12.8 C
Japan
木曜日, 9月 29, 2022

「偶然降りかかった試練」が「人生をかけた挑戦」に。

Inner Resourceの代表松本 剛弥氏は、外資金融企業を退職し研究機関向けの専門商社へ転職を決めた後、研究者を支援する立場として企業した経歴を持つ。「偶然」自身に降りかかった試練が「きっかけ」となり、「必然的」に挑戦する道を選択した起業家としての原点を探った。
※この記事は、2019年3月12日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

株式会社Inner Resource 代表取締役CEO 松本 剛弥氏

『人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。このような人生を我々は運命と称している。』

かの有名な日本を代表する哲学者が残した言葉にもあるように、「偶然」自身に降りかかった試練が「きっかけ」となり、「必然的」に挑戦する道を選択した起業家を紹介したい。

ライフサイエンス業界全体の研究環境の無駄を減らし、研究者を支援するサービスを展開しているInner Resource松本CEOの「偶然」は突然に訪れた。約8年前、サラリーマンとして外資系の金融企業に勤務していたころ、家族が難病指定を受け、原因・解決策不明の病だと告げられた。それは松本家にとって青天の霹靂の出来事であり、頭が真っ白になった。病気の原因も解決策も打つ手立てがなく、絶望の淵に立たされたような気持ちでいっぱいだったことを今でも鮮明に覚えていると当時を振り返った。

居ても立っても居られず、病気や医療に関するさまざまなことを調べ始めると同時に、当時勤務していた外資金融企業を退職し、研究機関向けの専門商社への転職を決めた。専門商社では仕事を通じて数多くの研究者と接することができたため、難病の研究や治療を行う医療機関に関する知識や人脈等も得ることができた。しかし、ふと、大学をはじめとする国内の研究機関を取り巻く研究環境は、依然としてさまざまな問題を抱えており、研究者自身が煩雑な事務作業に追われ、肝心の研究活動に打ち込めていないのではないかと疑問を持つようにもなった。そこで、自身のように新たな治療を待ち望んでいる方々のニーズを少しでも広くカバーできるよう、研究者が研究に没頭できる環境の構築を通じて業界の発展に寄与するべく、研究者を支援する立場として人生を捧げようと、起業という道を選んだのだ。

たくさんの苦難を乗り越え約1年半。サービスは利用者から好評を得ており、順調に導入が進んでいる。また、プライベートにおいても難病に関するはっきりとした解決策はいまだないものの、研究者への支援というライフワークを通じて家族の健康を維持するための対策が打てるところまで進展したそうだ。家族を想う気持ちが数々の試練に打ち勝つ原動力となり、起業家として社会課題の解決に向かう姿を「運命」と言わずして何と言おう。ご家族の健康をお祈りするとともに「運命」の挑戦を応援したい。

社名株式会社Inner Resource
設立設立2017年6月
所在地東京都文京区本郷4-2-5 MAビル4F
代表者代表取締役社長松本剛弥
事業概要ウェブコンテンツの企画・制作・管理・運営
システムの開発・管理・運営
広告及び販売促進に関する業務
上記に付帯する業務
URLhttps://irsc.jp/index.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント