12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

コロナ禍で急増したオンライン授業などの見える化を実現のため、I’mbesideyouへ出資

Beyond Next Ventureは、当社が運営するBeyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合を通じて、I’mbesideyouに出資したことを発表した。

I’mbesideyou社は、コロナ禍で急増したオンラインコミュニケーションの質を高め、一人ひとりの個性に寄り添ったコミュニケーションを実現させるために、世界初の動画コミュニケーションに特化したマルチモーダル AI(※)による動画解析SaaSソリューションを開発・販売している。

(※)マルチモーダル AI:個人の表情・視線・音声など様々な情報やデータを結合して物事を判断するAI

このプロダクトは、ZoomやMicrosoft Teams等の主要なオンライン会議サービスに対応しており、搭載されているマルチモーダル AIが個人の表情や音声などの複数のデータから動画内の人の反応を総合的に判断することにより、オンラインコミュニケーションの質を向上させる仕組みを提供している。現在は、オンライン家庭教師サービス企業向けに、生徒と教師のマッチング評価・授業のクオリティチェック・教師及び親へのフィードバックなどを提供している。

インド戦略について

I’mbesideyou社は日本以外にインドへの事業展開に注力しており、既にインド工科大学などの現地教育機関をターゲットとしたプロダクトを開発中である。将来的には、インド法人の立ち上げや現地企業へのライセンスも行い、現地にエンジニアリング拠点も構え、研究開発力を高めていく見通しだ。

インドのオンライン教育市場について

インドでは国を挙げてオンライン教育を推進している。今回の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、さらなるオンライン学習の需要が急増していると同時に、同国経済の成長や若年人口増加の波を受け、オンライン教育市場の成長力は日本よりも高いことが予想されている。

■I’mbesideyou 代表取締役社長 神谷氏よりコメント

世界中がオンラインコミュニケーションに覆われた今、一人一人に適した教育環境を提供する事を目指し、NTTデータ時代の2人を誘って起業しました。
今回、Beyond Next Ventures伊藤様は、はじめから私たちの取り組みを高く評価していただき、単なる投資家としてでなく、事業家として私たちの取り組みに加わりたいといってくださりました。伊藤さん自身がBeyond Next Venturesを立ち上げた起業家であり今もインドという大きな市場に自ら乗り込み切り拓こうとしている。そのアントレプレナーシップを尊敬しています。一緒に、世界に通用するサービスを創っていきたいと思います。

■Beyond Next Ventures 代表取締役社長 伊藤よりコメント

2020年は新型コロナウイルスによって、人々のコミュニケーションのデジタル化が急激に加速しました。コロナ前に戻る、戻らないの議論は、もはや過去のものとなり、ミーティングはオンラインでの“対面”が標準となりました。オンラインミーティングは物理的距離の制約を解き放ち、業務の効率化を後押ししました。
コロナ禍の最中に創業したI’mbesideyou社は、世界で唯一の、オンラインコミュニケーションに特化したマルチモーダル AIを提供するコロナネイティブカンパニーです。NTTグループ出身の神谷社長の強いビジョンとリーダーシップの元、能勢CTO、安藤CSOの2名の高い技術力により、世界でどこよりも早く、当該プロダクトのコア特許の出願、製品化を実現しています。当社が提供するマルチモーダル AIにより、顧客に対し、人手を介した業務よりも遥かに効率的な業務改善の機会と、新たな付加価値を提供しています。
Beyond Next Venturesは「隠れた才能を見出し可能性を最大化する。テクノロジーで世界をより良いものにする。」をミッションに掲げており、この度、I’mbesideyouのビジョンに強く共感し出資致しました。インドでの両社の事業シナジーも見込め、今後は事業パートナーとして教育以外のアプリケーション領域やインドでの事業展開を共に推進して参ります。

株式会社I’mbesideyou 概要

社名株式会社I’mbesideyou
設立2020年6月
資本金東京都世田谷区
代表者代表取締役社長 神谷渉三
事業概要個⼈の特性を情報技術で明らかにする事業、画像解析・⾳声解析などの情報技術を活⽤した分析サービスを⾏う事業及び付随したコンサルテーション事業
URLhttps://www.imbesideyou.com/

Beyond Next Venturesについて

Beyond Next Venturesは、大学などの研究機関で革新的な技術の開発に取り組む研究者や技術系スタートアップ・起業家と共に新たな産業・イノベーションの創出に取り組んでいる。

▼スタートアップ出資
事業化~成長支援までに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する。2015年2月に設立した1号ファンド及び2018年10月に設立した2号ファンドを合わせて220億円のファンドを運用している。

▼事業化支援プログラムの企画・運営
BRAVEhttp://brave.team/
革新的な技術の事業化を目指す研究者や起業家に対して、経営人材候補とのマッチング、事業化実現のための知識・ネットワーク・成長資金を提供している。東京都からの委託を受け、創薬・医療系ベンチャーの起業や成長を支援するプログラム「Blockbuster TOKYO」も運営している。

▼シェアラボの運営
Beyond BioLAB TOKYOhttp://biolab.beyondnextventures.com/
東京都中央区にライフサイエンス領域のスタートアップがより低コストで実験などを行えるシェア型ウェットラボを開設している。

▼経営チーム組成、共同創業支援
Innovation Leaders Programhttps://beyondnextventures.com/jp/talent/innovation-leaders-program/
Co-foundershttps://co-founders.team/
経営人材を求めるスタートアップや研究者と、経営参画・起業したいビジネス人材を、保有する人材ネットワークを活用して繋ぐことで、強固な経営チーム組成・共同創業を支援する。

社名Beyond Next Ventures株式会社
設立2014年8月
資本金東京都中央区日本橋本町3-7-2 MFPR日本橋本町ビル3階
代表者代表取締役社長 伊藤 毅
URLhttp://beyondnextventures.com/jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント