。著書に『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)がある。
登壇者
及部一堯(NTT西日本 ビジネスデザイン部 X-CREATE室 プロデューサー)

 2007年にNTT西日本入社。会社員をしながら、総合エンターテイナーとしての活動を始め、介護施設、保育施設、地域のイベント等で200回以上公演。その活動実績からレクリエーション介護士第1号となり、NTT西日本にて介護レクサービスを自ら企画し、サービスリリース。現在は、6つの会社の顧問・アドバイザーを行い、社外の知識・経験・人脈をつくりながら、社内での新規事業創出及び新規事業創出支援活動を行っている。
登壇者
中田 了輔(Creww株式会社 新規事業開発担当長)

 大手カード会社から、IT系ベンチャー企業、人材業界などで採用支援にたずさわったあと、現在はCrewwで継続してスタートアップ企業への採用支援を行いながら、新規事業開発を担当。

過去のイベントレポート

【ズルい起業】会社を辞めずに起業しろ!|起業家と事業家に必要なスキルセットとは?

2020年5月10日

失敗事例から紐解く新規事業のススメ方|イベントレポート

2020年3月27日
Intrapreneur's Hub #2

事業会社での新規事業立ち上げノウハウを深掘り!

2020年3月23日

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。