12.8 C
Japan
木曜日, 6月 30, 2022

【200以上の自治体が導入】空き情報配信プラットフォーム「VACAN」、13,000箇所以上の避難所の空き状況をマップ上に可視化

AIとIoTを活用してあらゆる空き情報を配信するスタートアップ、バカンが提供する、リアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」は、2022年2月に全国で200を越す自治体への導入を達成しました。これにより、災害時には13,000カ所以上の避難所の混雑情報をリアルタイムに可視化することが可能となります!日本でのサービスの人口カバー率は、2月末時点で19%を突破しました。コロナ禍や出水期を控える中、予期しない災害に備え全国の自治体での導入が加速しています。

VAKAN導入の背景

コロナ禍においては、感染拡大防止のために人と人との間に距離を確保する社会的距離(ソーシャルディスタンス)や密の回避などが求められる。新型コロナウイルスの感染対策は災害時に開設される避難所でも例外ではなく、距離の確保や体調不良者のゾーニングなどが重要となる。一方で、そうした状況下においては各避難所の収容可能人数が従来と比べ少なくなる可能性があり、一部の避難所に人が集中することを避け、分散して避難をすることが必要になる。

こうした背景から災害発生時に避難所を開設する際、バカンが提供するリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN(バカン)」を利用することで、避難所のリアルタイム空き情報が配信可能となる。VACANには、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を一覧できる「VACAN Maps」(https://vacan.com)という機能があり、避難される方が、このVACAN MapsにPCやスマートフォン等でアクセスすることで、各避難所の位置や混み具合を確認することができる。​混み具合の情報は、各避難所の職員がインターネット上の管理画面から操作することで更新。表示は、「空いています」「やや混雑」「混雑」「満」の4段階である。

現在、全国の自治体様でVACAN Mapsの避難所への活用が進んでおり、2020年8月に東京都の多摩市が導入して以降、1年半で13,000箇所、200を超える自治体(※)が導入している。サービスの人口カバー率は19%を突破した。

※県単位で導入されている場合もある

マップ型リアルタイム空き情報配信サービス「VACAN Maps」について

リアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN」の機能の1つである「VACAN Maps」は、マップ上で近くの施設等の空き・混雑状況を表示する機能となっている。VACAN MapsはスマホやPCから、アプリのダウンロードや会員登録をせずに誰でも利用が可能だ。

空き情報はセンサーやカメラで取得した施設内状況のデータからAIで自動検知・判定する方法や、店頭のタブレットデバイスを用いて検知する方法など、店舗・施設の環境や予算などに合わせた様々な方法で検知・配信されている。避難所での活用では災害発生時でも安定して混雑情報を検知・配信するために、センサーなどを使わずに各避難所の職員がインターネット上の管理画面から混雑状況を更新している。空き情報は、「空いています」「やや混雑」「混雑」「満」の4段階で表示される。

2020年6月より同機能の提供を開始(※)してから、全国の飲食店や商業施設、投票所など多様な施設・場所、また江ノ島や伊勢神宮、太宰府天満宮といった観光地など幅広い領域への活用が進んでいる。
※避難所への提供は同年8月より開始

活用実績について

提供を開始してからこれまで下記の例をはじめ、全国の自治体で活用されている。また、サービスを活用しオンライン避難訓練を行うなど、コロナ禍での密回避を目的とした新たな活用方法も生まれている。

【活用例(一部抜粋)】
・宮崎県日南市:
2020年9月に九州を襲った台風10号により避難指示がでた際に活用。人口5万人程度の同市だが、1万以上のアクセスがあり住民から「分かりやすい」といった声も聞かれた。

・福島県など:
2021年2月に起きた福島県沖地震で、福島県郡山市や福島市などが活用。地震による避難所の開設だったため、急な対応となったが避難所での混雑などは生じず。

・長崎県長崎市:
2021年5月に避難訓練で活用。VACANを活用しオンライン上で訓練をおこなうことで、密リスクの回避したコロナ禍でも安全な訓練を実施。

・九州地方など:
2021年8月の九州などを中心に襲った大雨で九州地方、広島県、岡山県などの自治体が活用。100万アクセス/日を記録。

・大分県:
2022年1月に日向灘を震源として起きた地震で、大分市などが活用。

株式会社バカンについて

バカンは経済産業省が選定する官民による支援プログラムJ-Startup 2019選定企業である。 IoT、AIを活用してあらゆる空席情報を収集し提供。 レストラン街やカフェ、トイレ、観光地、投票所、避難所などの空き状況をセンサーやカメラで自動検知し、デジタルサイネージやスマートフォンなどに配信するサービスを提供している。VAKANは、 全国200を超える自治体に導入されている。

社名株式会社バカン
設立2016年6月
所在地東京都千代田区永田町2丁目17−3 住友不動産永田町ビル2階
代表者河野剛進
URLhttps://corp.vacan.com

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント