12.8 C
Japan
月曜日, 9月 27, 2021

デジタルガレージ、「Open Network Lab・ESG1号 “Earthshotファンド”」を設立|ESG分野のスタートアップ支援に特化

デジタルガレージは、投資ファンド「Open Network Lab・ESG1号投資事業有限責任組合」を設立する。本ファンドは、2010年に設立した日本初のシードアクセラレーター「Open Network Lab」と連携し、Onlabの参加企業ならびにESG分野に関連する企業を中心に、今後将来性が見込まれる日本国内外のスタートアップへの投資と、投資実行後の成長性の高い投資先へのフォロー投資を行う。また、投資実行後はOnlabが有する多様な投資先支援のリソースおよびネットワークの活用により、投資先事業等の企業価値向上を全面的に支援する。「Earthshotファンド」の運営は、DGの子会社で投資事業を展開する、DGインキュベーションが行う。

ESG分野のイノベーションエコシステムを構築

Onlabは、2010年に日本初のシードアクセラレータープログラムとして設立以降、地域や領域に特化したオープンイノベーション型のプログラムを拡大してきており、のべ30回以上のプログラムを開催した。これまで、IPOスタートアップやユニコーンを含む150社以上のスタートアップを輩出している。2021年には「Onlab ESG」をローンチし、北米や欧州と連携したグローバル視点でESG分野のスタートアップに投資・育成する体制を整え、ESG分野への取り組みを強化している。DGは今後、「Earthshotファンド」を通じ、世界的な投資活動の潮流がESGへと転換する中、大企業が行う取り組みに並行して世界的な変節点を作るソーシャル・アントレプレナーを支援する。本ファンドは、Onlabが有するシード・アーリーステージのスタートアップの投資・支援リソース及びノウハウとESG分野のスタートアップ・ネットワークを活用した投資活動を行う。

「Earthshotファンド」は、Onlabの運営方針に賛同の上参画する、ESG分野への投資に関心が高い不動産、金融、ITセクターなどの企業を中心に募集活動を継続していく。
DGグループは、企業パーパス「持続可能な社会に向けた『新しいコンテクスト』をデザインし、テクノロジーで社会実装する」のもと、本ファンドを通じて次世代を担うシード・アーリーステージのスタートアップと、ESG分野のイノベーションのエコシステムを構築し、持続可能な社会にむけた「新しいコンテクスト」の社会実装を推進する。

DG代表取締役 兼 社長執行役員グループCEOの林 郁氏コメント

「Open Network Labの立ち上げから10年が経過し、設立当時に比べ日本のスタートアップエコシステムは大きく進化しました。『Earthshotファンド』は、地球規模で起きている大きな社会・技術・環境変化を視野に入れた投資活動を行う、グローバル規模でのESGへの取り組みの流れに沿うものです。DGは、当ファンドを新時代のスタートアップエコシステムとして位置づけ、引き続き社会に貢献していきます。」

Earthshotファンドの概要

・ファンド名
   Earthshotファンド
   (名称:「Open Network Lab・ESG1号投資事業有限責任組合」)
・運営者
   株式会社DGインキュベーション(https://dgincubation.com/
・運用期間
   10年間
・投資対象
   Onlabの参加(応募・採択)企業ならびにESG分野に関連する企業を中心に、
   今後将来性が見込まれる日本国内外のスタートアップへの投資と、
   投資実行後の成長性の高い投資先へのフォロー投資

社名株式会社デジタルガレージ
設立1995年8月17日
所在地本社 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7デジタルゲートビル
代表者林 郁
URLhttps://www.garage.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント