12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

世界のコワーキングサービス カオスマップ 2020年5月版 を公開

企業の新規事業推進、システム開発支援、ワークプレイス向けサービスを開発するAnyWhere は、【世界のコワーキングサービス カオスマップ 】を2020年5月29日にリリースいした。掲載数は合計で59サービスである。

作成の背景

AnyWhereでは、「世界中の誰もが、どこでも豊かに働き生きられる社会へ」をビジョンに、企業の新規事業推進、働き方改革、システム開発、デジタルトランスフォーメーション等に関連する支援業務を行っている。

近年テクノロジーの進歩や、働き方改革推進、テレワークの普及などにより、働く場所や働き方に関連した様々なサービスが登場してきた。
そこで、AnyWhereも会員である一般社団法人 コワーキングスペース協会監修の下、日本国内外に多数存在するコワーキング領域のサービスを分類したカオスマップを作成した。

一般社団法人 コワーキングスペース協会 代表理事 星野氏は、以下の様にコメントをしている。

「コワーキングスペースは、欧米では2000年代前半から、日本では2010年頃から増えており、日本国内のコワーキングスペースの数は約1,200箇所と言われています。大手企業がオープンイノベーションや社内交流や働き方改革の流れや求人採用目的などでコワーキングスペースを作る事例も増えており、また地方都市に行くと、行政や地域団体などが、産業と仕事を作る場所として、定住や移住の施策として、コワーキングスペースを作る事例も増えています。

コワーキングスペースの利用者も、起業したての人、これから起業を考えている人、フリーランス、地域活性化に取り組んでいる人などが主でしたが、最近では働き方改革・働き方の多様化の流れなどから、大手企業に勤めながらオフィスに行かずにテレワーク・リモートワークの際の作業場所として、コワーキングスペースで作業をするサラリーマンの利用も増えています。

このカオスマップで国内外の様々なコワーキングサービスを知っていただき、コワーキングスペースが働く場所の選択肢の一つとなることで、社会全体の発展と生産性の向上に寄与できれば嬉しく思います。」

AnyWhereは、多様化する働き方に合わせて、今までのオフィスや自宅に加え、新たに働く場所の導入・検討を行っている法人やフリーランス、個人事業主が、どのようなサービスがあるかを知り、比較検討に役立てられるようにと考えている。

カオスマップに関して

本カオスマップは一般社団法人 コワーキングスペース協会監修の下、AnyWhereが独自に作成したものであり、網羅性や正確性を完全に担保しておりません。ロゴの大きさや配置、掲載数に関しては、業界のシェアとの関連性は一切ございません。

ロゴ・サービス名・企業名の掲載について

AnyWhereは、本マップ記載のロゴ・サービス名・企業名の表記については、掲載した各社に事前許諾を得ていないものもあるとし、使用上問題がある場合には、早急に対応するため、hello@anywhere.co.jp」 または当社ホームページ問い合わせフォームまでの連絡をお願いしている。

また、今後も不定期で更新を実施する。自社のサービスの掲載を希望する方からも、「hello@anywhere.co.jp」または当社ホームページ問い合わせフォームにて連絡を受け付けている。
その際極力対応するが、全ての希望を承ることはできかねる旨、あらかじめの了承を呼び掛けた。

 
AnyWhereは、「世界中の誰もが、どこでも豊かに働き生きられる社会へ」をビジョンに、働き方やワークプレイスに関連する活動を続けていく。

社名所在地
設立2020年1月7日
所在地〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-24-8 コワーキングスペース Braeth
代表者代表取締役 斉藤 晴久
URLhttps://anywhere.co.jp
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。