12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

【⽇本発の代替タンパク質】“蚕”専⾨の昆⾍⾷を提供するエリー、「SILKFOODチップス」の販売を開始

エリーは、サステナブルな⾷の未来の実現を⽬指し、昆⾍の「蚕」の養蚕から、原料の開発販売、商品開発までを⼿掛けるスタートアップである。当社は、原料に「蚕」を使⽤したサステナブルな⾷品『SILKFOOD』を開発している。この度、⾃社ECショップ「シルクフード オンラインショップ」を開設し、第⼀弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始する。また実店舗では、7⽉中旬から、URBAN RESEARCH 堀江店にあるTHE GOODLAND MARKETにて販売されている。は、サステナブルな⾷の未来の実現を⽬指し、昆⾍の「蚕」の養蚕から、原料の開発販売、商品開発までを⼿掛けるスタートアップである。当社は、原料に「蚕」を使⽤した⾷品『SILKFOOD』を開発している。この度、⾃社ECショップ「シルクフード オンラインショップ」を開設し、第⼀弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始する。また実店舗では、7⽉中旬から、URBAN RESEARCH 堀江店にあるTHE GOODLAND MARKETにて販売されている。

なぜ昆⾍⾷なのか

世界的な⼈⼝増加や乱獲を背景に、⽜や豚といった従来のタンパク質に代わる環境への負担が少ない代替タンパク質が注⽬を浴びている。昆⾍は、タンパク質が豊富で栄養価が⾼く、⽣産に必要なエサや⽔、⼟地が少量で済むことから、2013年の国連⾷糧農業機関(FAO)による推奨レポートの発表以降、世界中で導⼊が開始されている。
EUでは、2018年に⾷⽤の昆⾍の取引が⾃由化さ れ、普及に向けて制度が整備された。カナダやヨーロッパでは、既に⼤⼿⾷品メーカーや⼩売店が新⾷材として採⽤を始めており、⽇本でも⼤⼿⼩売店などで取り扱いが開始されている。

なぜ蚕なのか

蚕は約5000年にも及ぶ絹産業の歴史を⼈類と共に歩んできた動物である。それに伴って多くの国で⾷歴があり、⽇本でも古くから佃煮などとして親しまれてきた。当社の最新の研究では、栄養やおいしさに関する成分が豊富なことも判明し、「栄養」「おいしさ」「環境」といったこれからの「⾷」に必要な要素を満たすサステナブルフードであることが分かっている。
加えて、エリーは「蚕」のエサに未利⽤の農作物を⽤いることで無駄のない⾷料⽣産を⽬指している。

詳細: https://silkfood.shop /pages/about

「SILKFOOD チップス」について

商品紹介:「SILKFOOD チップス」単品550円(税込)、1袋30g⼊り。※ECでの販売は2袋単位。

「蚕」を原材料として使用した無添加・ノンフライの「パリっと」した食感が特徴のチップスである。
原材料はわずか4種類。「からだにやさしく、地球にやさしく、それにちゃんと味がいい」というSILKFOODのコンセプトを表現した商品となっている。蚕の持つ「旨味」や「⾹ばしさ」と国産⽶のおいしさを楽しむことができる。

共同開発企業
本商品は「オランダせんべい」で有名な酒⽥⽶菓株式会社(⼭形県酒⽥市)との共同開発商品である。

酒⽥⽶菓コメント
弊社が70年間培った薄焼き技術を使用して「パリっ」とした食感が美味しいチップスが出来上がりました。蚕の風味を香ばしく焼き上げており、お米との掛け算でお互いの良さが出たと感じております。米菓を「蚕」という次世代食品でアップデートした今回のコラボをぜひお楽しみください。

シルクフード×酒田米菓

『SILKFOOD』商品の購入について

ECショップ「シルクフードオンラインショップ」
シルクフードオンラインショップでは、この「SILKFOOD チップス」をスタートに、商品を拡充させていく。既に今夏には、もう1品の販売が決定している。
また商品販売だけでなく、エリー株式会社の取り組みや開発ストーリーなど、オウンドメディアとしても情報を発信していく予定である。

URL:https://silkfood.shop/
 

シルクフードオンライン ショップ
シルクフードオンライン ショップ

ECショップ以外
7⽉中旬(予定)から、URBAN RESEARCH 堀江店にあるTHE GOODLAND MARKET内での販売が予定されている。

<店舗概要>
〒550-0015 ⼤阪府⼤阪市⻄区南堀江1丁⽬20­9アーバンリサーチ堀江店

アーバンリサーチ堀江店

エリー株式会社 概要

サステナブルな⾷の未来の実現を⽬指し、昆⾍の「蚕」の養蚕から、原料の開発販売、商品開発までを⼿掛けるスタートアップである。⽇本が世界をリードする「蚕」と「⾷品」に関する研究知⾒を掛け合わせ「蚕」を新たな⾷品原料にリノベートすることで、⽇本発の代替タンパク質として世界中へ普及させることを⽬指す。創業時よりオープンイノベーションにて多くの⼤企業や⼤学と連携しながら研究や商品開発を進めている。
今夏から原料(蚕のパウダー、ペースト)の販売も開始される。

エリー株式会社実績 ※五⼗⾳順

協業
味の素株式会社(アクセラレータプログラム)、伊藤忠商事株式会社(アクセラレータプログラム)、稲畑産業株式会社 (同上)、キリン株式会社(同上)、⼤正製薬株式会社(同上)、東⼤IPC(起業⽀援プログラム)

研究
京都⼤学(共同研究)、京都⼤学GAPファンドプログラム(研究費授受)、貞明皇后蚕⽷記念科学技術研究助成

その他
EY Innovative Startup 2021、Marui Co-Creation Pitch 2021優秀賞、Morning Pitch Special Edition 2020、The JSSA Tokyo Award 最優秀賞、⼤学ビジコン@AG/SUM優秀賞

社名エリー株式会社
設立2017年06月
所在地〒164-0002 東京都中野区上高田1-3-9
代表者梶栗 隆弘
事業概要原料に「蚕」を使⽤したサステナブルな⾷品『SILKFOOD(シルクフード)』の提供・開発
URLhttps://www.ellieinc.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント