12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

ランチしながら気楽に参加!DXについて学べる無料の「ランチタイムセミナー」を全4回開催!

DXによる事業拡大・創出を支援するDN Technology & Innovation株式会社(DNTI)は、6/16(水)・24(木)・30(水)・7/7(水)に無料でDXについて学べる「ランチタイムセミナー」を開催します。DX、ビジネス戦略、データサイエンス、UI/UX分野の第一線に立つ講師4名を招き、受講者が「自社でDXを進めるために必要な知識、考え方」をわかりやすく解説します。

DXの基礎知識を対談形式でわかりやすく解説

近年、サブスク型動画配信サービスや民泊仲介サービスなど、データやIT技術によって既存ビジネスの枠組みを壊すビジネスモデルが台頭しています。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大で、デジタルで事業変革を促す流れは加速しています。

しかし多くの企業では、現状のままでは生き残れないという危機意識を抱きながらも、DXへのハードルが高いがゆえ、既存業務の効率化にとどまっている現状にあります。また、社内でDXを進めるにあたり必要な知見やスキルは様々であり、企業によって取り組むべき課題の優先度は異なるという問題点もあります。

本セミナーでは全4回にわたり、どのような視点でDXを検討すれば良いか、必要となる基礎知識を学ぶことができます。この領域に詳しくない方でも理解が深まるよう、ファシリテーターとの対談形式で具体的な事例を用いて説明いたします。 

【開催概要】

日程:※開催時間はすべて12:00〜13:00
第1回:6月16日(水) 「DX時代における企業のDX/IT部門のあり方と、そこに至る最短距離」
第2回:6月24日(木) 「競争戦略基礎〜DXに飛びつく前に考えるべきこと」
第3回:6月30日(水) 「データ活用の為に必要なデータサイエンス基礎講座」
第4回:7月7日(水)  「今必要なUI/UX視点を養う!」

参加費用:無料
会場:Zoom配信(オンライン)
詳細/申込:https://dnti.jp/hive_seminar/
※単回でのご参加も受け付けております。
※企業HPはこちら https://dnti.jp/

【登壇者プロフィール】

第1回 兼安 暁

DN Technology & Innovation株式会社
Master DX Architect
DXコンサルタント、ITアーキテクト

米国コンサルティング会社でキャリアを始め、Tポイントの立ち上げ、CRMソフトウェアベンチャーを経て、FinTech、ReTech、MaaSをはじめとした200以上のDXプロジェクトに関わる。
小売流通業からインフラ産業まで、ほぼすべての産業に関わってきた。

著書:「イラスト&図解でわかるDX:デジタル技術で爆発的に成長する産業、破壊される産業(2019)」
         「成功するDX、失敗するDX:
            形だけのデジタル・トランスフォーメーションで滅びる会社、超進化する会社(2020)」
         「60分でわかる!DX最前線(2021)」

第2回 池田 保

DN Technology & Innovation株式会社
Master Business Architect

組織行動科学系コンサルティング会社での業績改善・事業再生コンサルタント、外資系戦略系コンサルティング会社のパートナー、シックスシグマの方法論で企業の変革を支援するコンサルティング会社の創業、顧客企業の社外役員等の経験を経て、独立。

ハイテク・電機、自動車、建設・不動産、加工食品・水産、外食産業の競争戦略、業績改善、事業再生に関する支援を30年以上行なってきた。近年は特に、大企業における新規事業の創出、旧業態のデジタル・トランスフォーメーションに深く関わっている。

また、自身でもスタートアップminnow.jpを創業し、フードデリバリー業界の変革に取り組んでいる。

第3回 門田 実

DN Technology & Innovation株式会社
Master AI/Data Architect

米ハワイ州の国際太平洋研究センターで気候変動に関するデータ分析や、外資系IT企業の退職者予測モデルや広告測定モデルの構築に従事した経験を持つ。企業や機関が抱えている問題に対して、数理科学の知識を使い課題解決に挑むデータ分析のスペシャリスト。フィラデルフィア州立大学准教授や、立教大学社会情報教育研究センター助教なども歴任。協会や自治体に対して、初心者でもわかるデータやAIの基礎に関する講演活動も行なっている。

・北海道大学、ロードアイランド州立大学 学士号(水産学、物理学)
・ロードアイランド州立大学 修士号(海洋物理)
・ニューヨーク大学クーラント数理科学研究所 修士号(数学)
・ニューヨーク大学クーラント数理科学研究所 (Columbia University) 博士号(応用数学)

第4回 伊藤 泰久

DN Technology & Innovation株式会社
UI/UX Architect Manager

デザインコンルティング企業で幅広い業界のUXやユーザビリティの評価・設計に携わった後、大手電機機器メーカーでUXリサーチ部門の立ち上げを行う。DNTI入社後、UI/UXアーキテクトマネージャーとして、数多くの現場でUX評価・企画および開発支援のリードを行う。企業目線ではなく、ユーザー目線でサービス設計を考える「人間中心設計」の専門家として、講演活動も行っている。研究領域では、事業や製品・サービスの社会的インパクトの評価にも取り組み中。
人間中心設計専門家(HCD-Net認定)、日本評価学会認定評価士。

ファシリテーター(全回共通)保手濱 歌織

DN Technology & Innovation株式会社
イノベーション事業部 マーケティングマネージャー/エクスペリエンスデザイナー

DNTIについて

DNTIは、大手コンサルティングファーム出身メンバーによって2020年10月に設立され、DXに特化したコンサルティングと、短期間で修正と実装を繰り返す「アジャイル開発」での支援を提供しています。

日本企業のDX化を推進することで企業の事業拡大および創出支援を図ります。メンバーは実際に事業を創出してきたビジネスコンサルタントや、AI(人工知能)およびDX分野でのスペシャリスト、ファイナンスの専門家などで構成されており、企業戦略を立てるだけでなく自らも当事者となり事業化まで行う「企業の変革パートナー」であることを特徴としています。

提供サービス「The HIVE」では、企業のあらゆるDXの取り組みにおいて、不足しているスキルを必要に応じて補完し、内製化を支援する取り組みを行なっています。ビジネス・テクノロジー・クリエイティブ・ファイナンスなどの様々な領域において、経験・実績ともにトップクラスのスキルセットを必要に応じて提供することで、社内外のDX人材と成長や拡張を共にし、最適コスト・最小リスク・最短期間で、イノベーションを実現します。

<DN Technology & Innovation株式会社概要>
代表者:代表取締役社長 西村 大輔
設立:2020年10月
所在地:東京都千代田区神田須田町1-3-9 PMO神田万世橋11階
事業:国内企業の事業創出・資金調達・成長支援、
         DX/AIによる最適化・価値創造、
         EA(基幹システム)のスマート化
URL:https://dnti.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント