12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

【松竹×VARK】VRライブプラットフォームが創り出すハイブリット型劇場エンターテイメントの実証実験

演劇や映像をはじめ、様々なエンターテイメントを製作・提供してきた松竹。その松竹が2019年に実施したアクセラレータープログラムにおける実証実験の第5弾。VRライブプラットフォーム「VARK」を運営をする株式会社VARKと松竹は、ハイブリット型劇場エンターテイメントの実証実験を実施した。
加藤 卓也氏/株式会社VARK 代表取締役
飛田 紗里氏/松竹株式会社 イノベーション推進部

VRライブプラットフォーム「VARK」とは

https://vark.co.jp/

ActEvolve(現 株式会社VARK)が運営するVRライブプラットフォーム「VARK」は、どこにいてもバーチャルアーティストのパフォーマンスをあたかも自分がライブ会場にいるかのように体感できるサービスである。

バーチャルアーティストのパフォーマンスを最前列で鑑賞したり、観客自身がアクションでライブを盛り上げることができ、現実のライブでは困難な演出も可能にするVR空間での「ライブ体験」を提供している。

VRライブプラットフォーム「VARK」と協業することで、「歌舞伎」「歌舞伎の劇場」の若者へのアプローチ、集客可能数に上限がある映画館・劇場のキャパシティを超えた展開、VRライブユーザーの拡大をすることで、「新しい劇場空間の創出」そして、「新しいコンテンツの創出」を狙う。

「新しい劇場空間の創出」では、リアルの劇場とバーチャルの会場を結ぶことで、双方にコンテンツを配信するハイブリット型劇場を創出していく。「新しいコンテンツの創出」では、リアルの劇場とバーチャル空間の、双方で楽しめるコンテンツを作り出す。

実証実験の結果

今回の実証実験では、「バーチャルとリアル会場の相互盛り上がりは可能なのか」についての検証が行われた。実際には、バーチャルライブをVARKと映画館に同時上映・配信するイベント『Vサマ!リバイバル!!〜応援上映会 in 新宿ピカデリー〜』を開催した。

『Vサマ!』は、無料参加枠含め7万人以上が参加した史上最大のVRライブで、連日Twitter上でのトレンドになるなど、バーチャルアーティストファンの間で話題になったVARKのコンテンツだ。

協業の目的に1つである「若者へのアプローチ」としては、VRという新しい手法により30代以下の年齢層が9割という結果となった。さらに、VARKが側としては、リアルな劇場とのコラボにより、70%以上もの新規顧客の獲得できた。

総評も「同じユーザーと集団で応援ができることへの満足感」「映画館の映写・音響環境への期待感・満足度」などが高く評価され、劇場とのコラボレーションによる一定効果がみられた。

関連記事:https://port.creww.me/innovation/25669

双方の特性を理解するための“共通認識を持つプロセス”

− ActEvolve(現 株式会社VARK)との実証実験において苦労した点などはありましたか?また、どのようにその壁を乗り越えたのか教えてください。

松竹担当者 飛田紗里:VARKさん運営のVRライブプラットフォームと松竹の劇場、その両方で同じイベントを開催し、バーチャルとリアルの劇場を繋ぐエンターテイメントの立ち上げに挑戦しました。VR・映画館それぞれの特性を活かしたサービス内容を検討するにあたり、まず双方の特性を理解するための“共通認識を持つプロセス”に時間がかかりました。

具体的なイメージを固める前から、映画館側・VR開発側双方の現場の方を巻き込んで「チーム」になってもらいました。常に現場の知見や声を入れながらブラッシュアップを進めることで、全員の共通認識の幅が広がり、コミュニケーションが円滑になりました。実行して初めて出てくる新しい課題もチーム全体で共有し、今後に向けて学びの多い実証実験となりました。

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

2020年4月22日

世の中を驚かす新しいコンテンツと体験価値を生み続けるために。松竹の挑戦。

2020年1月6日
 ©2017 ActEvolve Inc. / ©avex / ©2019 Cover corp. / ©Fuji Aoi / ©2017 Ichikara Inc.
 ©︎KAMITSUBAKI RECORD / Art by KEI ©CFM
 ©Mirai Akari Project / ©2006-2019 Nitroplus / ©OMEGA-SISTERS
 ©Pinky Pop Hepburn / ©SUNTORY NOMU / ©Tenjin Kotone / ©2019 YuNi
 ©うたっておんぷっコ♪/© Gugenka®  
社名株式会社ActEvolve(現 株式会社VARK)
設立2017年8月 
所在地東京都 新宿区西新宿4-34-7 住友不動産西新宿ビル5号館1階
代表者加藤卓也
事業概要VR/AR/MRコンテンツ企画開発
URLhttps://creww.me/ja/startup/actevolve
社名松竹株式会社
所在地〒104-8422 東京都中央区築地4丁目1番1号 東劇ビル
創業・設立創業:1895年(明治28年) 設立:1920年(大正9年)
資本金33,018,656,000円(平成31年2月28日現在)
代表者代表取締役社長 迫本 淳一
URLhttps://www.shochiku.co.jp/company/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント