12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

子ども向けオンライン体験サービス「キッズウィークエンド」、【西日本FHオープンイノベーションハブ 2020】にてトヨタ自動車九州から企業賞「GarrawayF賞」を受賞

子ども向け「教育×オンライン」の分野では、日本最大級のプラットフォームである「キッズウィークエンド」を運営するキッズシーズは、デジタル技術×SDGsへの貢献をテーマに行われた西日本フィナンシャルホールディングス主催の「オープンイノベーションハブ2020」にて、トヨタ自動車九州から企業賞「GarrawayF賞」を受賞しました。

キッズウィークエンド公式サイト:https://www.kidsweekend.jp/portal

西日本FHビジネスコンテストオープンイノベーションハブ2020について

「OPEN INNOVATION HUB」は、業界・業種の垣根を超えた「価値の共創」を行うオープンイノベーション型のビジネスコンテストである。西日本FHグループや協力企業との協業機会を創出することで、SDGsへの貢献を通じた地域経済の発展を目指すものである。

公式サイト:https://oihub.nnfh.co.jp/

本ビジネスコンテストは全国の企業・団体から70を超える応募があった。キッズウィークエンドは最終選考の10社に選ばれ、今回、福岡市で行われた公開審査の場にてピッチを行っている。

◾︎募集テーマ:デジタル技術×SDGsへの貢献
ウィズコロナ、アフターコロナに対応した生活様式・働き方のデジタルシフト

◾︎受賞サービス:キッズウィークエンド

◾︎サービス概要:
キッズウィークエンドは、身近にない学びを自宅から受講することができるオンライン体験サービスだ。「第一人者との双方向授業」や「学校では教えてくれない、科目を超えた授業」など、子どもの将来の可能性を広げる双方向のオンライン体験を多数揃え、世界中どこからでも手軽に利することができる。入会金不要でオンラインで簡単に予約可能となっている。

SDGsとキッズウィークエンド

キッズウィークエンドは、本コンテストのテーマでもある持続可能な開発目標(SDGs)の活動を支援している。
地域の差やその他の要因による教育格差を超え、「質の高い教育をみんなに」を実現するために、社会と子供を直接つなげ、生きる力を育む学びを、オンラインを活用して世界中に広く届けている。

キッズシーズ 会社概要

社名キッズシーズ株式会社
設立2017年12月
所在地〒104-0041 東京都中央区新富 2−5−10 7F
代表者三浦里江
事業概要子供向けオンラインイベント検索・予約サービス「キッズウィークエンド」の運営
子供向けオンラインイベントの企画・運営
子供向けテクノロジー教育アプリの開発・子供の教育メディアの運営
URLhttps://www.kidsweekend.jp/

キッズウィークエンド事業は2019年度 東京都主催 女性企業家育成事業「APT Woman」、2019年 総務省主催 異能ベーションアワードノミネート、ASACスタートアップアクセラレーションプログラム第11期などに採択されている。

【キッズシーズ メディア掲載実績】※五十音順

帰国便利帳Web、KIDSNA、近鉄ライナーズオフィシャルサイト、釧路新聞、cozreマガジン、さくらんぼテレビ、週刊ひがしおおさか、JAM THE WORLD(J-WAVE)、上毛新聞、東京新聞、日経DUAL、日本経済新聞、ハフポスト日本版、東大阪経済新聞、Blue Ocean(Tokyo FM)、Mart(光文社)、山形放送、山形新聞、ラグビーリパブリック(ベースボールマガジン社)、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)など

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント