12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

コーヒーのサブスク「PostCoffee」にヨーロッパのコーヒー業界を牽引する有名店5社がラインナップ!

コーヒーのサブスク「PostCoffee(ポストコーヒー)」を運営するPOST COFFEE株式会社が、6月8日より、海外コーヒーショップ5社のコーヒーの取扱いを開始しました。
今回加わった5社には、ヨーロッパでのスペシャルティコーヒー界のパイオニアや、オランダ国内バリスタチャンピオンやエアロプレス世界チャンピオンが在籍する、世界的にも有力なコーヒーショップが含まれます。また、焙煎の技術やコーヒーの味はもちろんのこと、それぞれの個性が光るパッケージデザインも魅力です。 

企画背景

PostCoffeeでは、これまでに自社焙煎のコーヒーと国内の有力コーヒーショップ11社によるコーヒー100種類以上の販売をしてきました。コーヒーの美味しさを決めるのは、素材はもちろん、焙煎も大きな鍵を握っています。今回、同社のより豊かな焙煎に触れていただきたいとの思いのもと、海外の有名コーヒーショップ5社がロースターパートナーとしてPostCoffeeのラインナップに加わります。

これにより、PostCoffeeは日本にいながら海外のコーヒーショップのコーヒーも味わうことのできるサービスへとパワーアップしました。

おしゃれなパッケージと、本格的な味でコーヒー初心者から上級者まで楽しむことのできるラインナップです。まだ日本ではあまり知られていない、ヨーロッパの最先端を走るコーヒーショップのコーヒーをお届けします。

海外5社のパートナーロースターについて

今回加わるロースターは、ドイツ、オランダの5社。各社ともに、コーヒーの味はもちろん、商品のパッケージや販売スタイルにもこだわった独自のカルチャーを持ったコーヒーショップです。なかでも、BONANZA、 LOT61、Single Estateのコーヒーが日本で購入できるのはPostCoffeeのみとなります。

Bonanza Coffee Roasters(ボナンザ / ドイツ)
2006年設立のドイツの焙煎所。店を訪れる人々がコーヒーだけに集中できるようにするために、フードの提供などを行わないミニマルなスタイルを貫いています。ベルリンにおけるスペシャルティコーヒー業界のパイオニアであり、近年はコーヒービジネスのコンサルティングも行っています。

FRIEDHATS COFFEE ROASTERS(フライドハッツ / オランダ)
2016年、アムステルダムで創業の焙煎所。「Less marketing, more coffee」をテーマに掲げたホームページからは、コーヒーへの情熱がひしひしと伝わってきます。共同創業者の一人、レックスはバリスタの技術を競う大会にて2年連続でオランダ国内チャンピオンに輝く実力派でもあります。

LOT61 Coffee Roasters(ロットシックスティワン / オランダ)
2013年にシドニー生まれの幼馴染2人で創業して以来、オランダのスペシャルティコーヒー業界を牽引するコーヒーショップです。「あらゆる面で循環型のコーヒーブランドになる」ことを目標として掲げています。国際的なブランドを目指して、様々な国籍のスタッフが在籍することはもちろん、Bコープ認証の取得など企業としての努力を重ねる行列のできるコーヒーショップです。

Single Estate Coffee Roasters(シングルエステート / オランダ)
2007年創業の、オランダを拠点とするコーヒーショップです。100以上の飲食店に自家焙煎のコーヒー豆を卸売する側、コーヒーバーの運営も行っています。2019年には、社内のバリスタからエアロプレスの世界チャンピオンを輩出しています。創業以来、毎年コーヒーの生産地を訪れ、使用する豆の85%をダイレクトトレードで直接農園から取り寄せています。

19grams Coffee Roasters(ナインティーングラムス / ドイツ)
2002年にベルリンにTresCabezasと呼ばれる焙煎所をオープンしたのち、19GRAMSへと改名。2002年当時、既にアメリカやオーストラリアで話題になっていた「スペシャルティコーヒー」の可能性に気づき、ドイツでもスペシャルティコーヒーの認知を広げるべく活動しています。19GRAMSの店名は、オーストラリアでダブルエスプレッソを作るのに推奨されるコーヒーの量に由来。

■パートナーロースターコメント(一部)

Single Estate Coffee Roasters
日本のコーヒー消費者は品質に非常に関心が高く、他の国に比べてもよくご自身で研究されるスペシャルティコーヒー好きが多いように感じています。そのため、今回私たちは日本へとコーヒーをお届けできることを非常に光栄に思っています。より多くの消費者の方とつながり、PostCoffeeとの協業から学びを得たいと思っています。
 
FRIEDHATS COFFEE ROASTERS
コーヒーを日本のマーケットで販売できることをとても楽しみにしています! 私たちはいつも日本の仕事への向き合い方に触発されたり、大都市の中でも美しく静かな空間を作り出すクラフトマンシップに着目しています。 私たちのコーヒーと日本のコーヒー消費者の考えを共有できるのは素晴らしい機会です。

■購入方法

1)定期購入
PostCoffee会員は、通常配送のボックスのコーヒーの1つとして、上記5社のコーヒーがお届けされます。※仕入れのタイミングによってはお届けできない場合があります。

2)単品購入
PostCoffee会員専用ストア(https://postcoffee.co)にて、単品購入することも可能です。単品購入の方限定で、各ロースターのパッケージにて手元に届きます。

日本のコーヒーショップではあまり見かけないボトル入りのコーヒー豆や、シンプルでスタイリッシュなパッケージは、見ているだけでも気分を上げてくれます。コーヒーを飲み終わった後も、インテリアやちょっとした小物入れとしても活用したくなるパッケージをぜひ手に取ってみてください。
※お届けするパッケージデザインは、時期によって変わる可能性があります。

■PostCoffeeとは

「PostCoffee」は、毎月自宅のポストにコーヒーが届くサブスクリプションサービスです。オンラインで無料でできる「コーヒー診断」によって、15万通りの組み合わせの中からあなた専用にパーソナライズされた3種類のコーヒーが届けられます。

届けられるコーヒーは、日本・世界各地の高品質なコーヒーのみを厳選し、常時30種類以上のラインナップを取り揃えています。ポストインサイズのボックスには、コーヒーだけではなくフィルターやドリッパーなど誰でも今すぐにコーヒーライフを始められるグッズも詰まっています。

■POST COFFEE株式会社について

会社名 : POST COFFEE 株式会社 (PostCoffee Co.)
代表 : 代表取締役下村領
所在地 : 東京都目黒区目黒4-11-7 須田ビル1F
設立 : 2018年9月
Webサイト : ​https://postcoffee.co/
Twitter : ​https://twitter.com/postcoffee_co
Instagram : ​https://www.instagram.com/postcoffee.co/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント