12.8 C
Japan
木曜日, 10月 6, 2022

採択スタートアップ企業決定!『伊藤超短波アクセラレーター2020』

伊藤超短波の経営資源を活用し、スタートアップ企業とのオープンイノベーションにより新しい発想を生み出し新規事業を共創することを目的に始まった『伊藤超短波アクセラレーター2020』。この度、実証実験に進むスタートアップ2社が決定した。

伊藤超短波がオープンイノベーションによって目指すもの

「無限の可能性へチャレンジ」をテーマにし、伊藤超短波が「ものづくり」の会社としてこれまで培ってきた確かな技術やノウハウと、スタートアップ企業の革新的な技術、斬新なアイデアを融合し、新たなビジネスやサービスの共創を目指すのが今回のアクセラレータープログラムだ。

https://accele.creww.me/collaboration/itochotanpa-2019-12

「創業100年を機に新たに策定した当社のビジョンは“物理療法を究める” です。“治すコト”に対する強い想いと技術は、どこにも負けないと⾃負しております。これまでに培った当社の技術・ノウハウとスタートアップの皆様の先進的かつ⾰新的なアイデアと熱意を掛け合わせ、全ての⼈々が健康で幸せに暮らせる社会を実現しましょう!」という意気込みのもと、2020年1月20日より開始された。

実証実験に進むスタートアップとは?

多くのスタートアップがエントリーした中、Z-WorksとASPの2社が協業パートナーとして実証実験に進むことが決定した。新規事業領域は下記の通りである。

【採択スタートアップ「Z-Works」】

センサー技術、ビッグデータ、AIを組み合わせた介護現場における問題を解決するZ-Works。『あらゆる人の生活の質を向上させる』をVisionに掲げ、介護現場の課題解決に取り組んでいる介護支援プラットフォームサービス事業者だ。介護スタッフの作業負荷軽減やデータ活用によるケアの質の向上を目指す。

社内にはさまざまな分野の国籍多様な専門家がおり、組み込みシステム、クラウドサービス、ネットワークのコアコンピタンスを持つエンジニア中心のチームとなっている。

介護業界への深い知見とAI/クラウドを含め、IOTセンサー等のモノづくりからサービスまで一気通貫して事業開発を行っている。

受賞歴等実績
・キヤノン、野村HD等が出資
・先進的IoTプロジェクト選考会議 2019年ファイナリスト
・東京電力[CHANGE and CHALLENGE IoT Scalerator PROGRAM]優秀賞
・九州電力アクセラレータ2017オープンイノベーションプログラム採択
・LIXILアクセラレータ優秀賞

Z-Worksが保有するIoT、AIを活用した介護支援サービス と 伊藤超短波のリソースを掛け合わせ協業することにより、介護市場における協業案に取り組む。

社名株式会社Z-Works
設立2015年4月30日
所在地東京都新宿区下落合4-21-19 目白LKビル7F
代表取締役共同経営者小川 誠、高橋達也
事業概要IoTとクラウドを活用し、利用者のQoLを向上させる生活支援・介護支援システムを開発、社会貢献を目指すIoTのトータルソリューションカンパニー
ラウンドシリーズB
URLhttps://creww.me/ja/startup/z-works

採択スタートアップ「ASP」

ASPは、食品メーカー・レストランの要望を受けて農作物をつくる「通年安定供給」と観光地や介護施設に併設された「農場プラントと食品加工プラント併設のテーマパークの企画・運用」を行うプラットフォーム事業を展開するスタートアップ企業だ。

〜年間安定供給サービスと観光・健康増進農場プラント〜

【年間安定供給サービス】
食品メーカーや飲食店からの原料としての年間安定仕入の要望にもとづいて、日本全体を農地として収穫安全率と産地リレーのエリア横断の栽培設計を行い、収量のアップの技術承継の仕組みやランニングコストを抑える透明遮熱フィルムや土壌環境制御技術を用いる。また各都道府県の1次加工メーカーや6次化で設備投資した加工設備のシェアリングも行い、年間安定供給を行う。

【観光・健康増進農場プラント】
農業従事者の所得の多様化として、栽培管理を行いながら、観光地の駅や市場・閉店パチンコ店などで楽しみながら手軽に農業体験と食品加工の体験が出来る。また介護施設と併設した農場プラントと理学療法士の視点から農作業をシェアリングし、リハビリやトレーニングを農作業を通じて行う。作業内容に応じてポイントを付与し、ポイントで収穫した農産物と交換するなどモチベーションを高める場として健康増進につなげる。

社名株式会社エーエスピー
設立2018年02月26日
所在地大阪吹田市岸部 南 1-24-23-405
代表者林 直樹
事業概要食品メーカー・レストランのつくって欲しい農作物をつくる通年安定供給と観光地や介護施設と併設した農場プラントと食品加工プラント併設のテーマパークの企画・運用を行うプラットフォーム事業
ラウンドプロトタイプ
URLhttps://creww.me/ja/startup/asp.id

実証実験を始めるにあたって伝えたいこと

実証実験を始めるにあたり、伊藤超短波株式会社 社長室の荒井 慧氏より、下記の通りコメントが寄せられた。

「当社が100年間に渡り培ってきた物理療法の技術を、さらに深く、そして他分野へ展開し、一人でも多くの方の健康と幸せに暮らせる社会の実現に寄与すべく、当プロジェクトを全力で推進してまいります。」

スタートアップ企業2社と伊藤超短波のブラッシュアップメンバーによる実証実験がいよいよ始動する。

社名伊藤超短波株式会社
設立1916年
資本金9,950万円
代表者倉橋 司(くらはし つかさ)
事業概要病院用および家庭用治療器、リハビリテーション機器、健康機器、美容機器などの製造・販売
URLhttp://www.itolator.co.jp/

伊藤超短波、学校法人順天堂のオープンイノベーションプログラム「GAUDI」に入会

2020年6月15日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント