12.8 C
Japan
木曜日, 6月 30, 2022

【持続可能な食糧システムを実現するアグリ・フードテック分野に投資】「AgFunder SIJ Impact Fund」、明治HDとアサヒグループHDから10億円の出資

SDGインパクトジャパンと、シンガポールのベンチャーキャピタルAgFunder Asia Pte Ltd.はアグリテック及びフードテックに投資するインパクトファンド「AgFunder SIJ Impact Fund」の明治ホールディングスとアサヒグループホールディングスにより総額10億円の出資を受けファーストクローズをしました。本ファンドでは持続可能な食糧システムを実現する可能性を持つ優れたスタートアップをグローバルに発掘し、投資をします。また、日本の農業食品分野のスタートアップ企業と海外の投資家とのマッチアップ、海外スタートアップ企業の日本における事業展開等の支援も行われます。

AgFunder SIJ Impact Fund設立について

株式会社SDGインパクトジャパン(共同代表取締役:小木曽 麻里、Bradley Busetto、以下「SIJ」)[1]と、シンガポールのベンチャーキャピタルAgFunder Asia Pte Ltd.(代表者:John Friedman、読み方:アグファンダー)は共同にてアグリテック及びフードテックに投資するインパクトファンド「AgFunder SIJ Impact Fund」のファーストクローズをした。ファイナルクローズは2022年12月の予定で、最終的なファンド規模は30~50億円を見込んでいる。

今回のファーストクローズでは、明治ホールディングス株式会社とアサヒグループホールディングス株式会社より総額10億円の出資があった。
農業・食品分野の持続可能性はSDGsの実現の中でも特に重要な課題である。本ファンドでは、AgFunderニュースや年次統計、報告書の発行を通じてアグリフード業界においてグローバルのリーダー的地位にあるAgFunderがSIJの協力を受けて、特に日本との関連性が高く、成長性も高い技術を持つスタートアップに優先的に投資する。また、SIJの参画により、日本の農業食品分野のスタートアップ企業と海外の投資家とのマッチアップ、海外スタートアップ企業の日本における事業展開等の支援も行われる。本ファンドは、CO2排出やフードロスの削減、土壌や作物のモニタリングの改善、バイオ、デジタルを通じた効率化など、持続可能な食糧システムを実現する可能性を持つ優れたスタートアップに投資をする。

明治ホールディングス株式会社 代表取締役社長CEO 川村和夫 氏のコメント

明治グループは、食品および医薬品の事業を通して人々の健康に貢献していくことを使命として掲げています。また、お客様に商品をお届けしていくためには生乳やカカオなどの農作物を安定的に調達していくことが不可欠です。農業や食品分野において優れた技術やノウハウを有するスタートアップ企業に投資する本ファンドへの出資により、スタートアップ企業との協業を通じオープンイノベーションを推進していきます。そして、新たな健康価値の創出を目指すとともに、持続可能な食料システムの構築に貢献してまいります。

株式会社SDGインパクトジャパン 共同代表取締役 小木曽麻里 氏からのコメント

アグリ・フードテックへの投資は世界的に伸びており、急速な市場拡大期にあります。その中で、日本やアジアへの市場進出を果たすグローバルなアグリ・フードテック企業も多く出てきています。アグリ・フードテック投資の分野において世界的な第一人者であるAgFunderと連携し、本ファンドを通じて日本企業とグローバルなスタートアップ企業との間で多くの出会いを作っていくとともに、日本のスタートアップ企業の世界進出もサポートしていきたいと考えています。

イベントの開催について

AgFunder SIJ Impact Fundのローンチに合わせ5月11日にSIJ主催のイベントが開催される。イベントではグローバルなアグリ・フードテックの市場環境や、その中におけるAgFunderの位置付けや特徴、日本におけるアグリ・フードテック市場の可能性などについて紹介される。

サステイナブルな食と農の未来を加速する
〜 急成長するグローバルなアグリ・フードテックのスタートアップシーンと日本 〜


主催:株式会社SDGインパクトジャパン
共催:AgFunder Asia Pte Ltd.、株式会社メロス
日時:2022年5月11日 18:00-20:30(セミナー18:00-19:30, 交流会19:30-20:30)
場所:CIC東京(東京都港区虎ノ門 1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階)
定員:(リアル)50名程度、(オンライン)定員なし
費用: 無料
参加登録https://peatix.com/event/3199369/view
※新型コロナウイルスの流行状況に応じて開催方式が変更になる可能性がある。

AgFunderとSDGインパクトジャパンについて

AgFunderは、イノベーションとターゲットを絞った投資こそが、世界の食と農のシステムに迅速かつポジティブな変化をもたらす最も強力なツールであるという信念のもと、2013年に設立された。そのメディアプラットフォームであるAgFunderニュースは、年間200万人以上の訪問者と約10万人の購読者を抱え、業界の記録的なサイトとして、また知識源としての地位を確立しています。現在、AgFunderは、最も活発な農業食品テクノロジーのアーリーステージ投資家の一つであり、4つのファンドで50社以上のポートフォリオを持ち、シリコンバレーとシンガポールにオフィスを構えている。AgFunder AsiaはAgFunderのアジアにおける拠点として、2019年にシンガポールに設立された。

SIJは、金融及びサステナビリティの専門家によって設立された、サステナビリティファイナンスに特化したアドバイザリー企業である。持続可能な開発目標の達成を支援するベンチャー及びESGインパクトファンドの組成、サステナビリティ評価ツールの開発、そしてサステナビリティのコンサルティングの提供を行っている。持続可能性に焦点を当てた国内外の主要なファンドや企業、起業家たちと提携した事業を行い、SIJは当該ファンドにおいてSDGsに関するアドバイザリー業務を担っている。

社名AgFunder Asia Pte Ltd.
設立2019年
所在地シンガポール
代表者John Friedman
事業概要ベンチャーキャピタル事業、メディア&リサーチ事業
URLhttps://agfunder.com/
社名株式会社SDGインパクトジャパン
設立2021年1月
所在地東京都港区 1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
代表者小木曽麻里・Bradley Busetto
事業概要インパクトファンドの設立・運営推進、SDGsアドバイザリー
URL https://sdgimpactjapan.com/jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント