12.8 C
Japan
金曜日, 8月 14, 2020

カズマ アクセラレーター2020 |医療・介護の課題にスタートアップとチャレンジ

北海道の札幌を拠点に約20年に渡りコンタクトレンズの販売事業を手がける「カズマ」は、Crewwが提供するオープンイノベーションプログラムを自社開催できるクラウドサービスを活用し、アクセラレータープログラムを開催。企業ミッションである「生きるをずっと、心地よく」をテーマに、医療・介護領域における課題を規制緩和やテクノロジーによって解決するご提案、予防医療を推進し健康寿命延伸を実現するご提案を全国のスタートアップより募集している。

株式会社カズマ・アクセラレーター2020とは

私たちは、約20年に渡りコンタクトレンズの販売事業に携わってまいりました。 2016年に「日本人に適したコンタクトレンズとは?」「心地よく見える事があたりまえで、しかもリーズナブルなコンタクトレンズとは?」を追求。その答えとして、PB商品クレオワンデーUVの販売を開始いたしました。クレオワンデーUVが市場に受け入れられた事は、私達のミッションである「生きるをずっと、心地よく」を体現できた一つの結果だと捉えております。

これまで培ったノウハウや延べ700万件の受注データをはじめとする経営資産を活用し、新たな分野においてお客様に喜んで頂ける商品やサービスをスタートアップと共創していきたいです。

アクセラレータープログラムで実現したいこと

【医療・介護領域における課題を規制緩和やテクノロジーをてこにした新規事業で解決】

超高齢化社会を迎えた今、医療・介護全体の合理化とコスト効率の改善は大きな社会問題です。私たちはこれまで、眼科領域において問題の緩和となる取り組みを行ってまいりましたが満足はしておりません。当プログラムを活用し、スタートアップと新たな領域でビジネスを立ち上げ社会に貢献したいです。 例 ・オンライン診療を活用したサービス ・電子処方箋を活用したサービス ・AIによる診察

【予防医療を推進し健康寿命延伸を実現】

人生100年時代を生きる為に「ストレスがない」「心地が良い」「気持ちが良い」「おいしい」「楽しい」。お客様が暮らしの中で感じる良質な感覚が守られ続けることを願い、商品やサービスを追及し社会に提供したいです。 例 ・パフォーマンス最大化の為の栄養管理サービス ・自宅で歯科検診を行えるサービス ・認知予防に繋がるサービス

活用できるカズマのリソース

延べ700万件の受注データとの連携
コンタクトレンズEC事業を通じて収集・蓄積した延べ700万件(受注件数)のデータです。※個人情報含む 男女比率は6割が女性、年齢は20歳~50歳が中心です。視力補正用レンズの販売が主な為、近視・遠視・乱視など視力補正を必要するお客様が全体の90%以上を占めます。その他特徴的なデモグラフィックがない為、幅広い層をターゲットした商品やサービスの展開が考えられます。お客さまとの具体的なコミュニケーションはメルマガ、SNS、DM、チラシ同梱などを想定できます。
月間数十万人が訪れるオンライン販売網
コンタクトレンズECサイトを20店舗以上運営しており、月間の来訪数は数十万人となります。来訪人数の内約9割は購入に至らず離脱されてしまうお客様です。これらのお客様に対し有効となるベネフィットを発見すること。また、それらを発見するまでのプロセスは、EC事業のおける様々なカテゴリーに対し有効なナレッジになると考えております。
約15年にわたり培ったEC運営ノウハウ
楽天、ヤフー、アマゾンなど国内主要ECモールへの出店実績と受賞歴がございます。ページ制作から広告運用、受発注、配送まで殆どの職務をインハウスで対応。販売から発送まで一貫した管理体制は、開発からテストをスピーディーに行う事にも機能いたします。
オフライン店舗による、お客様との接点の活用
コンタクトレンズの販売店を2店舗札幌に構えており、お客様とオフラインでのコミュニケーションも可能です。店頭でのご案内の他にLINEでのアプローチも可能です。

プログラムへの意気込み

私たち株式会社カズマは、北海道札幌の地からスタートアップ企業の皆様と、医療や介護領域において新たな分野で社会に貢献したいと考えております。皆さまからの熱い想いが込もったご提案お待ちしております。(株式会社カズマ・アクセラレーター2020チーム一同)

執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
オープンイノベーションプログラム
アクセラレーターについての詳細はこちら
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。