12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

EC/D2C支援の「SUPER STUDIO」が第三者割当による18億円の資金調達を実施!

株式会社SUPER STUDIOはALL STAR SAAS FUND、Pavilion Capital Pte Ltd、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、株式会社アカツキ「Heart Driven Fund」、みずほキャピタル株式会社の計5社を引受先とした第三者割当増資により、総額18億円の資金調達を実施しました。

さらなるサービス強化のための投資に活用

SUPER STUDIOは2017年にEC基幹システム「ecforce」(イーシーフォース)をリリースして以降、「コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する」というミッションを成し遂げるべく、顧客であるメーカーならびにエンドユーザーの顧客体験を向上するための仕組みづくりを継続して進めています。

システムの提供やD2C事業運営支援を通して、これまで多くのEC/D2Cメーカーの事業を支援してきました。D2Cコンサルティング事業を通して自らがD2Cメーカーの運営で感じた業務上の課題感をecforceを始めとしたプロダクトの開発に活かしています。

この度、世の中のEC化やDX化の需要の高まりを背景に、SUPER STUDIOが支援をする企業の裾野を拡げていき、より多くのエンドユーザーの顧客体験を向上していきたいという思いから、より積極的な営業・採用活動、研究開発活動を推進するための増資を行いました。

今回の増資を機に実施する施策
– エンジニア/セールスを始めとした全職種で人材採用を強化
– より幅広い顧客へサービス提供するためのシステム基盤の開発
– タクシーサイネージ広告をはじめとしたマーケティング施策
– 営業活動やサービス認知拡大施策の実施

ecforceやSUPER STUDIOについて

現在、新型コロナウイルス感染症によるライフスタイルの変化が後押しになり、これまで先進国の中でもEC化が進んでいなかった日本でもEC/D2Cは需要や期待が高まっています。

実際にこれまでオフラインメインで販売が行われていた領域でもEC活用が進んでいます。しかし、実際のメーカー運営をするためにはブランディングや広告運用によるマーケティング全般の施策、サプライチェーンを構築するための製造、物流、梱包資材の調達、コールセンターでの顧客対応など、あらゆる領域のマネジメントが求められます。

なかには従来のメーカー運営ではあまり重要視されてこなかった要素が事業成功の鍵となることもあり、これらを実現するためには非常に多くの知見と人的資源が必要となります。

SUPER STUDIOはこのような課題を持つメーカーをワンストップで支援するために、ECプラットフォーム「ecforce」の提供や、マーケティングからサプライチェーンの構築を運用代行形式で支援する「ecforce teams」を提供しています。

自社で多くのブランド運営をしてきた経験から、商品領域や販売方法を制限することなく支援できることが特徴です。これまでは平均年商2億円の中規模〜大規模メーカーをメインに支援してきましたが、今後はより幅広い事業フェーズのメーカーを支援できるよう、システム開発を推進していきます。

引受先からのコメント(順不同)

ALL STAR SAAS FUND マネージングパートナー 前田 ヒロ 氏
投資の実行に際し、SUPER STUDIOのチームの皆さん、そしてお客様にインタビューをさせていただきました。その結果、お客様はもちろん業界全体に対する理解度の深さ、従業員の経営陣に対する信頼度の高さ、そしてカスタマーサクセスを強調したバリューが組織全体にしっかり浸透、共感されているということが非常に解像度高く見えてきました。SUPER STUDIOが提供する高品質なサービスを絶賛する既存のお客様の声も多く伺っています。これらは、SUPER STUDIOの非常に強い魅力であり、力の源となり、さらなる成長の重要な鍵となるでしょう。
まだまだ普及の余地が大きいD2Cを始め、EC市場全体を支える重要なプラットフォームになると期待しています。

Pavilion Capital International Pte. Ltd. Head, Japan Investments CHOUN Chee Kong 氏
「コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する」というミッションに共感し、この度出資させて頂きました。自らがD2Cメーカーの運営で感じた業務上の課題をプロダクトの開発に反映しているため、業界のスタンダードになりうるサービスだと期待しています。今後日本以外の市場へのアプローチも視野に入れながらサポートさせて頂きます。

SMBCベンチャーキャピタル株式会社 投資営業第一部 次長 中野 哲治 氏
SUPER STUDIO社は、創業来、複数の自社D2Cブランドを立上げ、多くのPDCAを回して来ました。「ecforce」は、彼らのTipsの積上げによって、徹底した事業者目線で開発されたSaaSとなっており、これまでほぼプロモーション無しで驚くような成長を遂げてきております。
EC事業者の課題は100社100通り存在します。SUPER STUDIO社が事業者のEC戦略に最も寄り添うパートナーとして支持され、より一層のEC発展に寄与することを確信しております。

株式会社アカツキ 執行役員 「Heart Driven Fund」パートナー  石倉 壱彦 氏
今後、DX化によって企業のECシフト・EC新規参入がさらに加速的に増える中で、ECに求められるソリューションが変化することが予想されます。SUPER STUDIOは、ECのシステム提供のみならず、商品企画〜決済まで、ECに求められるトータルソリューションを提供する強みを持っています。
SUPER STUDIOのミッションである「コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する」ことで、新時代のEC体験が創られていくと確信しています。
SUPER STUDIOの皆様とともにハートドリブンな世界の実現を目指し、一緒に旅を楽しんで行きたいです!

みずほキャピタル株式会社 代表取締役社長 大町 祐輔 氏
SUPER STUDIO社は EC/D2Cビジネスの現場を知り尽くし、徹底した顧客目線で「ecforce」というプロダクトを磨き上げてきました。マーケットポテンシャルの大きいEC/D2C市場を背景に、日本のみならずグローバルに広がっていくサービスであると大いに期待しています。
みずほキャピタルは、SUPER STUDIO社の「コト、モノにかかわる全ての人々の顧客体験を最大化する」というミッションの実現に向け、林社長を中心とした素晴らしいチームと共にみずほグループ総力をあげて尽力して参ります。

SUPER STUDIOについて

[会社名]株式会社SUPER STUDIO
[代表者]代表取締役CEO 林 紘祐
[所在地]東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル 8F
[資本金]1,861,220,000円(資本準備金含む)
[事業内容]
D2C支援企業として、ビッグデータ解析による世の中のニーズの抽出、商品開発、基幹システム「ecforce」の提供、広告運用、生活者のもとへ商品を直接届けるところまで、全ての工程をワンストップで支援。
[URL]https://super-studio.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント