12.8 C
Japan
月曜日, 10月 18, 2021

【社内ベンチャー制度 】あなたも社長になれる!大東建託が 「ミライノベーター」で新規事業創出

大東建託株式会社は、2020年度に、「熱い想いと事業アイデアであなたも社長になれる」 をキーメッセージとした社内ベンチャー制度 「ミライノベーター」 を導入しました。2021年度には3期目がスタートし、新規事業の立ち上げを目指し、さまざまな事業提案のブラッシュアップが進んでいます。1期・2期で最終審査を通過した事業案の中には、実証実験を開始し、一般客へのサービス提供を開始しているものも出てきています。
同社は今後も、全社員が新たにチャレンジできる環境を創り、新規事業立ち上げをサポートすることで、社員とともに成長する企業を目指す予定です。

ミライノベーターとは

近年、社員の提案をもとに新規事業を立ち上げる「社内ベンチャー制度」を導入する事例が、企業の大小を問わず増えています。そうした中、大東建託では、賃貸住宅専業から総合賃貸業を核とする 『生活総合支援企業』 を目指すための取り組みのひとつとして、新たな事業や商品・サービスを社員の提案により生み出す制度を、「ミライノベーター」として2020年度よりスタートさせました。

「ミライノベーター」はグループ全社員を対象とした制度としています。この制度に参加した社員が新規提案を通じて成長するだけでなく、さまざまな職種・経歴を持つ多様な社員から新しい事業や商品・サービスのアイデアが生まれ、それを具現化していく組織となることを目的としています。

第3期までの提案状況と進捗

「ミライノベーター」では、社員が応募した事業案に対して、社内で書類審査・プレゼン審査が行われます。最終審査を通過した事業案については、提案者が事業オーナーとなり事業化を目指します。第1期~第3期まで、支店や本社、グループ会社のさまざまな職種の社員から、累計で822件の応募がありました。

2021年度の第3期には209件の応募があり、 40件が書類審査を通過しました。今後、提案者はメンターとなる外部の起業家などのフォローを個別に受けながら、2次審査・最終審査に向けて、実現性・再現性のある事業となるようアイデアをブラッシュアップしていきます。

選考通過チームの活動状況

第1期・第2期の「ミライノベーター」で最終審査を通過した事業案については、事業化に向けて実証実験を開始しています。このうち、既にテスト販売やサービス提供を開始している事例をご紹介します。

〇 プライベートスペース レンタル事業「いい部屋Space」

「いい部屋Space」とは、大東建託リーシングの店舗の空きスペースや、同社グループの管理建物の空き店舗を活用した個室レンタル事業です。2021年2月から、同社グループ管理建物を活用し、練馬と八千代の2店舗で展開しています。

セキュリティやプライバシーに配慮した個室を中心に、仕事のみならず、勉強や趣味などさまざまな用途で利用できる空間を提供しています。15分単位の従量課金制が基本ですが、長時間の利用者のためのパッケージ料金、土日料金、広い空間の貸し切り等、使い方に合った料金プランを用意しています。

公式サイト▶︎https://www.e-heyaspace.com/about/

賃貸住宅向けオーダーメイドDIYサービス「CODD(コッド)」

「CODD」は、賃貸住宅の入居者でも挑戦しやすい「DIYキット」を販売するサービスです。

設置したいスペースに“シンデレラフィット”する家具のDIYキットや、DIYに必要となる工具や金物などのアクセサリーも併せて購入することが可能で、現在約400点の商品を展開しています。

昨今、コロナ禍による在宅時間の増加から、家具やインテリアを自作するDIYがブームとなっています。一方で、賃貸住宅でのDIYは、作業の工程で騒音が発生したり、床や壁を傷つけてしまい原状回復が困難になる恐れがあるため、挑戦しにくいという側面がありました。

そこで「CODD」は、オーダーメイドの依頼を受け、提携工場でプレカットした家具のDIYキットを届けることで、 「簡単・綺麗・楽しい」DIY体験を提供します。また床や壁を傷つけにくい資材、静音の工具などを販売することで、賃貸住宅の入居者にもDIYを楽しんでもらい、賃貸住宅での暮らし方をより豊かにするサービスを提供いたします。

公式サイト▶︎https://codd-ec.com/

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント