12.8 C
Japan
木曜日, 10月 6, 2022

クリエイティブAIを提供するRADIUS5がモノクロをカラーに変換する「Mono Painter」をリリース!

株式会社ラディウス・ファイブは、モノクロ写真に相応しい色を付けてカラー写真に変換することができるAI「Mono Painter(モノペインター)」をAIプラットフォーム「cre8tiveAI(クリエイティブAI)」にリリースしました。

「Mono Painter」開発の背景

RADIUS5 は「人の創造性を最大化する」をビジョンに掲げて、クリエイティブに関連する様々なAIの研究・開発およびサービス化を行うスタートアップ企業です。

これまで、アニメや実写映像を4KにリマスタリングするAI や写真やイラストの画質を上げるAI、キャライラストを生成するAI、架空の人物を生成するAI、似顔絵を生成するAI、有名画家風の絵画を生成するAI、動画を生成するAI、漫画の背景を生成するAI などを開発、AI を誰でも使えるようにウェブでサービスの提供を行っています。

今回リリースした Mono Paniter は、映画会社からの白黒の映像をカラーにしたいという相談やテレビ局からモノクロ映像のカラー化をしたいという依頼、写真館での顧客ニーズ等を元に、モノクロの画像や映像をカラーに変換することにはニーズがあると判断して開発を行い、リリースするに至りました。

Mono Painter」3つの特徴

(1) 2パターンのカラー化したアウトプットを提供

Mono Painter では、1回の着彩処理で2種類のカラー写真を生成します。Mono Painter では、幅広い種類のモノクロ画像で良い結果を提供するために、2種類のAIモデルを提供しています。

(2) 10秒でカラー写真に変換

一般的に、Mono Painter と同じようにモノクロ写真をカラー写真に変換する作業をデザイナーが行う場合、数時間から数日程度の時間がかかることが想定されます。Mono Painter では、モノクロ写真をドラッグアンドドロップして30秒程度待つだけでカラー写真に変換できるので、デザイナーでない人でも簡単にカラー化することができます。

(3) 圧倒的なコストパフォーマンス

モノクロ写真をカラー写真にするための作業をアウトソースすると、、一般的には手作業の場合1週間程度の納期と数千円以上の予算が必要です。

Mono Painter では、月額無料のエントリープランの場合、480円/1枚でカラー写真に変換することができます。サブスクリプションに加入している場合は、10クレジットで利用することができ、ライトプランで実質240円/1枚、プロプランで実質99円/1枚、メガプランで実質80円/1枚で利用することができるので、アウトソースと比較すると圧倒的にコストパフォーマンスが高くなります。

なお、モノクロ映像をカラー映像に変換したい場合も対応することが可能ですが、映像の場合はファイルサイズも大きいため、cre8tiveAIのお問い合わせから直接ご連絡ください。
※サブスクリプションでは、各プランごとに毎月の支払金額と付与されるクレジットの量が異なるため、実質的な金額が変わります(上位プランに加入するほどボリュームディスカウントがあります)。

Mono Painter の概要

技術について

Mono Painterは独自のAI技術(Deep Learning)を用いて開発したRADIUS5のオリジナルのAIサービスです。

Mono Painterでは、学習を行うためにカラーの画像とモノクロの画像が対となったデータを大量に用意します。AIにモノクロの画像を見せて、元のカラーの画像を予想して作り、本物の画像と比較して学習するということを繰り返してAIの精度を上げる学習を行います。

ある1つの白黒のパターンから、ありえる着彩結果は無数に存在するため、AIは物体の特徴/種類/隣接している領域等を考慮したり、候補を複数パターン出したりしながら、元の色を予想して着彩しています

なお、本サービスはモノクロ写真をカラー写真に変換するAIであるため、イラストには対応しておりません。イラストを着彩するAIについては、別途提供を予定しております。

仕様について

着彩の種類 : 2種類(選択不要で、すべてダウンロードできます。)
解像度 : 基本的に入力画像と同じ解像度で出力されます。ただし、各プランの上限を超えたサイズの場合はプランの上限サイズまで縮小されます
アスペクト比 : 入力画像と同じアスペクト比
出力ファイル形式 : PNG
入力ファイル形式 : JPEG, PNG, WEBP, BMP
アップロードできる画像の種類 : 写真、イラスト

Mono Painter でモノクロ写真をカラー写真に変換した事例(以下、パブリックドメインの画像等)

Mono Painterはこちら
▶︎https://ja.cre8tiveai.com/mp

【会社概要】

RADIUS5では、「人の創造性を最大化する」というビジョンの元、クリエイティブの現場で利用することができるAIサービスの開発に取り組んでいます。

2019年にクリエイティブ作業を効率化する様々なAIツールを提供するプラットフォーム「cre8tiveAI(クリエイティブAI)」を公開し、これまでに写真やイラストを高解像度化する「Photo Refiner」やイラストを生成するAI「彩ちゃん」、全身イラストを生成する「彩ちゃん+」、有名画家風の絵画を生成する「Enpainter」、1枚の写真から動画を生成する「Moving Photo Refiner」漫画の背景を生成する「Line Drawer」等、様々なAIをリリースして参りました。

また、アニメやゲームを4Kや8Kに変換するAI「AnimeRefiner」のリリースを行い、様々な業界での活用を進めています。RADIUS5 では引き続きDeep Learning 技術を用い、人の創造性が最大化されるためのサービスの開発を続けて参ります。
▶︎https://cre8tiveai.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント