12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【インタビュー】学生時代から今に至るまで「事業を作る」をテーマにキャリアを歩み、Crewwで執行役員へ

Creww採用担当者による、同社のメンバーと会社の雰囲気を伝えるためのインタビューが、ビジネスSNS「Wantedly」に公開されました。
今回のインタビュイー は、学生時代の起業からスタートして、事業や組織の課題に向き合いながらCrewwにて今期から執行役員に就任した、中島克也(ナカジマ カツヤ)さんです。
この5年半Crewwはどう変化し、中島氏自身はどう変わったのか。そしてCrewwのビジネスのこと、仲間のことについて聞きました。

Crewwとの出会いと5年半

―Crewwに出会うまでのキャリアについて少し遡りたいのですが・・・学生時代はまず起業からスタートしていますよね。新卒の就職活動は行わなかったのですか?

中島:はい、自分は志があったというよりは「お金を稼ぐ」ということに主眼を置いたときに、自分で会社を作ることが一番早いと思い、就職はせずに自分でやるということを決めました。当時は、通信系サービスのストックビジネスが流行っていて、自分もそれに漏れず代理店をやりました。自分でプロダクトやサービスを0から作るというものではなかったのですが、会社や事業を興す、形のないものをあるものにしていくという、試行錯誤が目に見えて結果になる経験が、今の自分に繋がっていると改めて思います。

3年半くらいやってましたが、まだ若かったのでその当時は解散という選択をしました。その後は、ベンチャーキャピタル(以下VC)に転職しています。これは自分がやはりベンチャー企業を経験して、それに近い領域で仕事をしてみたいと思ったからです。VCでは主に「お金」の領域でベンチャー企業の成長支援に携わってきましたが、ちょうど時としてはリーマンショックで金融業界が悲鳴を挙げていた時期。自分の会社も苦しい状況だった時に、先のキャリアをちょうど考えたタイミングで、自分がVCで採用支援のために使っていたHR系の上場企業で新規事業立ち上げの募集をしているという話をもらい、話を聞いてみることにしました。

人材領域には全く興味なかったのですが、ゼロイチに関わることや、起業という形ではなくて、経営基盤がある程度ある組織の中で、事業を立ち上げることにチャレンジをしてみたいと思いチャレンジすることにしました。

エンでは、5年半教育系新規サービスの立ち上げに携わっていました。中小ベンチャー向けの月額定額制の研修サービスで、やらないといけないのは分かっているけれども、今やらなければいけない必然性がないサービス。何かが起きる前に何かを考えていきましょうというビジネスモデルです。先を見据えて、人や組織に関して今やるべきことを考えていくという仕事でした。実はこの仕事が、今のCrewwに非常に通じていると感じています。

―「起業」からスタートして、「お金」「人」と来て、なぜCrewwだったのでしょうか?

中島:その当時、特に転職を意識していたわけではないのですが、スカウトが届いて何気なく話を聞きにいきました。心が動いたのは「挑戦者がもっと挑戦しやすくなる社会」というキーワードでした。自分が今までの経験を通じて引っかかってきたことが、非常にクリアになったんです。

金融業界はお金で支援、人材業界は人で支援。だけど、お金と人と情報全部を包括的に支援できる状況があって初めて事業成長に本当の意味で寄与できると思っていました。

例えば、人材業界で営業をしていた時に様々な経営課題を聞く中で、本質的な改善をするならば、その事業にもっとお金を注ぎ込んで方向転換や路線変更などをした方がいいと思っていました。でも自社のサービスに当てはめると人軸の提案しかできない。確かにどれか一つの領域を突き詰めるのも素晴らしいことだが、挑戦者が求めているテーマを包括的に提供できれば一気通貫で、その企業の事業成長に寄与できると思ったんです。

Crewwで話を聞いて、今できているかどうかは別としても、将来作っていきたい世界観であり、これからの世の中で絶対必要になるサービスを作れるチャンスだと思い、Crewwに飛び込みました。

―そしてCrewwで早5年半。組織の変化やご自身の変化はありましたか?

中島:プロダクトはプログラム開催形式型からサブスク形式へ、組織は仲間も増えて大きくなってきました。私個人はそう大きな変化があったわけではもなくて(笑)どちらかというと会社の成長フェーズに合わせて、自分がバリューを発揮できそうなことに対して最大限の価値発揮をできるかどうか、知見が多少なくても強みが生きて改善余地がある環境を立て直せるというチャレンジをし続けてきたという感じです。

営業、人事など、自分がやれることをやってきたという感じです。今期はCrewwの中心事業となるオープンイノベーション事業の執行役員となりましたが、執行役員になったからといい意味で何も変わっていなくて。社外的にはともかくとして、社内的にはニックネーム程度の肩書き。行動と結果を見て、周囲が判断すればいいと思っていて、変わらず自分の介在価値がどこまで発揮できるか、これからもチャレンジし続けるだけだと思っています。

Crewwの主力事業への想い

―Crewwの主力事業となるオープンイノベーション事業。改めてCrewwのビジネスの面白さ、大変さとは。

中島:オープンイノベーション事業は、大手の企業様を中心に事業会社が、現在の時代の流れからDXを推進しなければならない、テクノロジーを活用した新規事業開発をしたいなどの「事業創出」に関する課題を抱えています。しかし自社内だけではなかなかその開発が進まないという際に、新しい目線でスピード感を持って進化し続けるスタートアップと共創をすることで、“事業会社もスタートアップも両方が満足できる成果を生み出す。”というビジネスです。Crewwは、ただ事業会社とスタートアップを引き合わせるだけでなく、コンサルティング会社のように事業会社の経営企画室のミッションをアウトソースで代行するという位置付けではなく、あくまでもCrewwのサービスを使って、2年3年かけてでも自社で「共創して事業創出をできる」状態を作ることに焦点を当てています。

※参考資料:https://port.creww.me/innovation/61993

「事業創出」は、両社が出会うだけでは生まれない、出会った後をより具体的にしていくか、アイディアの種をいかに具体化させ実現化させていくか。それをプロダクト(機能)とカスタマーサクセス(人)で実現させるべくサービスをアップデートしています。

弊社のサービスを使った事業会社が、事業課題が解決するだけではなく、スタートアップのスピード感や姿勢を間近で見て、社内の若手人材が刺激を受けて組織の活性化にも繋がったという副次的な効果が出ていることを見ると、私が考えていた一気通貫で企業の成長に寄与できているという実感を得ることができます。

一方で、事業会社にしてみれば入り口の営業では口を揃えて面白い!とおっしゃっていただける一方で、過去やったことがない、成果物もどういうものが出てくるかわからない、やらなかったら、他何で解決できるのか?などを一緒に紐解いていく必要性がありますので、そういう意味では、事業会社の解決したい本質的な課題は何かを聞いて、やった時の可能性を見せられるかどうかという点も面白くもあり、大変なところだと思っています。

―「事業会社」も「スタートアップ」もどちらもお客様だと思うのですが、どんなスタンスで日々お客様と向き合っているのでしょうか。

中島:私たちは、あくまでも「スタートアップ(挑戦者)」を応援したいという思いがあります。とは言え、「事業会社」も事業課題を解決したくて弊社のサービスを使ってくださるわけで。両方お客様なんだけど、「スタートアップ(挑戦者)」にとってマイナスにならないかということは常に考えています。

事業会社側においては、この世の中の変化や業界トレンドなど踏まえて今のままで良いと思っているところは少なく、このままではマズイと思っています。とはいえ、どうしていいのかわからない。一方で事業会社側の課題だけに100%向き合いすぎてしまうと、スタートアップとの協業が、下請けプログラムのようなものになってしまう。あくまでも双方にとってメリットになる状態をいかにセッティングできるか。という点も役割として重要なポイントになります。

ですので、我々は誰の何のためにサービスを展開しているのかという観点も大事ですし、我々はあくまでもプラットフォームであるということを忘れてはいけないと思っています。

―今後の営業戦略はどういうものを思い描いていらっしゃいますか?

中島:そうですね。もちろん直販もそうですが、パートナー企業様との協業戦略を中長期的に考えています。何よりも先述した通り「プラットフォーム思考」で考えているので、一社に深く入り込むというよりは、多くの成功体験を生み出したいと思っています。それを踏まえると直販で自社にて人員を抱えてやるというよりは、やはり多様なパートナー企業の皆様と協業しながらユーザーを増やしていく事が、Crewwの世界観を1日も早く叶えられると考えています。

一方で、我々の仕組みの活用法といったHowの部分だけでなく、Crewwが支持されている要因にもなっているマインドやスタンスを軸としたサービス運営について、いかにパートナー企業様に実践頂ける状態を一緒に作れるかが今後の肝になってくると思います。

あくまでも事業会社とスタートアップ双方にとってWinWinの形を作る事に重きを置く事が結果的に良い結果に繋がる、という点はCrewwの世界観を理解していないと分かりにくい所でもあるので、今後のパートナー企業様との連携においてもこの点の啓蒙には注力していきたいと考えております。

共に働く仲間

―今期も組織の拡大を考えていらっしゃると伺いました。どんなメンバーと働きたいですか。

中島:実際に、今Crewwにいるメンバーはオープンイノベーションやスタートアップ支援に関わっていました。という人はほとんどいません(笑)。皆、業界はバラバラ。ですので、過去の経験があるかどうかというよりは、先ほどのマインドやスタンスの部分を含め、Crewwが掲げている世界観への共感度合いの方が重要です。

そもそも、事業会社は漠然と課題を持っているケースがほとんど。何をしていいのかがわからない。それを顕在化させる仕事であり、スタートアップ(挑戦者)を支援する仕事です。両方の立場も考えながら、素直に人を巻き込むことができるかどうかも重要な要素です。また、スタートアップやオープンイノベーションといった分野に興味があるかどうかも大きいです。挑戦者を支援したいという想いや情熱を持てるかどうか。ここは非常に重要なポイントになると思います。

我々がきっかけとなってどんな協業が世に生まれてくるのか良い意味で予測がつかない。そんなサービスでもあります。だからこそ社内外においてもいくらでも、自分が実現したい環境を作っていけますし、挑戦者を応援すると言っているのですから、社員の挑戦も応援しています。やった方がいいと思うこと、チャレンジしてみたいと思うことをどんどんアウトプットして実現してほしいと思っています。

Creww株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceCreww

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント