12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

「偶然降りかかった試練」が「人生をかけた挑戦」に。

Inner Resourceの代表松本 剛弥氏は、外資金融企業を退職し研究機関向けの専門商社へ転職を決めた後、研究者を支援する立場として企業した経歴を持つ。「偶然」自身に降りかかった試練が「きっかけ」となり、「必然的」に挑戦する道を選択した起業家としての原点を探った。
※この記事は、2019年3月12日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

株式会社Inner Resource 代表取締役CEO 松本 剛弥氏

『人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。このような人生を我々は運命と称している。』

かの有名な日本を代表する哲学者が残した言葉にもあるように、「偶然」自身に降りかかった試練が「きっかけ」となり、「必然的」に挑戦する道を選択した起業家を紹介したい。

ライフサイエンス業界全体の研究環境の無駄を減らし、研究者を支援するサービスを展開しているInner Resource松本CEOの「偶然」は突然に訪れた。約8年前、サラリーマンとして外資系の金融企業に勤務していたころ、家族が難病指定を受け、原因・解決策不明の病だと告げられた。それは松本家にとって青天の霹靂の出来事であり、頭が真っ白になった。病気の原因も解決策も打つ手立てがなく、絶望の淵に立たされたような気持ちでいっぱいだったことを今でも鮮明に覚えていると当時を振り返った。

居ても立っても居られず、病気や医療に関するさまざまなことを調べ始めると同時に、当時勤務していた外資金融企業を退職し、研究機関向けの専門商社への転職を決めた。専門商社では仕事を通じて数多くの研究者と接することができたため、難病の研究や治療を行う医療機関に関する知識や人脈等も得ることができた。しかし、ふと、大学をはじめとする国内の研究機関を取り巻く研究環境は、依然としてさまざまな問題を抱えており、研究者自身が煩雑な事務作業に追われ、肝心の研究活動に打ち込めていないのではないかと疑問を持つようにもなった。そこで、自身のように新たな治療を待ち望んでいる方々のニーズを少しでも広くカバーできるよう、研究者が研究に没頭できる環境の構築を通じて業界の発展に寄与するべく、研究者を支援する立場として人生を捧げようと、起業という道を選んだのだ。

たくさんの苦難を乗り越え約1年半。サービスは利用者から好評を得ており、順調に導入が進んでいる。また、プライベートにおいても難病に関するはっきりとした解決策はいまだないものの、研究者への支援というライフワークを通じて家族の健康を維持するための対策が打てるところまで進展したそうだ。家族を想う気持ちが数々の試練に打ち勝つ原動力となり、起業家として社会課題の解決に向かう姿を「運命」と言わずして何と言おう。ご家族の健康をお祈りするとともに「運命」の挑戦を応援したい。

社名株式会社Inner Resource
設立設立2017年6月
所在地東京都文京区本郷4-2-5 MAビル4F
代表者代表取締役社長松本剛弥
事業概要ウェブコンテンツの企画・制作・管理・運営
システムの開発・管理・運営
広告及び販売促進に関する業務
上記に付帯する業務
URLhttps://irsc.jp/index.html

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。