12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

【転んだときだけ柔らかい】高齢者の転倒骨折リスクを低減する床「ころやわ」製造のMagic Shields、マイクロソフト社の「Microsoft for Startup」に採択 !

「可変剛性構造体」を使った「ころやわ」を開発し、床やマットとして病院や高齢者向け施設へ提供しているMagic Shieldsは、マイクロソフトコーポレーション提供のスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。「Microsoft for Startups」に採択されたことにより、マイクロソフト社のAzureをはじめとするテクノロジーのサポートを活用し、今後は、Azure IoT、Azure ML、Azure Data Serviceを活用して堅牢性の高い製品を開発し、より多くの医療機関へ導入を目指します。

大腿骨骨折が原因で『寝たきり』になる人をゼロにする

Magic Shieldsについて

Magic Shieldsは2019年に設立された、自動車工学と医学をベースに新素材と構造「メカニカル・メタマテリアル」の研究開発、および製造・販売を行うスタートアップである。

世界で増加している高齢者の転倒による骨折を減らすため、Magic Shieldsは転んだときだけ柔らかい「可変剛性構造体」を使った「ころやわ」を開発し、床やマットとして病院や高齢者向け施設へ提供している。

高齢者の転倒骨折は、骨折した本人や家族、医療機関・介護施設だけでなく、社会保障費を負担するすべての人にとって、大きな負担となっており、大腿骨骨折だけでも、家族の看護や介護負担と社会保障費を合わせ、その損失は年間約2兆円に上るとされている。日本国内だけでも毎年100万人が転倒骨折し、その数は2000年以降約2倍に急増しており、高齢者の転倒骨折は、「要介護」となる大きな原因のひとつとなっている。

これに対し従来は人手を用いて「転ばせない、一人で歩かせない」対策が行われてきた。しかし見守りや付き添いができる看護師や介護士、同居の家族は不足しており、完全に転倒を防ぐことは難しいのが実情である。また「転ばせない、一人で歩かせない」ことにより、認知症など他の病気の進行や、心身が衰弱していく負の連鎖が発生し、悪循環ともなっていた。

Magic Shieldsは 「すべての人が骨折を気にすることなく、自分の意思で自由に動ける」社会を実現することで悪循環を断ち切り、日本国内をはじめ、世界中で「大腿骨骨折が原因で『寝たきり』になる人をゼロにする」ことを目指している。

転んだときだけ柔らかい「ころやわ」の特⻑


「ころやわ」は、これまで両立が困難とされていた「歩行安定性」と「衝撃吸収性」という2つの性質を、世界で初めて合わせ持つ新素材・構造を採用している。200施設を超える医療機関・介護施設で導入されており、「ころやわ」上での大腿骨骨折は確認されていない(2022年2月22日時点)。

 〈歩行安定性〉
「ころやわ」は、歩行時の踵やつま先、杖・車いす使用時の沈み込みが少なく、凹まない硬さであり、「歩行時/車いす移動時の安定性」を実現している。

〈衝撃吸収性〉
椅子やベッドからの転落、車いすへの移乗や歩行からの転倒時には、大きく沈み込み、大腿骨の骨折リスクを軽減する「衝撃吸収性」を実現している。転倒時にはフローリングに対して約半分に衝撃を抑え、骨粗鬆症の大腿骨骨折の目安荷重(221kgf)を下回る。 
 

「ころやわ」製品情報

(1)「ころやわ」マットタイプ *発売中
ベッドサイドでの転倒事故対策に便利である。3つの部品に分かれており、持ち運びに便利。
・サイズ :長さ165cm×幅120cm×厚さ2.2cm
・スロープ:3辺にスロープあり

(2)「ころやわ」組み立てタイプ(1床用セット) *発売準備中
ベッドサイドでの転倒事故対策に便利である。病院・介護施設の職員が、自身で組み立てと設置が可能である。
・サイズ :長さ180cm×幅120cm×厚さ2.2cm
・スロープ:3辺にスロープ設置可能、取り外し可能

https://www.magicshields.co.jp/coroyawa/

Microsoft for Startupsとは

世界140カ国以上で展開されているマイクロソフト社が提供する新しい顧客やチャネルパートナーとスタートアップを結び付け、グローバルなエコシステムを作り上げることを目的としたスタートアップ支援プログラムである。
当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、Azureをはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のパートナーネットワークを活用した、事業拡大に適した専用のリソースが提供される。

Microsoft for Startups概要
https://www.microsoft.com/ja-jp/biz/startups/default.aspx

株式会社 Magic Shieldsについて

社名株式会社 Magic Shields
設立2019年11月
所在地〒430-0933 静岡県浜松市中区鍛冶町100-1 ザザシティ浜松中央館 B1F FUSE
代表者下村 明司
URLhttps://www.magicshields.co.jp/inquiry.html
製品情報:https://www.magicshields.co.jp/coroyawa/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント