12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

コーヒーのサブスク「PostCoffee」にヨーロッパのコーヒー業界を牽引する有名店5社がラインナップ!

コーヒーのサブスク「PostCoffee(ポストコーヒー)」を運営するPOST COFFEE株式会社が、6月8日より、海外コーヒーショップ5社のコーヒーの取扱いを開始しました。
今回加わった5社には、ヨーロッパでのスペシャルティコーヒー界のパイオニアや、オランダ国内バリスタチャンピオンやエアロプレス世界チャンピオンが在籍する、世界的にも有力なコーヒーショップが含まれます。また、焙煎の技術やコーヒーの味はもちろんのこと、それぞれの個性が光るパッケージデザインも魅力です。 

企画背景

PostCoffeeでは、これまでに自社焙煎のコーヒーと国内の有力コーヒーショップ11社によるコーヒー100種類以上の販売をしてきました。コーヒーの美味しさを決めるのは、素材はもちろん、焙煎も大きな鍵を握っています。今回、同社のより豊かな焙煎に触れていただきたいとの思いのもと、海外の有名コーヒーショップ5社がロースターパートナーとしてPostCoffeeのラインナップに加わります。

これにより、PostCoffeeは日本にいながら海外のコーヒーショップのコーヒーも味わうことのできるサービスへとパワーアップしました。

おしゃれなパッケージと、本格的な味でコーヒー初心者から上級者まで楽しむことのできるラインナップです。まだ日本ではあまり知られていない、ヨーロッパの最先端を走るコーヒーショップのコーヒーをお届けします。

海外5社のパートナーロースターについて

今回加わるロースターは、ドイツ、オランダの5社。各社ともに、コーヒーの味はもちろん、商品のパッケージや販売スタイルにもこだわった独自のカルチャーを持ったコーヒーショップです。なかでも、BONANZA、 LOT61、Single Estateのコーヒーが日本で購入できるのはPostCoffeeのみとなります。

Bonanza Coffee Roasters(ボナンザ / ドイツ)
2006年設立のドイツの焙煎所。店を訪れる人々がコーヒーだけに集中できるようにするために、フードの提供などを行わないミニマルなスタイルを貫いています。ベルリンにおけるスペシャルティコーヒー業界のパイオニアであり、近年はコーヒービジネスのコンサルティングも行っています。

FRIEDHATS COFFEE ROASTERS(フライドハッツ / オランダ)
2016年、アムステルダムで創業の焙煎所。「Less marketing, more coffee」をテーマに掲げたホームページからは、コーヒーへの情熱がひしひしと伝わってきます。共同創業者の一人、レックスはバリスタの技術を競う大会にて2年連続でオランダ国内チャンピオンに輝く実力派でもあります。

LOT61 Coffee Roasters(ロットシックスティワン / オランダ)
2013年にシドニー生まれの幼馴染2人で創業して以来、オランダのスペシャルティコーヒー業界を牽引するコーヒーショップです。「あらゆる面で循環型のコーヒーブランドになる」ことを目標として掲げています。国際的なブランドを目指して、様々な国籍のスタッフが在籍することはもちろん、Bコープ認証の取得など企業としての努力を重ねる行列のできるコーヒーショップです。

Single Estate Coffee Roasters(シングルエステート / オランダ)
2007年創業の、オランダを拠点とするコーヒーショップです。100以上の飲食店に自家焙煎のコーヒー豆を卸売する側、コーヒーバーの運営も行っています。2019年には、社内のバリスタからエアロプレスの世界チャンピオンを輩出しています。創業以来、毎年コーヒーの生産地を訪れ、使用する豆の85%をダイレクトトレードで直接農園から取り寄せています。

19grams Coffee Roasters(ナインティーングラムス / ドイツ)
2002年にベルリンにTresCabezasと呼ばれる焙煎所をオープンしたのち、19GRAMSへと改名。2002年当時、既にアメリカやオーストラリアで話題になっていた「スペシャルティコーヒー」の可能性に気づき、ドイツでもスペシャルティコーヒーの認知を広げるべく活動しています。19GRAMSの店名は、オーストラリアでダブルエスプレッソを作るのに推奨されるコーヒーの量に由来。

■パートナーロースターコメント(一部)

Single Estate Coffee Roasters
日本のコーヒー消費者は品質に非常に関心が高く、他の国に比べてもよくご自身で研究されるスペシャルティコーヒー好きが多いように感じています。そのため、今回私たちは日本へとコーヒーをお届けできることを非常に光栄に思っています。より多くの消費者の方とつながり、PostCoffeeとの協業から学びを得たいと思っています。
 
FRIEDHATS COFFEE ROASTERS
コーヒーを日本のマーケットで販売できることをとても楽しみにしています! 私たちはいつも日本の仕事への向き合い方に触発されたり、大都市の中でも美しく静かな空間を作り出すクラフトマンシップに着目しています。 私たちのコーヒーと日本のコーヒー消費者の考えを共有できるのは素晴らしい機会です。

■購入方法

1)定期購入
PostCoffee会員は、通常配送のボックスのコーヒーの1つとして、上記5社のコーヒーがお届けされます。※仕入れのタイミングによってはお届けできない場合があります。

2)単品購入
PostCoffee会員専用ストア(https://postcoffee.co)にて、単品購入することも可能です。単品購入の方限定で、各ロースターのパッケージにて手元に届きます。

日本のコーヒーショップではあまり見かけないボトル入りのコーヒー豆や、シンプルでスタイリッシュなパッケージは、見ているだけでも気分を上げてくれます。コーヒーを飲み終わった後も、インテリアやちょっとした小物入れとしても活用したくなるパッケージをぜひ手に取ってみてください。
※お届けするパッケージデザインは、時期によって変わる可能性があります。

■PostCoffeeとは

「PostCoffee」は、毎月自宅のポストにコーヒーが届くサブスクリプションサービスです。オンラインで無料でできる「コーヒー診断」によって、15万通りの組み合わせの中からあなた専用にパーソナライズされた3種類のコーヒーが届けられます。

届けられるコーヒーは、日本・世界各地の高品質なコーヒーのみを厳選し、常時30種類以上のラインナップを取り揃えています。ポストインサイズのボックスには、コーヒーだけではなくフィルターやドリッパーなど誰でも今すぐにコーヒーライフを始められるグッズも詰まっています。

■POST COFFEE株式会社について

会社名 : POST COFFEE 株式会社 (PostCoffee Co.)
代表 : 代表取締役下村領
所在地 : 東京都目黒区目黒4-11-7 須田ビル1F
設立 : 2018年9月
Webサイト : ​https://postcoffee.co/
Twitter : ​https://twitter.com/postcoffee_co
Instagram : ​https://www.instagram.com/postcoffee.co/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント