12.8 C
Japan
土曜日, 10月 23, 2021

完全リモートプロジェクトから、2つ星ミシュランシェフ渾身のプレミアムキャンプめしが登場!

Wano株式会社は、世界で活躍するミシュラン2つ星シェフで、⾃⾝もキャンプ好きである「京料理 たか木」の⾼⽊⽒と共同で、2021年7月7日(水)より、プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』を発売します。こちらは、ほぼ初対面のメンバーが全員複業、完全リモートで作ったプロジェクトにより誕生したBBQグルメセットとなります。

「そらをあおぐ」について

ミシュランシェフ⾼⽊⼀雄、⾷の⽣産からコンサルティングを⾏う株式会社然の天野⼤輔、クリエイターの夢の実現を⽀える独創的なプロダクトを創るWano株式会社の⽥村鷹正という3⼈が出会い、コロナ禍での飲⾷店や⽣産者の問題に「⾃分たちは今何ができるのか?」を考え続けた結果、生まれたブランドです。

独⾃の商品開発を⾏うとともに、地産地消をテーマとした、その⼟地で採れた⾷材をその⼟地のキャンプ場で⾷べるという取り組みなどを進めていきます。

▼公式サイト
https://sorawoaogu.com/

​【第一弾】ミシュランシェフのプレミアムキャンプめし先行発売開始

「もし⼀流のシェフがキャンプをしたら、どんな料理を振る舞うのだろう」。プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』は、そんなグルメな妄想をかたちにした、思わず空を仰いでしまうような味わいのBBQグルメセットです。⾃⾝もキャンプ好きである『ミシュランシェフ ⾼⽊⼀雄⽒』が、キャンプのための特別なメニューを⼿がけました。

「せっかく来たのなら、家では作れないような特別な料理を作って⾷べたい」と思いつつも、テントなどの設営に時間を取られて、料理がおろそかになってしまうことも多いキャンプシーンにて、下ごしらえされた⼀流の⾷材を焼くだけで楽しむことができます。

▼Makuake 先行予約販売ページ
https://www.makuake.com/project/sorawoaogu/
期間:2021 7月7日 – 2021 8月8日 18時

絶品キャンプめし『そらをあおぐ』お品書き

⾼⽊シェフの⽬利きによる、すくすくと育った豚や⽜をはじめ、鮮度抜群の⿂介や農薬・化学肥料を極⼒使⽤しない野菜などを厳選し、麹や出汁によって⾷材の旨味を引き出した、プレミアムなキャンプめしセットです。

・国産豚の麹漬けスペアリブ 
・鳥取和牛のトマト麹マリネ
・さざえのクリームリゾット
・出汁の旨味焼き野菜
・出汁香るほうれん草のスープ

<商品詳細>
二人前:10,000円 (税・送料込)
四人前:18,000円(税・送料込)
2021年8月8日までの期間限定で、Makuakeの早割価格にてお求めいただけます。
8月中旬以降は公式サイトでの販売となる予定です。

高木シェフが語る『そらをあおぐ』開発背景

コロナ禍によって飲⾷店や⾷品⽣産者、⽣産⼯場など⾷に関わる環境が⼤きく変化し、⼀⽣懸命に育てられた産地の⾷材や⾷のこだわりが⼈々に届けづらい状況です。料理⼈として「何かできないか?」という思いが頭の⽚隅に常にありました。

それと同時に、プライベートでは友人家族やその子供たちとBBQやキャンプに出かける機会が増えていました。ある⽇のBBQで、麹を使って仕込んだスペアリブと炊きたてのごはんをバクバク⾷べる⼦供たちの姿をみて、ハッとしたんです。

⾃分にとっては当たり前の炭⽕を使った料理が、普段の⽣活では特別なものなんだと。コロナ禍でもできるキャンプと炭⽕を使った料理は今の時代に合っていて、これは料理⼈が腕を振るえる新たなステージなのかもしれない。そう思った瞬間から、炭⽕・麹・出汁をテーマにしたキャンプめしが具体化していきました。

美味しさの秘訣は、炭⽕・麹・出汁

炭火:
⾁は炭⽕で焼くと全く味が変わります。網から無駄な脂が落ち、落ちた脂が炭で焼けて燻されることで、さらに美味しくなるからです。

麹:
⾷材を柔らかくするために、⼀般的にハチミツや⽟ねぎなども使われますが、いま世界中の料理⼈が⽇本の麹に注⽬しています。麹には⾁の繊維を切断し柔らかくする酵素が含まれており、麹を使って熟成させた⾁は、本当に柔らかくジューシーになります。

お出汁:
『京料理たか⽊』で使っている出汁は、かつお節で有名な⿅児島県枕崎の『⾦七商店』さんが、お店のためだけに作ってくれた“まぐろ節”によるもの。もちろん、プレミアムキャンプめし『そらをあおぐ』にも同じ出汁を使い、⾷材に出汁の旨味を込めました

高木一雄シェフ プロフィール

2005年:「京料理 たか木」をオープン。
2010年:ミシュランガイド 2つ星獲得。
2012年:弁当専門店「日日」、鍋専門店「好日」をオープン。
2013年:鍋専門店「好日」 ミシュランガイド 1つ星獲得。
2015年:インターコンチネンタルホテルグループ(IHG)アジア、中東、アフリカ(AMEA)の和食アンバサダーシェフ就任。
2015年:フランス「La Liste」世界のベスト1000レストランで118位ランクイン。
2016年:国際連合食糧農業機関(FAO)が開催するシンポジウムに日本政府の指名により参加。
2016年:フランス「La Liste」世界のベスト1000レストランで62位ランクイン。
2019年:フォーミュラ1(F1)シンガポールにゲストシェフとして参加。
2019年:マンダリンオリエンタルホテルバンコクにおいて日本料理店Kinu by Takagiを監修。

https://studio.creww.me/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント