12.8 C
Japan
金曜日, 5月 27, 2022

企業におけるオープンイノベーションの段階を7つのステージで考える

なぜ大手企業の新規事業開発やオープンイノベーションは上手く進まないのか。理由はいくつか考えられるが、その理由の大きな要素がゴール設定だ。正しいゴール設定のためには自社の状況を見える化し把握することが重要になってくる。Creww代表の伊地知天は、国内におけるオープンイノベーションエコシステムを加速させるため、各企業が自社の状況を捉えられるよう、オープンイノベーションの段階を7つのステージに分類した。

オープンイノベーションの段階をステージに分解した理由

企業としてオープンイノベーションを始める際、「総論OK」「各論NG」となるケースが多く見られるのですが、この事実に非常に課題を感じています。企業として新規事業に取り組むことは必須になってきているので、オープンイノベーションという手法の導入については総論として大抵どこの企業の経営陣も合意を出すんです。ですが、実際にスタートアップとの協業案を提案すると、様々な社内事情を理由に「それはちょっと、、、」と進まなくなってしまう。現実的になったことで、不確実性に対するリスクヘッジに走ってしまうことが、大企業では見受けられます。そうなってしまうと、オープンイノベーションの担当者やスタートアップはハシゴを外されてしまい、みんなが損するモデルになってしまう。

Creww株式会社代表 伊地知 天(いじち そらと)

そもそも新規事業は「不確実性の中から新しいタネを探し当て育てていくもの」です。新規事業における不確実性は前提として捉えておくものであり、不確実性を検証するためにPOCがある。
問題はそこで新規プロジェクトが頓挫してしまったり、プロジェクトチームの熱量が下がってしまうことで、担当者の評価が下がってしまうことなんです。

新規事業の創出とは1勝9敗の世界だ。

前提として理解しておいて欲しい点は、「新規事業の創出とは1勝9敗の世界だ。」ということです。むしろ「9敗から学びを得る」ことが重要であるにも関わらず、すぐに答えを求め、期待をしてしまうと、結果9敗の現実に「オープンイノベーションの足を止めてしまう」という落とし穴にはまってしまいます。問題は「ゴール設定ができていない」と点にあります。

例えば、アクセラレータープログラムを通じて自社がどうなっていれば正解なのか、という話は単発で語れるものではありません。「3ヶ年で会社としてどういう状況を目指すべきか」といったように、本来は中長期で考えていくべきものなのです。生み出される新規事業やアウトプットはその間の副産物。アクセラレータープログラム自体は「新しいことが創出される続ける組織に変革していくためのプロセス」における一手法という位置付けなんです。
この「新しいことが創出される続ける組織に変革していくためのプロセス」をどう見える化させるか、という点で「オープンイノベーションの7つのステージ」という考え方を提唱します。

オープンイノベーションの7つのステージとは

「スタートアップ共創による新規事業の創出」における成功には、自社のステージの理解と、オープンイノベーションの継続性により、ステージを上げていくことが重要です。可視化できるゴールを新規事業創出に関わる会社、社員、スタートアップの皆が捉えられる様に、7つのステージを定義しました。

Stage.0 「現状に危機感はあるが、まだ何もしていない状態」

Stage.1 「情報収集等、共創の検討はしているが実施はしていない状態」 

各種メディアやイベントへの参加を通じた情報収集、社内アイディアソン等の実施、VCへのLP出資等をしている。

Stage.2 「外部の力を借りるなどして、共創を実施し始めた状態」

新規事業創出の経験を得て、社内の風土が変化し始めた。但し、新規事業の評価軸や判断軸はまだ曖昧。実証実験で終わってしまう事が多い。
例:Crewwなどのオープンイノベーション支援業者を活用し、アクセラレータープログラムの実施をしている。

Stage.3 「経験やノウハウを元に、継続的に共創を実施している状態」

規模は小さくてもSTとのビジネスが生まれている。スタートアップへの直接出資も実施。但し、実証実験以降の推進体制がまだ整備されていない。
例:アクセラレータープログラムを一通り実施し、ノウハウがたまったような企業。ピンポイントのニーズベースでパートナーを探し、共創を進めていく。

Stage.4 「自社独自で、戦略的に共創ができる状態」

専任部署ができる。共創のコツがわかり内製化が始まり、組織や体制にまだ課題を持ちながらも試行錯誤して進めている。
例:オープンイノベーション事業部や新規事業関連部署が新設され、自社でアクセラレータープログラムを開催している企業。

Stage.5 「共創や出資まで自社独自で行える状態」

協業を事業化させた経験を持つ、投資の目利きが出来始める。挑戦のための人事評価が作れる。

Stage.6 「新しいイノベーションが次々に生まれる仕組みが文化として根付いてる状態」

国内外のスタートアップと連携し、風土が根付く、スピンアウトも多く生まれだす。
例:新規事業を担う人たち専用の評価制度ができている状態

Stage.7 「企業の枠を超えた社会的資源を生かした挑戦の主体となる状態」

社会課題に対して大学や海外の技術を活用し、コンソーシアムの様な大きな座組みを主導する。   例:自社でスコープ設定して世界中のスタートアップから自社のミッシングピースを埋められる事業者を探索し始めており、投資をして育成までしている企業

新規事業の目標設定は、ステージの成長を。

新規事業がいくつ生まれたかをKPIにおくのではなく、自社のオープンイノベーションにおけるステージの成長をKPIにおくことが、イノベーションを継続して創出する企業環境をつくるためには必要です。
アクセラレータープログラムを「新規事業創出プログラム」と言ってしまうと、どれくらい大きな新規事業が生まれたかが評価軸になってしまいます。単発で新規事業を創りたいのではなく、継続して新規事業が創出される企業環境づくりが本来のゴールなので、アクセラレータープログラムにせよCVCの設立やVCへのLP出資にせよ、これらはあくまでオープンイノベーションステージを上げるための手段の一つという理解をしておく必要があります。

なので、初めてオープンイノベーションによる新規事業の創出に取り掛かる際は、大きな新規事業が生まれることはあまり期待できません。小さな実証実験を繰り返し、知見をため、社内の人材を成長させていく過程が「新規事業創出の継続可」につながっていくのです。

プロフィール
 伊地知 天(いじち そらと) 氏 Creww株式会社 代表取締役

高校、大学を米国で過ごす。カリフォルニア州立大学在学中に起業したことをきっかけに、これまで国内外で合計4社の企業を設立した実績を有す。現在は連続起業家として4社目となるCreww(クルー)に目下専念中!

【加盟組織・プロジェクト】
・ (社)新経済連盟 幹事
・ (社)情報社会デザイン協会 理事
・ J-Startup 推薦委員(経産省 x JETRO x NEDO)

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント