12.8 C
Japan
水曜日, 10月 20, 2021

シリコンバレー発動画スタートアップ「Firework」がライブコマースの新機能をローンチ!

ウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologiesが、Fireworkの新機能「Fireworkライブコマース」を2021年6月下旬に公開します。

ライブコマースを取り巻く現状

ライブコマース大国である中国では、2020年時点ですでに1,000億ドルを超える取引がライブコマースから生まれており、2021年には3,000億ドルに達する見込みです(Forbesより)。一方日本国内に目を向けると、まだ一部の小売事業者のみでの導入に留まり、コロナ禍におけるショッパーの期待に応えられていません。

ライブコマースの広がりを阻む壁として、高額なシステム構築費用が挙げられますが、Fireworkでは、最低月額5,400円から利用できるなど、事業者の規模に応じた最適なプランを選択できます。

Firework ライブストリーミングの特徴

1.スマホ1台あれば1人で配信可能 
立派なスタジオも特殊な撮影機材も必要ありません。 専用アプリを使えば、わずか5分でセットアップが完了し、いつでも簡単に配信を始められます。

2.自社ECサイト内で配信。シームレスな購入体験を提供 
SNSのフォロワー数に悩む必要はもうありません。 自社のサイト内で配信することで、視聴者をスムーズに決済まで誘導し、購入を促進できます。

3.ライブコマースだけじゃない
Fireworkは、ライブ配信後の動画をアーカイブとして利用できる上、ストック型のショート動画をウェブサイトに導入し、ユーザーエンゲージメントの向上に寄与します。

また、新機能の公開を記念して、2021年7月中にFireworkの有料プラン(5,400円〜)に登録した方に限り、1ヵ月間無制限でライブコマース機能を利用できるキャンペーンを実施。詳細を希望される方は下記リンクより資料請求をお願いします。

ライブストリーミング活用のウェビナー開催決定​

2021年6月25日。Fireworkのライブストリーミング機能公開に合わせて、ウェビナー 「D2C・スモールECのためのライブコマース入門」 を開催いたします。

本ウェビナーでは、D2CブランドやスモールECの運営者様に向け、昨今賑わいを見せている「ライブコマース」のトレンド解説や具体的事例紹介、実施方法の紹介などを通して、D2CブランドやスモールECだからこそできるライブコマースの活用方法をご提案します。

詳細と事前登録は下記リンクをご参照ください。
▶︎https://firework.tv/blog/jp-webinar-20210625/

ウェブストーリー プラットフォーム「Firework」とは

Fireworkは、ウェブサイトにInstagramのようなユーザー体験・テクノロジーインフラ・メディアフォーマット・マネタイズ方法を安価かつ簡単に導入できる、唯一無二のSaaSプロダクトです。ウェブサイトのエンゲージメントや滞在時間を高めることで顧客満足度が向上し、サイト内での購入意欲、LTVの向上を含めた収益性を改善し、利益率の高いビジネスモデルの構築に寄与します。

すでに世界中で約700のウェブサイト、30以上のアプリ、7つのモバイル通信会社、5つのウェブブラウザがFireworkを導入し、日本国内においても100以上のウェブサイトが導入しています。これらのネットワークにはすでに月間2.5億の訪問数があります。(*2021年4月時点)

企業情報

Firework(Loop Now Technologies, Inc.)
本社所在地:2635 Broadway, Redwood City, CA 94063, United States
代表者:Vincent Yang(CEO)
URL:https://firework.tv/jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント