12.8 C
Japan
日曜日, 12月 4, 2022

浮世絵レンタルのサブスクサービス「ukio(ウキオ)」で伝統技術を100年先へと引き継ぐスタートアップ|カサネの挑戦

「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCreww(クルー)では、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。カスタマーサクセスチームとして、Creww会員スタートアップのサポートをメインに担当する内海 敦子が今回ご紹介するスタートアップは株式会社カサネです。
ゲスト
中山 卓亮氏 株式会社カサネ 代表取締役

Crewwおすすめスタートアップ「株式会社カサネ」の推しポイント

内海:今日は浮世絵レンタルのサブスクサービスをご紹介します。最初は、「浮世絵の需要って世の中にそんなにあるのかな」と思ったのですが、「株式会社カサネ」の中山さんから直接お話を伺ったら、その奥深さと熱い想いに感動したので、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思いお呼びしました!

木版画技術を駆使してつくられる浮世絵

中山:ukio(ウキオ)」という、浮世絵レンタルのサブスクサービスをやっています。皆さん一度は浮世絵を見たことがあると思うのですが、それがどうやって作られているのかは、意外とご存じないのではないでしょうか。

大まかに言うとこれらの浮世絵は木版画で作られています。皆さん小学校の頃に図工の授業で体験された方もいると思うのですが、あれと同じ技法で作られています。その時に作った木版画は白黒だったと思いますが、北斎などの浮世絵には鮮やかな色が付いています。

これはどうやって作っているのかと言いますと、イメージとしては青の版、赤の版、黄色の版というように色別に彫られた木の板(版木:はんぎ)があり、そこに和紙を重ね、摺ることによって作品が作られます。

まず、最初に摺った和紙に表現される輪郭線は白と黒だけです。これに舟の色を付ける版木に乗せて摺ると少し色がつきます。次に空の色を摺り、波のしぶきに色を摺り、最後に深い青を摺ることによって、作品が完成するというイメージです。

今ご説明したように、浮世絵は「木版画技術」によってつくられるため、アーティスト(絵師)と職人(彫師・摺師)の合わせ技で完成します。「絵師」と呼ばれるのが、皆さんご存じの、葛飾北斎や東洲斎写楽、歌川広重など、つまりアーティストですね。そのアーティストが描いた絵を、彫師という職人が版木に彫ります。そして、最後に摺師が紙に摺ります。摺師は色の調合なども手がけたりするので、非常に専門性の高い技術を持った職人です。

約100年前に、「アダチ版画研究所」設立

中山:これは200~300年前の技術なので、当たり前ですが、職人のなり手は当時と比べ減少しています。彫師と摺師は100年前の時点でもだいぶ少なくなっていたようです。1回技術が途切れてしまうと、復活するのはなかなか難しいと思うんです。例えば、「ピラミッドを見ながら、もう一度作ってみて」と言われても、同じものを再現するのは困難ですよね。

昭和の初め「安達 豊久」という人物がこの問題に対して危機感を感じていました。江戸時代から続く日本独自の伝統木版画技術が途切れてしまうことへの危機感です。そこで豊久は、各地に点在していた職人たちを自分の元に集め(木版画技術を集結させる)、新たに浮世絵の仕事を創り出すことに尽力しました(復刻版浮世絵)。これが「アダチ版画研究所」の始まりです。昭和3年のことですので、現在設立から94年前になります。

私、苗字は「中山」ですけれど、先ほどの豊久は大伯父にあたります。私自身はもともとテック系ベンチャーでプロデューサとして働いていたのですが、ある時の親族会で「アダチのECサイト含めたWebまわりを手伝ってよ」と声を掛けていただきました。そこから15年位、今でもアダチさんとお付き合いしつつ、公益財団(公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団)にも携わらせてもらっているような状態です。

軽やかな活動をするために「カサネ」を設立

中山:アダチさんがやらないようなもうちょっとライトな活動をフットワーク軽く行うために、私の方で「カサネ」という会社を別に立ち上げました。木版画という日本独自の伝統技術を今後100年先、次世代にもちゃんと引き継げるようなことをやっていきたいなと思っています。

浮世絵って、美術館や博物館などに行かないと、なかなか近くで見られないと思うのですが、もっとライトなユーザーの手の触れられる距離に、こちらから持っていくことができれば、浮世絵を見るという体験・接点が生まれると思うんです。それでちょっとでも浮世絵に興味を持つ人が増えたり、ファンになる1つのきっかけになったらいいなと思って、いくつかのブランドを立ち上げて展開しようと思っています。

法人向けのサブスクリプションの浮世絵レンタルサービス「ukio」

中山:「株式会社カサネ」としてやらせていただいているうちのひとつが、「ukio(ウキオ)」という法人向けのサブスクリプション型の浮世絵レンタルサービスです。

オンラインのサービスなので、オンライン上ですべて手続きが完了します。お客様は、好きな浮世絵を選ぶだけ。あとは待っているだけで浮世絵が届いて、交換もできます。もちろん保証もついているので、まちがって壊しちゃったり、カビをはやしちゃったということがあっても、特に責任を負うようなことはありません。

プランは3種類あって、月額のお払い額が9,800円~19,800円となっています。プランの違いは、借りられる枚数の違いですね(年間でのレンタル枚数上限)。ライトプランだけ、特に高価な浮世絵を一部省かせていただいていますが、ほとんどの浮世絵がすべてのプランにおいて借りられます。年間一括払いをしてもらえれば、さらに2ヶ月分ほどお安くなります。

現在いろいろと営業中なのですが、ターゲットイメージとしては、「オフィス・コワーキング」「病院・クリニック」「料亭・レストラン」「ホテル・旅館」「デイサービス・デイケア」「マンション」「学校」などを考えていますが、「どこに売るか」「誰に営業を頼むか」など、試行錯誤しています。

例えば、地銀さんや信金さん、保険会社さん、商社さんなど、すでに企業さんとの口座をもっているところとパートナーを組むなどしてお手伝いいただくことができれば、加速して行くのではないか、と感じています。何か売り込みの方法やネタ、ターゲットのアイディアがあれば、ぜひぜひアドバイスお待ちしています。

社名株式会社カサネ
設立2020年1月
住所東京都中央区日本橋兜町17-2 兜町第6葉山ビル4F
代表者中山 卓亮
事業概要1)サブスク(レンタル)事業
・オフィスや病院、店舗などへ浮世絵をレンタル
2)D to C 事業
・浮世絵をReデザインしたオリジナルアイテムの展開
・観光客へのお土産として空港や主要駅、デパートなどにも展開
3)Webメディア 事業
・Webメディアの企画・制作・開発・運営
・Webプランニング・コンサルティング
URL【ukio】https://ukio.jp/
Facebook コメント
石神 美実子
広告代理店、広告制作事務所を経て、現在フリーランスのコピーライター・ライターとして活動中。キャッチフレーズやネーミング、プレスリリース等の制作から、WEBメディアの執筆まで幅広く従事。とりわけ、円滑なコミュニケーションを必要とする人物インタビューが得意。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント