12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

成長企業向けNo.1法人カード「UPSIDER」が、海外投資家等から約38億円資金調達!

成長企業向けNo.1法人カードを提供する株式会社UPSIDERは、今年3月のシリーズBのエクステンションラウンドを実施し、シリーズB合計で約38億円を調達しました。新たにWiLをリード投資家に迎え、海外投資家のGreenoaks Capitalおよび既存投資家であるGlobal Brainを第三者割当増資の引受先としています。併せて、三菱UFJ銀行等からの追加融資枠も確保しました。

UPSIDERとは

UPSIDERは、成長著しい企業の課題を解決するための法人カードサービスです。

これまで成長投資に見合う利用限度額を得られなかった企業に対して、後払い・前払いで柔軟な限度額を提供しています。さらに、一定以上の規模の企業にとって、支出管理の厳格化、タイムリーな月次決算などのガバナンス強化は重要な課題です。

UPSIDERの法人カードを利用すると、効率的な支出管理やガバナンスに欠かせない機能提供と、会計SaaSなどの周辺サービスとの連携により、会計処理や支払い管理などの財務や業務の課題を包括的に解決できるようになります。

こうした機能が好評を博し、シードから上場企業まで多数の企業が利用しています。

事業成長

2020年9月から1年間で決済規模は15倍強に成長し、2021年3月の資金調達以降も月次30%以上の高い成長率と、解約率0.5%以下の高い利用率を維持しています。

この水準は世界的に見ても高く、海外投資家であるGreenoaksが参画する大きな理由となりました。

UPSIDERの提供サービスとニーズ

UPSIDERは企業の法人カードの悩みに対して真っ向から取り組むことを目指し、下記機能を提供しています。

  1. 前払いも後払いも可能:UPSIDERは、前払いはもちろんのこと、従来とは異なるアプローチで後払いの限度額の設定を行うこともできるため、利用可能枠が出ないため前払いのカードを利用している有望なスタートアップに対して柔軟かつ高い限度額の設定が可能です。
  2. 利用明細の即日確認:UPSIDERでは、カード決済後すぐに利用明細に反映される仕組みを提供しています。これにより、月次決算をタイムリーに締め、かつ仕訳業務の月内分散が可能になるなど、洗練された経理プラクティスを実現したい、上場企業を含む一定規模以上の企業にとっても使用しやすいカードとなっています。
  3. 部門・使用別の発行・明細管理:UPSIDERのカードは、部門別、用途、利用者別など、モニタリングしたい「単位」に合わせて複数枚のカード(バーチャルカード含む)を即座に発行することができます。これにより、「単位」毎の使用状況を瞬時に把握し、明細内容の事業部別振り分けが自動化されるため、会計作業が容易になります。
  4. 不正利用の防止機能・補償付き:事業用の法人カードは限度額が大きいため、担当者が大規模な規模な不正利用を行えるリスクを孕んでいます。UPSIDERでは対策として部門別・使用者別のカード毎に予算管理を行う機能を提供しており、ガバナンスやアカウンタビリティー強化を図ることができます。また、万が一不正利用があった場合の保険も最大2,000万円まで提供しています。

※詳細についてはサービスページへ▶︎https://up-sider.com/lp/

資金調達の目的

調達した資金は、利用企業へのポイント還元を含むマーケティング費用及びグローバル展開も含めた人材採用や、カード機能のさらなる開発に投資する予定です。

これにより法人カードのニュー・スタンダードとなることで、2023年までに月間数百億円規模の決済額になることを目指します。

既存ユーザーの満足度の向上、新規ユーザーの獲得の具体的な施策

  • 月額基本料、無料(一定の条件あり)
  • 決済額あたり1.5%の還元(一部加盟店除く)
  • 初回登録キャンペーンとして、2021年12月31日までに新規で登録した場合、5,000ポイントプレゼント

※詳細についてはサービスページへ▶︎https://up-sider.com/lp/

 本第三者割当増資における引受先一覧

国内外でFintech、BtoB SaaSはもちろん、成功するスタートアップ企業を数多く支援してきた実績をもつベンチャーキャピタルが参画しました。UPSIDERは、事業運営、サービスの進化などあらゆる点で強力な支援を受けながら、成長加速を目指します。
・WiL
・Greenoaks
・Global Brain

投資家からのコメント

WiL Partner 久保田 雅也
グローバルのフィンテックを見渡す中で、BrexやPipeの快進撃にみられるBtoB領域は日本でも大きな成長余地があると確信していました。UPSIDERのエレガントなプロダクト体験、目を疑うほどの成長トラクション、そして野心的でビジョナリーな経営陣は、UPSIDERがオープンで滑らかな企業間取引の未来を切り開く先駆者であると信じるに十分でした。

UPSIDERの本質は単なる法人カードによる決済サービスではなく、顧客の財務・業務課題をテクノロジーを用いて解決する「金融SaaS」にあります。WiLの大企業ネットワークとグローバル知見を惜しみなく投入し、UPSIDERの挑戦を全力で支援して参ります。

Patrick Backhouse, Partner at Greenoaks Capital
 “SMEs are the backbone of Japan’s economy, and UPSIDER is building a new technology-enabled platform that will serve them better at considerably lower costs than incumbents. UPSIDER’s product is designed to power today’s Japanese businesses, starting with a next-gen corporate card that will let them grow faster, automate accounting, and simplify repetitive workflows.

That’s a powerful experience for business owners, who have signed up rapidly and spend more on the platform each month. We believe Toru and his team are in the early innings of a new era for Japanese fintech, and we are thrilled to partner with them as they transform the way that SMEs bank.”

Global Brain株式会社 General Partner  立岡 恵介
UPSIDERは「上場のための法人カード」であるため、VCである弊社の数多くの投資先でも利用されており、その満足度の高さを肌で感じております。柔軟な資金提供(攻め)と効率的/安全な資金管理(守り)の両面で、成長企業の事業加速を支えることができます。

プロダクトの完成度、その満足度の高さを背景に、目覚ましいスピードでこれまで成長を続けており、GBからは2020年6月のシリーズA、2021年3月のシリーズBに続いて、僅か1年3ヵ月の間で3回目の投資を実行させていただくこととなりました。GBは引き続き資金だけにとどまらない多面的な支援を提供し、UPSIDERの更なる成長を応援して参ります。

■ 会社概要

社名:株式会社 UPSIDER
WEB:https://up-sider.com/lp/
設立:2018年5月
代表者:宮城 徹
資本金:3,504百万円(資本準備金含む)
本社所在地:東京都港区六本木 7-15-7
加入協会・認定: 一般社団法人日本資金決済業協会、セキュリティ認定 PCI DSS v3.2.1

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント