12.8 C
Japan
金曜日, 1月 27, 2023

スタートアップのワークスタイル3選!

日々スピーディかつ鋭くも柔軟な対応を求められるスタートアップ企業。それぞれの分野に新しい風を吹かせるスタートアップ3社の働き方とはーこだわりのワークスタイルについてお話を伺った。
※この記事は、STARTUPismにて公開された記事を再編しています。

最も重視するのはVRに対する情熱!全社員「あえて」オフィスに出勤|Synamon

ビジネス向けのVR製品『NEUTRANS(ニュートランス)』を開発するSynamon(シナモン)は、VR空間で複数人が資料やホワイトボードを共有しながら遠隔でも会議が行えるサービスを提供している企業だ。

一般的にゲームなどでVRの面白さは徐々に知られてきているものの、開発のノウハウは世界的にもまだまだ試行錯誤の段階。このため、Synamonでは、 “自分たちがパイオニアとして最先端の技術を駆使してVRの市場を作っていかなければいけない”という共通認識を醸成するためにも、あえて最近流行りのテレワークは取り入れず、社員同士の深いコミュニケーションや信頼関係の構築を重要視した「昔ながらのワークスタイル=オフィスに出勤するスタイル」を採用している。

また、社員の採用に関しても独自の基準を設けており、スキルを重視するのはもちろんのこと、最も重視しているのはVRに対する“情熱”だという。“情熱”を持つ人材が新しい市場を切り開く原動力になる――独自の採用方針は、Synamonが「VRの未来」を作り上げていくための大きな加勢となりそうだ。

社名株式会社Synamon
設立2016年08月08日
所在地〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル9階1号室
代表者代表取締役 武樋恒
事業概要VR、AR、MR関連製品、コンテンツの企画、開発、運営
URLhttps://synamon.jp/

ユニロボット流の「仕掛け」が企業文化を醸成。“場所にとらわれない働き方”は採用にも効果的。

「“自由”の中には厳しさもあるが、自由闊達でいながらパフォーマンスを出していれば、会社にとっても社員にとってもプラスに働くと思う」酒井代表

もともとは大手商社に勤務する商社マンだったユニロボットの酒井代表は、起業にあたって社内ルールや規定にとらわれることで仕事の効率を下げることや柔軟に対応できなくなることをできるだけ避けたいと考え、自由闊達な企業風土を醸成するための一施策としてテレワーク制度を導入したという。

オフィスは都内にあるが、逗子や鎌倉、さらには大阪などの遠方に住んでいる社員もおり、さらには大半をエンジニア職の社員が占めていることから、基本的に作業場所を問わないソフトウェアのエンジニアを中心にテレワークを活用している。経営者からすれば、テレワークの導入により社員全員が好きな時に好きな場所で働かられても困りそうなものであるが、定期的な業務進捗会議の開催や、個々が確実に成果を上げていかないと成し遂げられない目標を設定することで、社員を遠隔で管理する難しさを感じることはほとんどないという。また、ユニロボット流の“場所にとらわれない働き方”が優秀なエンジニアの採用にも寄与しており、会社と社員の双方にメリットをもたらしている。

社名ユニロボット株式会社
所在地   〒151-0073
東京都渋谷区笹塚3-2-15 第Ⅱベルプラザ5F
代表者酒井拓
事業概要次世代型ソーシャルロボットの開発、製造、販売(ユニボストア)
上記に付帯する組み込みソフトウェア全般の開発
パーソナルAI(自然言語処理・感情解析・レコメンド等のコミュニケーション)に関する研究、開発上記を活用したクラウド・サービス(unirobot cloud)
URLhttps://www.unirobot.com/

社員それぞれのライフスタイルを尊重した時間管理が仕事の効率をUP!|ユカシカド

ユカシカドは、社員の「働く意欲」を高めていくため、「働きやすさ」と「働きがい」を重視した経営方針の下、仕事と家庭の両立を推奨しており、意思決定や施策を迅速に実行できるよう、任せられる人材にはどんどん仕事に裁量を与え、就業時間内にやるべき仕事を徹底して仕事とプライベートのメリハリをつける働き方を推し進めている。また、会社に対する帰属意識や社員の一体感を醸成するため、最近さまざまな企業が取り入れ始めているテレワーク制度はあえて取り入れていないという。しかし、「勤務時間の長さ」よりも社員それぞれのライフスタイルに合った「仕事の効率化」につながる時間管理を尊重しているため、5歳以下の小さな子どもを持つ社員が約7割を占めているにもかかわらず、働きやすい環境であると好評だ。

同社の働き方における最大の特徴として、創業以来、年末年始の休暇は10日超の「長期休暇」と定めている点が挙げられる。これは、年末年始はようやく家族が集まれるタイミングであるため、日々一生懸命働く社員に対して、仕事と家庭を両立できる環境を作っていきたいというユカシカド流の働き方改革の一環でもあり、美濃部CEOの社員に対する感謝の意でもある。パーソナル栄養検査『VitaNote(ビタノート)』を提供する企業の経営者として、社員が心身ともに健康を維持できる環境の構築を自身の使命としているようだ。 

社名株式会社ユカシカド
設立2013年3月15日
資本金〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 コスモス青山 コスモスサウス302
代表者美濃部 慎也
事業概要栄養検査事業、栄養補助食品の製造・販売
URLhttps://www.yukashikado.co.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント