12.8 C
Japan
土曜日, 6月 25, 2022

スポーツ庁×eiicon company、令和3年度「スポーツオープンイノベーション推進事業」運営協力事業者を採択

日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームAUBAを運営するeiicon companyは、スポーツ庁より受託運営している令和3年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツオープンイノベーション推進事業」において、全国4つの地域で開催するアクセラレーションプログラムの運営協力事業者を、公募により5事業者採択した。

アクセラレーションプログラムの運営協力事業者(以下、地域版SOIP)採択結果

◇北海道・東北エリア

株式会社北海道二十一世紀総合研究所
https://htri.co.jp/

代表者:代表取締役社長 藤池 英樹
事業内容
様々なニーズに応えるシンクタンクとして、政策研究に携わる多彩なスペシャリスト集団を擁している。行政や民間企業が抱える課題の本質を数値的に把握し、解決策や対策を研究して提言し、その推進にも関わっている。
主な運営実績:「SPOPLA北海道」運営 http://spoplahokkaido.jp/

◇関西エリア

大阪商工会議所
https://www.osaka.cci.or.jp/

代表者:会頭 尾崎 裕
事業内容
約3万社の会員企業を有する最大規模の地域総合経済団体として、中堅・中小企業のビジネス環境の整備支援や地域活性化事業だけでなく、企業の国際進出や成長分野への参入支援など、産業振興にかかわる様々な取り組みを推進している。
主な運営実績:「スポーツハブKANSAI」運営 https://www.osaka.cci.or.jp/sports/

◇中国・四国エリア

伊藤忠ファッションシステム株式会社
https://www.ifs.co.jp/

代表者:代表取締役社長 駒谷 隆明
事業内容:
ファッションマーケティング インテリジェンス、リサーチ&戦略設計、コンタクトポイント開発 店舗開発支援、事業アライアンス構築、ブランド開発支援、商品開発支援、グローバルネットワーク
主な運営実績:「ちゅうごく5県プロスポーツネットワーク(スポコラファイブ)」運営 https://www.chugoku.meti.go.jp/policy/seisaku/p3.html#sports

九州・沖縄エリア ※2社共同運営

株式会社レジスタ
https://regista-okinawa.com/

代表者:代表取締役 中村 裕二
事業内容:
スポーツ、ヘルスケアに関する コンサルティング、ソリューション提供/各種プロジェクトメイキング/プロモーション企画、PR活動/商品企画、販売/イベント企画、運営/講演、セミナーの実施、講師派遣

スポーツデータバンク沖縄株式会社
https://www.s-databank.com/business/group.html

代表者:代表取締役 石塚 大輔
事業内容:
スポーツ、ヘルスケア事業に関する総合プロデュース、コーディネート業務 /スポーツ指導者の要請及びマッチング(部活動支援事業他)/各種スポーツ、ヘルスケアに関するセミナー、クリニックの開催/海外スポーツイベント情報の紹介/各種スポーツ情報誌の発行及び販売
2社による主な運営実績
「沖縄スポーツ・ヘルスケア産業クラスター推進協議会」運営 http://www.ogb.go.jp/keisan/healthcare

地域版SOIP 今後のスケジュール(予定)

地域ごとに、アクセラレーションプログラムの運営・推進を事務局とともに行い、スポーツチームとスタートアップ・事業会社による共創(オープンイノベーション)や、地場企業・自治体によるサポートを通じた「スポーツ×●●」の新しいビジネスの創出と社会実装を目指す。

スポーツチーム、メンター、協力企業との調整:2021年7月~9月

アクセラレーションプログラムの準備:2021年7月~9月

スタートアップ等の公募、広報の準備:2021年7月~9月

スタートアップ等の公募、広報、説明会の実施:2021年9月中旬~10月中旬

アクセラレーションプログラム書類選考:2021年9月下旬~10月中旬

アクセラレーションプログラム開催(各地域2日間ずつ)
2021年11月5日・6日 / 12日・13日 / 19日・20日 / 26日・27日

採択事業の実証又は実装に向けた伴走支援:2021年11月~2022年2月

成果報告会:2022年2月末

地域版SOIP構築手引き(仮称)の展開:2022年3月

上記に関する情報交換会の開催(毎月1回):2021年7月~2022年2月

令和3年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIP(※)の先進事例形成)」について

「地域のプロスポーツチーム等と企業、大学等が連携してまちづくりや高付加価値サービスの創出を促す地域版SOIPの構築を促進する」ことは、「成長戦略フォローアップ ※」において「スポーツを核とした地域活性化」施策のひとつとされている。

※成長戦略フォローアップ:令和3年6月:日本経済再生本部
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/seicho/pdf/fu2021.pdf

スポーツ庁ではこれまで、SOIPの構築促進に向け、以下の通り実施している。

①先進的事例に関する情報の共有や企業・大学・スポーツ団体等の間で人的交流を促進するためのカンファレンスの開催
②スポーツ団体とスタートアップ等が連携して新事業の創出・社会実装を目的とするアクセラレーションプログラム実施
③国内発の先進的な事業を検証し市場開拓面や資金調達の面等における事業化加速を目的としたコンテストを開催

本事業は、上記3事業のうちの②について、プロスポーツチーム等をイノベーションプラットフォームとするアクセラレーションプログラムを通じて、地域版SOIP構築の先進事例形成を支援するとともに、事業の水平展開を目的としてポイントを整理した手引きを策定、国内各地域における地域版SOIPの構築に向けた基盤整備を目的に実施するものである。

地域版SOIP 公募について

本事業は、プロスポーツチーム等をイノベーションプラットフォームとするアクセラレーションプログラムを通じて、地域版SOIP構築の先進事例形成を支援するとともに、事業の水平展開を目的としてポイントを整理した手引きを策定。国内各地域における地域版SOIPの構築に向けた基盤整備を目的に実施される。

具体的には、スポーツチームと全国のスタートアップ・事業会社による共創(オープンイノベーション)、各地の地場企業・自治体によるサポートを通じて、「スポーツ×●●」の新しいビジネスの創出と社会実装を目指すプログラムを開催する。

このアクセラレーションプログラムの運営・推進、地域版SOIP構築の先進事例形成を事務局とともに支援し、各地域における基盤整備の中心を担っていく地域版SOIPを募集した。

□地域版SOIP 運営内容
(1) 地域におけるアクセラレーションプログラム実施のための事務局業務
(2) 対象地域の選出及びプロジェクトマネージャーの設置
(3) 情報交換会の開催
(4) 事業の周知・認知度の向上
(5)成果報告会の運営支援
(6) 地域版SOIP構築手引き(仮称)の展開

□その他・補足事項
※本事業の事務局・・・スポーツ庁、運営受託者eiicon company
※本公募における契約形態・・・eiicon companyと採択事業者間での再委託契約

eiicon company について

eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施している。

1)「AUBA」
https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数19,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現。

2)「TOMORUBA」
https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信。

3)「SHABERUBA」
「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現。

4)「event」:
ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出。

5)「Sourcing Support」:
専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援。

以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供している。

社名eiicon company
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者中村 亜由子
事業概要オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
URLhttps://eiicon.net/about/corporate/

運営会社

社名パーソルイノベーション株式会社
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者代表取締役社長 長井 利仁
事業概要新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務
URLパーソルイノベーション – PERSOL INNOVATION (persol-innovation.co.jp)

※オープンイノベーション:
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。 
※SOIP:スポーツの価値が社会に貢献する新たな財・サービスの創出を促進する場や仕組み。スポーツ庁は、SOIPを推進することで、スポーツ界と他産業界が連携することで新たなサービスが創出される社会の実現を目指す。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント