12.8 C
Japan
日曜日, 10月 2, 2022

【⽇本発の代替タンパク質】“蚕”専⾨の昆⾍⾷を提供するエリー、「SILKFOODチップス」の販売を開始

エリーは、サステナブルな⾷の未来の実現を⽬指し、昆⾍の「蚕」の養蚕から、原料の開発販売、商品開発までを⼿掛けるスタートアップである。当社は、原料に「蚕」を使⽤したサステナブルな⾷品『SILKFOOD』を開発している。この度、⾃社ECショップ「シルクフード オンラインショップ」を開設し、第⼀弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始する。また実店舗では、7⽉中旬から、URBAN RESEARCH 堀江店にあるTHE GOODLAND MARKETにて販売されている。は、サステナブルな⾷の未来の実現を⽬指し、昆⾍の「蚕」の養蚕から、原料の開発販売、商品開発までを⼿掛けるスタートアップである。当社は、原料に「蚕」を使⽤した⾷品『SILKFOOD』を開発している。この度、⾃社ECショップ「シルクフード オンラインショップ」を開設し、第⼀弾商品「SILKFOOD チップス」を販売開始する。また実店舗では、7⽉中旬から、URBAN RESEARCH 堀江店にあるTHE GOODLAND MARKETにて販売されている。

なぜ昆⾍⾷なのか

世界的な⼈⼝増加や乱獲を背景に、⽜や豚といった従来のタンパク質に代わる環境への負担が少ない代替タンパク質が注⽬を浴びている。昆⾍は、タンパク質が豊富で栄養価が⾼く、⽣産に必要なエサや⽔、⼟地が少量で済むことから、2013年の国連⾷糧農業機関(FAO)による推奨レポートの発表以降、世界中で導⼊が開始されている。
EUでは、2018年に⾷⽤の昆⾍の取引が⾃由化さ れ、普及に向けて制度が整備された。カナダやヨーロッパでは、既に⼤⼿⾷品メーカーや⼩売店が新⾷材として採⽤を始めており、⽇本でも⼤⼿⼩売店などで取り扱いが開始されている。

なぜ蚕なのか

蚕は約5000年にも及ぶ絹産業の歴史を⼈類と共に歩んできた動物である。それに伴って多くの国で⾷歴があり、⽇本でも古くから佃煮などとして親しまれてきた。当社の最新の研究では、栄養やおいしさに関する成分が豊富なことも判明し、「栄養」「おいしさ」「環境」といったこれからの「⾷」に必要な要素を満たすサステナブルフードであることが分かっている。
加えて、エリーは「蚕」のエサに未利⽤の農作物を⽤いることで無駄のない⾷料⽣産を⽬指している。

詳細: https://silkfood.shop /pages/about

「SILKFOOD チップス」について

商品紹介:「SILKFOOD チップス」単品550円(税込)、1袋30g⼊り。※ECでの販売は2袋単位。

「蚕」を原材料として使用した無添加・ノンフライの「パリっと」した食感が特徴のチップスである。
原材料はわずか4種類。「からだにやさしく、地球にやさしく、それにちゃんと味がいい」というSILKFOODのコンセプトを表現した商品となっている。蚕の持つ「旨味」や「⾹ばしさ」と国産⽶のおいしさを楽しむことができる。

共同開発企業
本商品は「オランダせんべい」で有名な酒⽥⽶菓株式会社(⼭形県酒⽥市)との共同開発商品である。

酒⽥⽶菓コメント
弊社が70年間培った薄焼き技術を使用して「パリっ」とした食感が美味しいチップスが出来上がりました。蚕の風味を香ばしく焼き上げており、お米との掛け算でお互いの良さが出たと感じております。米菓を「蚕」という次世代食品でアップデートした今回のコラボをぜひお楽しみください。

シルクフード×酒田米菓

『SILKFOOD』商品の購入について

ECショップ「シルクフードオンラインショップ」
シルクフードオンラインショップでは、この「SILKFOOD チップス」をスタートに、商品を拡充させていく。既に今夏には、もう1品の販売が決定している。
また商品販売だけでなく、エリー株式会社の取り組みや開発ストーリーなど、オウンドメディアとしても情報を発信していく予定である。

URL:https://silkfood.shop/
 

シルクフードオンライン ショップ
シルクフードオンライン ショップ

ECショップ以外
7⽉中旬(予定)から、URBAN RESEARCH 堀江店にあるTHE GOODLAND MARKET内での販売が予定されている。

<店舗概要>
〒550-0015 ⼤阪府⼤阪市⻄区南堀江1丁⽬20­9アーバンリサーチ堀江店

アーバンリサーチ堀江店

エリー株式会社 概要

サステナブルな⾷の未来の実現を⽬指し、昆⾍の「蚕」の養蚕から、原料の開発販売、商品開発までを⼿掛けるスタートアップである。⽇本が世界をリードする「蚕」と「⾷品」に関する研究知⾒を掛け合わせ「蚕」を新たな⾷品原料にリノベートすることで、⽇本発の代替タンパク質として世界中へ普及させることを⽬指す。創業時よりオープンイノベーションにて多くの⼤企業や⼤学と連携しながら研究や商品開発を進めている。
今夏から原料(蚕のパウダー、ペースト)の販売も開始される。

エリー株式会社実績 ※五⼗⾳順

協業
味の素株式会社(アクセラレータプログラム)、伊藤忠商事株式会社(アクセラレータプログラム)、稲畑産業株式会社 (同上)、キリン株式会社(同上)、⼤正製薬株式会社(同上)、東⼤IPC(起業⽀援プログラム)

研究
京都⼤学(共同研究)、京都⼤学GAPファンドプログラム(研究費授受)、貞明皇后蚕⽷記念科学技術研究助成

その他
EY Innovative Startup 2021、Marui Co-Creation Pitch 2021優秀賞、Morning Pitch Special Edition 2020、The JSSA Tokyo Award 最優秀賞、⼤学ビジコン@AG/SUM優秀賞

社名エリー株式会社
設立2017年06月
所在地〒164-0002 東京都中野区上高田1-3-9
代表者梶栗 隆弘
事業概要原料に「蚕」を使⽤したサステナブルな⾷品『SILKFOOD(シルクフード)』の提供・開発
URLhttps://www.ellieinc.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント