12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

デジタル時代のミライを考えるオンラインイベント ―高校時代に知っておきたい新・グローバル人材―

コロナショックにより、世界中のあらゆる業界・企業がデジタルシフトを迫られている。すでに日本国内の先進的な企業では、IT活用を中核に据えた新規ビジネスの創出や業務変革への取組みが活発に行われているが、日本国内にはDX(デジタルトランスフォーメーション)人材が圧倒的に不足している。2020年8月18日~22日の5日間にわたり、グローバル人材育成をテーマに多様な教育コンテンツを提供してきたISIグローバル教育センターと専門学校 東京ビジネス外語カレッジは、デジタルビジネス最前線を駆けるパートナー企業の支援の下、志高い若者のグローバルキャリアを応援するオンラインイベントを開催する。

開催概要

■イベント名:変異と進化を体感する5日間!
デジタル時代のミライを考えるオンラインイベント
―高校時代に知っておきたい新・グローバル人材―

■開催日時:2020年8月18日(火)-22日(土)
※全日の参加を推奨しておりますが、単日・単講座ごとの参加も認めております。ご都合のつく限りにおいてご参加ください。

■開催場所:オンライン開催 (※Zoomを使用予定)
■参加対象:学生・社会人・招待者(※午前の部は高校生・高校教員のみ対象、夜の部は高校生のみ対象)

■参加費:無料
■申込締切日:2020年8月17日(月)
■定員:300名 ※先着順となります。

本イベントに参加するメリット

MERIT 01「新たな気づきを得る」
時代の最前線で活躍する講師陣と学びます。

MERIT 02「新たな出会いが広がる」
全国の同年代の仲間と出会いが生まれます。

MERIT 03「新たな可能性が拓く」
卒業後のグローバルキャリアの参考になります。

タイムスケジュール

8/18(火)10:00-11:00
「高校時代に知っておきたい新・グローバル人材」~新たな“気づき”と“出会い”、そして“可能性”~
 株式会社アイ・エス・アイ ISIグローバル教育センター センター長 楠田 法隆

8/18(火)13:00-14:00
「AI時代のデジタルイノベーション」
株式会社ヘッドウォータース 代表取締役 篠田 庸介 氏

8/18(火)14:00-15:00
「グローバルマインドセット。主体性を挽き出す。」
株式会社HRインスティテュート フェローコンサルタント 染谷 文香 氏

8/18(火)15:00-16:00
「ABEMAや新規事業を生み出すクリエイターになる方法」
株式会社サイバーエージェント 取締役 曽山 哲人 氏

8/18(火)16:00-17:00
「スタサプ誕生秘話とこれからの学校教育のミライ」
株式会社リクルート 執行役員 プロダクト本部 教育・学習担当 山口 文洋 氏

8/19(水)10:00-11:00
「高校生・保護者・高校教員のためのデータサイエンス教育の選び方」
ベネッセグループ 株式会社進研アド Between編集長 中村 浩二 氏

8/19(水)15:00-16:00
「デジタル社会における不動産ビジネス」
株式会社ザイマックス不動産総合研究所 代表取締役社長 中山 善夫 氏

8/19(水)16:00-17:00
「はじめてのデジタルマーケティング」
株式会社ギブリー 執行役員 大熊 勇樹 氏

8/20(木)10:00-11:00
「今後求められるDX人材」
ベネッセコーポレーション 大学・社会人事業開発部 データサイエンスプロジェクト責任者
齋藤 輝之 氏

8/20(木)13:00-14:00
「3Dプリンターが拓く新しいミライ」
株式会社ストラタシス・ジャパン R&Dセンター シニアマネージャー 三森 幸治 氏

8/20(木)14:00-15:00
「はじめてのスマートシティ」
株式会社フォー・クオリア 代表取締役
株式会社会津ラボ 代表取締役 松永 州央 氏

8/20(木)15:00-16:00
「中国デジタル革命 最前線」
Tencent Japan合同会社 クラウド・スマートインダストリーグループ
アカウントマネージャー 裘 彬濱 氏

8/20(木)16:00-17:00
「欧州(EU)のデジタル社会への取り組み事例」
Sudy&Co. 代表取締役社長 パーパイ・フォンダビスト・アンナ 氏

8/21(金)10:00-11:00
「“Withコロナ”時代、グローバルキャリアを拓くための学び」
専門学校 東京ビジネス外語カレッジ 校長
(東京商工会議所 中小企業のデジタルシフト推進委員会 学識委員) 並河 克彦

8/21(金)13:00-14:00
「スタートアップ最前線」
Creww株式会社 代表取締役 (J‐Startup 推薦委員) 伊地知 天 氏

8/21(金)14:00-15:00
「世界中で実現が進む次世代のスマートビル」
ジョンソンコントロールズ株式会社 デジタルソリューション推進室
プロダクトマネジメント担当 地田 清和 氏

8/22(土)10:00-11:00
「共に拓く“ホンモノのグローバル人材”への道」
専門学校 東京ビジネス外語カレッジ デジタル・ビジネスコース 入学予定者 森岡 達也

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。