12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

【保育業界初】現場管理者のマネジメントを支えるICT「カタグルマ」がリリース

“「保育で働く」を子どもの憧れから社会の憧れにする”をビジョンに掲げるスタートアップ「カタグルマ」は、保育施設向けチームマネジメントクラウド「カタグルマ」を6月25日より正式リリースした。

保育業界の社会問題を解決するために

保育業界は近年、小規模保育、企業主導型保育、放課後等デイサービスや児童発達支援事業に代表されるように、急速に施設が増加し、それに伴い保育士不足や園内事故、保育士による不適切保育(虐待等)の増加が社会問題になるほど深刻化している。

また、親の子育て環境の変化に伴う保育園に求められる役割の増加や保育制度の変更、流動化する保育人財の増加、コロナによる新たなオペレーションの導入など、園マネジメントは年々高度化している。

しかし、一方では、施設が増加するに伴って、現場経験の浅い人材のやむを得ない園長・施設長への抜擢が増え、さらには属人的な管理の常態化、マネジメント経験や学習環境不足などにより、現場マネジメント業務が滞り、組織文化が崩れ、離職が増加、現場が疲弊するという悪循環を招くケースも少なくない。

そこで、カタグルマは、これらの問題を背景に、園長の現場マネジメントや本部の現場管理を支え、マネジメントの質を飛躍的に高めることを目的としたチームマネジメントクラウド「カタグルマ」を開発するに至った。

チームマネジメントクラウド「カタグルマ」の特徴

従来の保育日誌や計画、児童票作成などの保育士向けの業務支援ICTや本部事務向けの労務管理、給与計算、勤怠管理などの人事労務ICTとは異なり、業界初となる現場の園長・管理者と経営者、本部マネージャーのマネジメントを支援するICTである。

経営者や本部の現場マネジメント状況の把握、管理が円滑になり、さらに園運営に必要なマネジメント業務を一元管理・見える化することにより、園長・管理者の運営管理能力を高めることができる。さらに、本部管理コストの軽減、新園長の早期育成、タレントマネジメント管理にも貢献する。
さらに、園長業務、マネジメント業務を一元管理・見える化することで、これまでのように、A業務はGoogleスプレッドシート、B業務はBOX、C業務は紙、D業務はエクセル・・・といった状況で管理する負担やミスが軽減されるため、業務効率化される。

カタグルマ3つの特徴

1.経営者・本部・園長が把握すべき園マネジメント業務を一元管理、見える化
事業計画、自己評価、研修計画、個人面談、職員データベース、職員会議、タスク進捗管理など、園マネジメント業務の機能を一元管理、見える化し、経験の浅い園長・管理者や新任園長でもマネジメントレベルを引き上げることができて、本部の管理もしやすくなる。また、各機能が連携するため、業務の効率化にもつながる。

2.各テーマの専門家に直接相談しながらマネジメント業務を進める
アシスト機能に、当社の厳格な審査基準により選出された業界に精通した各テーマのエキスパートによるチャット・オンライン相談機能、研修やサービスマッチング機能がある。園長だけの価値観や発想に捉われず、ケースに応じて様々な助言を受けることで、視点や視野を広げ、マネジメント向上に繋げる。

3.あらゆる機能がついて価格は月1.3万円から
園マネジメント業務の一元管理や効率化による業務コスト、エキスパート相談による研修・コンサルティングコスト、さらには、職員意識調査、保護者調査などのリサーチサービスコストなど、様々なコスト削減が可能になる。
その上で料金は月々1.3万円から。園の負担に配慮した料金プランに設定される。

システムにおけるUI・UX例

カタグルマは、保育施設の園長でも使いやすいUIにこだわり、多くの園長先生の意見やフィードバックを受けて開発し続けられている。

カタグルマのトップ画面
職員データベース画面
施設自己評価画面
個人面談画面
事業計画画面

β版トライアル終了ユーザーの9割が正式導入へ

5月からスタートしたβ版トライアルは40園からの申込みを受けた時点でストップした。
現在もトライアル中だが、現在約8割の園で完了し、当初の予想を超え、そのうち約9割に当たる園から正式な導入の意思表示があるという。

正式導入に至ったユーザー声

・これまで感覚で管理していたマネジメント業務が一元管理された
・マネジメント業務が効率化されて、負担が軽減された
・職員一人一人の把握がしやすくなり、コミュニケーション管理に貢献した

◆サービスサイトURL

https://katagrma.co.jp/ ←無料トライアルのお申込みはこちらから

株式会社カタグルマ(KatagrMa)について

社名株式会社カタグルマ(KatagrMa)
設立2021年01月
所在地東京都千代田区神田須田町2-23-1 天翔秋葉原万世橋ビル 3階 307号室
代表者大嶽 広展
事業概要保育・子育て及び教育業界に関するSaasの企画、開発、研究および販売

サービスサイトURL
https://katagrma.co.jp/ 

ミッション 
保育に新たな景色を。
ビジョン  
“保育で働く”を子どもの憧れから社会の憧れにする
URLhttps://katagrma.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント