12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

建築テック系スタートアップVUILD、Yahoo! JAPAN運営のオープンコラボレーションスペース「LODGE」と連携|リモートワーク向け木製家具キットを販売

「建築の民主化」をビジョンに掲げ、デジタルファブリケーション技術を活用した設計施工をおこなう建築テック系スタートアップのVUILDは、ヤフーが運営するオープンコラボレーションスペース「LODGE」と連携、本日より家具デザインのダウンロード、パーツの加工依頼ができるサイト「LODGE Remote Work Kit」にて、リモートワーク向け木製家具キットの販売を開始した。

本取り組みは、Yahoo! JAPANが2020年10月に時間と場所に捉われない「新しい働き方」へと移行したことに伴い、オンライン中心へと活動の場を移したLOGDEの取り組みの1つとして実現した。LODGEは「情報技術で日本をもっと便利に」をテーマとし、オープン企画の開催、サービスやプロダクトの企画、ネットワーキング/サポート事業を活動の軸にオープンイノベーションの創出に注力している。

今回の協業は、今春、LODGEを運営するメンバーからVUILDに連絡したことから始まっている。WEBデザイナーやエンジニアなど有志のYahoo! JAPAN社員が、「理想の在宅ワークスタイル」をテーマに、各々のリモートワーク環境に合わせた木製家具キットづくりを、VUILDが開発した木製ものづくりのデザインからパーツに加工するまでの工程をオンラインで完結できるクラウドサービス「EMARF」(※1)を使って実現する取り組みをスタートした。

各自が描いてきたイラストをもとに、VUILDのアーキテクトによる複数回のワークショップや監修を経て完成したリモートワーク向け木製家具キットは、Yahoo! JAPAN社員向けのテストマーケティングを行い、その後、調整を繰り返し今回の製品化に至っている。

キットを販売するサイト「LODGE Remote Work Kit」は、LODGEが開発したEC&コミュニケーションプラットフォームに、VUILDが開発した「EMARF」を組み合わせたECサービスである。第一弾として、前述した木製家具キット6種類を販売、うちX種類は、購入者のライフスタイルに合わせ、幅・奥行・高さなどのサイズ変更ができる。

アスクル株式会社が5月14日に発表したテレワークの実態調査(※2)によると、新型コロナウイルスの影響が出始めて1年以上が経過している中でも、依然としてテレワーク時の課題としては「デスク、椅子、ネット回線など作業環境の整備」が最も多く、54.5%(MA。n=1,396)の回答を集めていた。  

今後もVUILDではYahoo! JAPANと協業を進め、新しい働き方をしている人たちが、理想の在宅ワークスタイルにあった木製ものづくりができるプラットフォームを提供する。

〈LODGE Remote Work Kit〉
URL:https://lodge.yahoo.co.jp/pj/fab/rwk/

組み立て木製家具キット

▼子供と過ごせるスタンディングデスク(設計者:平野 彩花) 
仕事中はブロックを積み上げてスタンディングデスクとして、仕事以外の時間では子供のおもちゃ箱として活躍するボックス。分割して使えば親子で作業ができる台にもなり、子供の成長と共にさまざまな使い方ができる。

 ▼気分転換のできる椅子(設計者:吉村 佳純)
楽器の演奏台や本棚、ゆらゆらゆれるロッキングチェアに変身する椅子。同じ場所で作業しがちな在宅ワークの気分転換に。

▼NOOM(設計者:市川 大翔)
ベッドを椅子として作業できる机。リラックスしながら仕事をしたり、気分転換をしたり、さまざまな用途に活用できる。拡張パーツを追加することでベンチスタイルに組み替えが可能。

▼かたづけザウルス(設計者:清水 覚)
在宅ワークで溜まりがちな段ボールを整理しておくための一般家庭向け段ボールストッカー。可愛らしい恐竜のフォルムで、たまればたまるほど大きく成長する。

▼Clover Desk(設計者:鈴木 歓喜、福田 香子)
4つに分かれた天板の並べ方を変えることで、カドオキ、カベオキ、カコミ、ダンランの4通りの並べ方ができるデスク。もっと多くのパーツを使えば、その可能性は自由自在である。

▼Balcony Block(設計者:中島 慎太郎)
ベランダの柵に固定することで、スタンディングデスクを作ることのできるブロック群。使わないときはスタッキングしておくことができる。作業の気分転換や、息抜きの場として、ベランダなどに第2の机を作ってみては。手すりのサイズに合わせて製作が可能。

〈注意事項〉
・切削用データをダウンロード後、切削の注文をEMARF上で行う。
・木によって節の有無、木目が異なるため、画像とは仕上がりが異なる。
・注文後、パーツの形で部品が届く。組み立ては自身で行う。

※1:EMARF(https://emarf.co/
EMARFは、木製ものづくりのデザインからパーツに加工するまでの工程を、オンラインで完結できるクラウドサービスである。これまで専門知識が必要だったり、コストや納期などの制約で諦めたりしていた木製部品製作を、CAD(Computer Aided Design)の機能を拡張するEMARFをインストールすることで、CAD上からオンライン入稿し、まるで自分の工房を持ったかのような感覚で在宅したままものづくりが可能となる。

※2:アスクル株式会社「テレワークの活用における実施率や導入に伴う課題」の実態調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000217.000021550.html

▼LODGE
https://lodge.yahoo.co.jp/

▼Remote Work Kit プロジェクト
https://note.com/lodge/m/mfba7fa0775e8

VUILDについて

社名VUILD株式会社
設立2017年11月21日
所在地神奈川県川崎市川崎区日進町3-4 unico1F-A
代表者秋吉浩気
事業概要建築設計、木製品開発及び製造、CNCルーターの販売、デジタル人材育成、事業開発支援、ITサービス開発
URLWeb:https://vuild.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/vuildinc
note:https://note.com/vuild
facebook:https://www.facebook.com/VUILD.co.jp/
instagram:https://www.instagram.com/vuild_works/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント