12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

Withコロナ時代・産学連携でDX人材を育成

学校法人ISI学園は、2021年4月からスタートする専門学校東京ビジネス外語カレッジ(TBL)の『グローバルビジネス学科デジタル・ビジネスコース』において、最先端のデジタルテクノロジーを活用したビジネス変革に挑戦中のパートナー企業とカリキュラムを共同開発し、デジタルシフトが更に加速するWithコロナ時代に求められるデジタルトランスフォーメーション(DX)人材を育成することを発表した。

本コースでは、各業界でデジタルビジネス最前線を駆けるパートナー企業とカリキュラムを共同開発し、授業では最先端のデジタルテクノロジーを活用した最新事例を実践型で学ぶことができます。卒業後は、TBLで身に付けたグローバルな視座とデジタルリテラシーを起点に、創造的に未来型社会を設計・提案できるイノベーションリーダーや、顧客との共創による持続可能なビジネスモデルを構想できるビジネスクリエイター、そして社会・都市基盤システムのトータルデザイナーなど、デジタル社会変革へのチェンジメーカーとして主導的な役割を発揮することが期待されます。

■コース設計コンセプト

設計コンセプトの核となるのは、TBLが提供するDX人材育成プラットフォームの上で、パートナー企業×学生×ファシリテーターで共創する実践型授業の展開です。学生はキャンパス内でも企業から直接デジタルビジネス最前線で変革必要分野に対する課題を提示され、一企業のビジネスクリエイターとしての仕事を実践的に体験できます。授業では、ストーリー構造で実施されるパートナー企業による講座、ファシリテーターによる問題提起、学生が自ら考える創造的なワークショップを積み重ねることによって、デジタルビジネスへの主体性を身に付けることができます。

例えば「街づくり」というテーマで、ジョンソンコントロールズ株式会社のビルテクノロジーソリューションから、株式会社フォー・クオリアのスマートシティプロジェクト、株式会社ヘッドウォータースのAI社会実装、といったストーリーに沿って最新事例を学び、その上で学生は未来の「街づくり」というプロジェクト課題に取り組みます。

また、TBLの学びの環境として特徴的な、多国籍の学生による異文化コミュニティーに身を置くことによって、ビジネス英語やプレゼンテーションといったトレーニングを常に経験でき、グローバル感覚を兼ね備えたDX人材としての付加価値を得られます。

■パートナー企業との連携と構想

パートナー企業には、ネットサービス、ICT/AIソリューション、ビルディングオートメーション、スタートアップ、PR、デジタル・マーケティング、不動産サービス、3Dプリンターによるラピッドプロトタイピング、コンサルティングといったさまざまな分野における先進的な企業が本コースへの協力を表明し、年間を通じて連携しダイナミックな授業を展開、DX人材を共に育成します。パートナー企業へは、在学中にインターンシップを経験、卒業後は就職、というルートも含め、企業側が採用プラットフォームとして本コースに参画する利益設計も構想中です。

■海外教育機関との連携と構想

本コースの学生で希望する者には、単位認定型編入制度で提携する英国国立ミドルセックス大学に海外大学編入・学士号取得プログラム「2+2」コースを利用して留学し、経営学士を取得する進路も用意されています。単位認定型編入制度では、ミドルセックス大学以外にも、世界各国の大学との連携を交渉中であり、これらの提携大学とはクロスカルチャー・オンライン授業も企画し、グローバルに広がる学びのネットワークを活用した人材育成にも力を注ぎます。

■オンラインイベントの開催

新コース開設に先駆け、グローバル・デジタル時代の最前線でビジネスの変革に挑戦している協力企業のご支援を賜り、「グローバル・デジタルビジネス最前線」を興味深く学べるオンラインイベントを8月に開催いたします。TBLでは、新型コロナウイルス対応として早期にオンライン授業に切り替え、遠隔でも良質な教育コンテンツの提供を実現してまいりました。Withコロナ時代においても、引き続き対面授業とオンライン両方の利点を活かした教育機会の提供を継続してまいります。本イベント最終日には、全国からの志高き若者達による「デジタル時代のわたしのミライ」と題したプレゼンテーションの時間を設けております。発表者のデジタル時代におけるグローバルキャリアの実現を、あらゆるリソースを活用し応援いたします。参加者が本イベントを通じ大きく成長する姿もぜひご観覧いただければ幸甚です。

【デジタル時代のミライを考えるオンラインイベント】

開催期間:2020年8月18日~22日(5日間)
https://www.isi.ac.jp/tbl/lp-digital-online

TBLは、今後ますます高まるDX人材の需要に対し、その育成と社会輩出を積極的に推進し、グローバル人材育成のミッションを果たしてまいります。

《概要》
◆学校概要
専門学校東京ビジネス外語カレッジ(校長 並河 克彦)
グローバルビジネス学科/国際コミュニケーション学科
総定員:320名
東京都豊島区南池袋1-13-13
2004年東京都町田市に開校し2014年に東京都豊島区南池袋に移転、今年開校16年目となるビジネス専門課程と外語専門課程を擁する専門学校。ビジネス専門課程グローバルビジネス学科は職業実践専門課程に認定。グローバル教育において企業連携、海外留学制度の充実を図り、先進的な授業を展開する。
https://www.isi.ac.jp/tbl

◆学科・コース名・収容定員
グローバルビジネス学科デジタル・ビジネスコース 収容定員80名(2年制)
https://www.isi.ac.jp/tbl/lp-digital-business

◆コース開設
2021年4月

◆カリキュラム連携パートナー企業(アルファベット順)

■Creww株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役 伊地知 天)
「大挑戦時代をつくる。」というビジョンのもと、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営。スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、それぞれのニーズにマッチしたサービスを提供。
・起業家精神、新規事業構想、起業プロセス、スタートアップコミュニティ運営などの講座やさまざまなスタートアップ 事業事例の提供
https://creww.in

■株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤田 晋)
「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンのもと、インターネット産業に軸足をおいた事業を展開。
ネット広告やゲームに加え、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」も急成長中。
・「ABEMA」をはじめとしたネットサービスの最新事例からサイバーエージェントの目指すミライを講座にて紹介
https://www.cyberagent.co.jp

■株式会社フォー・クオリア(本社:東京都品川区、代表取締役社長 松永 州央)
「こんなことができたら、」を実現する確かな開発力。さまざまなシーンを支えるサービス・アプリケーションを提案。
・地方都市のスマートプロジェクトを事例にしたワークショップと講座
https://4qualia.co.jp

■株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 井手 高志)
すべての人に成長を。ITとリアルの両軸で事業を展開し、社会を豊かにする人々のための成長エコシステムを創造する「成長」支援企業。
・マーケティング戦略と最新のデジタル・マーケティングの企画と実践を講義
https://givery.co.jp

■株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役 篠田 庸介)
AI技術を活用した革新的なソリューション提供により顧客のデジタルビジネス成功を支援する。
・AI社会実装の事例紹介からミライを考えるワークショップ授業の提供
https://www.headwaters.co.jp

■株式会社HRインスティテュート(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 三坂 健)
「主体性を挽き出す」をミッションにクライアントの組織と人を育てる人材育成、コンサルティング企業。
・DX人材育成のさまざまなコンテンツやファシリテーターの提供
https://www.hri-japan.co.jp

■ジョンソンコントロールズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 吉田 浩)
創業135年、世界150ヵ国以上でビジネスを展開し、最新のデジタル技術を使って、建物や空間の安全性、快適性、インテリジェンスを向上させ、お客様のミッションを支援するビルテクノロジーのグローバルカンパニー。
・中東のBee’ah本社屋でのデジタルソリューション事例やグローバル企業でのプロジェクトマネジメントについて講義
https://www.johnsoncontrols.com/ja_jp

■広報事務所Spril(本社:東京都港区、代表 福地 聖佳)
ヒト・モノ・コトの“本来の魅力”を見出し、磨き、戦略的に発信していく広報/PRのプロフェッショナルエージェント。
・企業イメージの向上、デジタル・マーケティングを最大活用するための広報戦略とリスクマネジメントについて講義
https://spril.jp

■株式会社ストラタシス・ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長 片山 浩晶)
デジタル情報から立体物を製作する3Dプリンター製造販売。設計・製造・サプライチェーン改革に貢献、医療・航空機・宇宙分野でも画期的な応用が広がる。
・DX応用分野の事例研究や、実際に3Dプリンターを使用してのプロトタイプ制作の体験
https://www.stratasys.co.jp

■Sudy & Co有限責任会社(本社:ハンガリー・ブダペスト、代表取締役社長 パーパイ・フォンダビスト・アンナ)
駐日ハンガリー大使などを歴任したシュディ・ゾルタンにより設立されたコンサルティング会社。
・欧州(EU)のデジタル社会への取り組みなどグローバルなテーマについての講義支援
https://sudy.co.hu/ja

■Tencent Japan合同会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Juno Shin)
中国国内で圧倒的なユーザー数を抱える「WeChat」などのソーシャルプラットフォームを筆頭に、音楽・動画・ゲーム・広告などのデジタルコンテンツを配信する中国デジタル革命のリーダー。高性能テクノロジーとビジネスに最適化されたソリューションを提供し世界で急速に成長中のクラウドサービスTencent Cloudを日本で展開。
・中国のネットサービス発展と事例研究に加え、Tencent/Tencent Cloudが目指す将来スコープを紹介
http://tencentjapan.com

■株式会社ザイマックス不動産総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中山 善夫)
オフィスビル・商業施設などの不動産における総合的な企画、調査、研究を担う不動産シンクタンク。蓄積された膨大なデータをもとに、独自の視点から分析・研究した結果を世の中へ発信。
・ビッグデータをどう活かすかのビジネス統計学の授業に協力
https://soken.xymax.co.jp

※パートナー企業との連携による授業・講義は、カリキュラムの充実を図るために変更されることがあります。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。