12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

日本初!傘のシェアリングサービス『アイカサ』

Nature Innovation Groupは、環境に優しいエコなサービスを実現するため日本初となる傘のシェアリングサービスを提供している。傘のシェアリングエコノミーを通じて個々の生活を豊かにする幸せな循環型社会に貢献する。
※この記事は、2019年5月10日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。

『アイカサ』仕掛け人|Nature Innovation Group代表取締役 丸川 照司

代表取締役 丸川 照司氏

突然の雨に慌ててコンビニエンスストアに駆け込み、“やむを得ず”その場しのぎで傘を購入する――このような、何かあればコンビニで買えばいいという行き当たりばったりの計画性のない消費行動によって年間5,000万本のビニール傘が廃棄されているというデータが存在する。ビニール傘、ストロー、レジ袋などをはじめとするプラスチック製品は日常のさまざまなシーンに存在し、私たちの生活を便利にしてきたが、ここにきて海洋汚染問題など地球規模の深刻な課題を生み出している。世界的にも“脱プラ”の波が広がりを見せつつある今、環境に優しいエコなサービスを実現するため日本初となる傘のシェアリングサービスをスタートさせたのが若干24歳の丸川氏率いるスタートアップNature Innovation Groupだ。

1回70円。エコでリーズナブルな傘のシェアリングサービス

『アイカサ』はスマホのアプリではなく、LINE(ミニアプリ)を通じて傘のレンタルやクレジット決済を可能とした傘のシェアリングサービスです。事前にクレジットカードの登録と、『アイカサ』のアカウントを友達に追加して(することで)利用可能となります。トーク画面上の「傘を借りる」をタップすることで専用の設置場所(アイカサスポット)を検索することや、マップ上で選択したスポットの利用可能な傘の残本数や時間を確認することも可能です。全ての傘の柄にはQRコードを搭載しており、QRコードリーダーを活用します。レンタルの場合は、借りたい傘のQRコードを読み取って番号を確認し、傘の柄のダイヤルロックに番号を入れて開錠します。返却時には、アイカサスポットに貼ってあるQRコードを読み取って返却処理を行い決済されるという仕組みです。利用料金は1日70円、返却が遅れると1日ごとに70円が加算されますが、当月の上限を420円としているため、それ以上の追加課金はありません。また、同日中であれば追加料金なしで利用可能です。

2018年12月に始まった新しいサービスですが、飲食店やコンビニエンスストア、コワーキングスペースなど、すでに都内100カ所超のスポットに1,000本超の傘を設置するまでに拡大しており、開始から3カ月でユーザー数が5,000人を突破しました。今後の展開として、社員が無料で『アイカサ』を使える法人向けプランや、居住者が無料で使える集合住宅向けプランなどの展開も検討しているところです。まずは、最先端の文化が生まれる流行の街「渋谷」を中心に「ビニール傘を買う必要のない街」にすることが目標です。

大量消費に支えられた社会のあり方そのものを認識することから始める。

インターネットの急速な発達による社会構造の大きな変革によってさまざまなサービスが生まれ、ライフスタイルも大きく変化してきています。その中でも、従来の生活様式とははるかに異なるものとして“シェアリングエコノミー”の形成や拡大が挙げられるのではないでしょうか。日本でもここ1~2年、多くの報道で取り上げられたことや、政府の成長戦略の一つとなったことによって、徐々に“シェアリングエコノミー”という言葉が浸透し、世間的にも注目を集めるようになってきました。時代の移り変わりもさることながら、新しいモノにあふれた消費型の経済に限界を感じた人々の増加によって、「個人所有」から「共有」という新しい価値観が見い出され始めたのかもしれないですね。

実際に『アイカサ』を利用した利用者からは「こういうサービスがずっと欲しかった」といった利便性に関する感想だけでなく、「社会的に必要なサービスだ」など、環境に配慮するサービスとしての評価も多数いただいています。『アイカサ』をサービスとして普及させていくのはもちろんのことですが、サービスを通じて今の大量消費に支えられた社会の在り方そのものを認識してもらうところから消費者としての意識改革を始めたいと考えています。何気なく暮らす日々において、製品やサービスに対して自ら選択する意思を明らかにすることが未来の地球を守る第一歩となるからです。

ビニール傘を買う必要のない街に。

2015年にSDGsが国連で採択されて以降、ビジネス活動の一貫としてさまざまな環境や社会問題を解決することが期待されています。アイカサでは、「SDGs目標12: つくる責任つかう責任」に則り、 傘のシェアリングエコノミーを通じて個々の生活を豊かにする幸せな循環型社会に貢献したいと考えています。

2000年に定められた「循環型社会」では、3R (リデュース 、リユース 、リサイクル)が推し進められてきましたが、僕の考えるこれからの循環型社会にはもう一つ「シェアリング=S」が加わると思っています。繰り返しになりますが、時代は個々が製品やサービスに対して自ら選択する意思を明らかにすることで未来の地球を守る責任を持つことを求めています。つまり、これからのシェアリングサービスとは、単に無駄を省くためのモノ・場所・サービスを共有するだけではない、限りある資源を有効に活用して社会と共存していくことだと考えています。ゴミを出さないように生活する新たな価値観「3R+S」が生まれれば、こんなに素敵なことはないですよね。だから僕は、今の常識を覆すつもりで「昔は雨が降るとみんなビニ傘を買っていたんだって!ありえないね」と言われるような社会を本気で創りたいと思ってます。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント