12.8 C
Japan
月曜日, 11月 28, 2022

FiNC Technologies 約50億円の第三者割当増資|創業より累計150億円強の資金調達へ

予防ヘルスケア×AIテクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャーFiNC Technologiesは、今回のラウンドで約50億円の資金調達を実施した。なお、資金調達額は創業より累計150億円強となった。

資金調達の目的

今回の資金調達により、800万ダウンロードを突破したヘルスケア/フィットネス(ダイエット)アプリ「FiNC®️」をはじめとした各種サービスに活用しているAI(人工知能)の開発や新規事業の拡大、さらにマーケティングの強化に焦点を当てていく。

「食事画像解析」大幅アップデートについて

「食事画像解析」機能とは、AI(人工知能)や深層学習(ディープラーニング)を活用し、食事の画像を識別してカロリー・三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)を計算をする機能である。「FiNC」アプリで食事の画像をアップロードするとカロリーが表示され、目標に応じたカロリーに対し、摂取カロリーが不足・標準・過剰の3段階で判別され、三大栄養素の推奨摂取量に対し、摂取量もグラフで表示される。これらの解析結果は食事の画像を「FiNC」アプリ内に記録するだけで、日々の摂取カロリーや不足した栄養素など変化を一覧で確認することが可能になる。
今回、「画像解析」できる食事の種類(カテゴリー)を大幅にアップデートし、より精度の高いカロリー計算や食事の画像解析ができるようになった。また、これまでにFiNCアプリ内で500万枚超の食事画像の投稿があり、数多くの画像データの収集により顧客に精度の高いサービスを提供することができる。これにより、食事管理をわかりやすく継続できるようなサービスになり、普段の何気無い日常から食事管理をすることで健康にとって重要な要素の1つである栄養・運動・休養の悪しき習慣を改善する手助けとなる。

ヘルスケア領域におけるAI関連特許・知財戦略
「食事画像解析機能」の特許権を取得について

FiNC Technologiesは、食事記録に関連する「メニュー選択」(特許第6486540号)や「食事投稿の評価」(特許第6075905号)をはじめとした「食事画像認識機能」において特許群を取得した。そのほかにも国内外において累計60件の特許権を取得※[1]し、この度、2012年の創業当初より行っているヘルスケア領域におけるAI関連特許のグローバルな知財戦略をまとめた知財サイトを公開した。
今後、コンテンツを拡充するとともに、FiNC Technologiesが掲げるビジョンに参加意思のある企業に、これらのAIに関する特許を利用した技術やライセンスを提供することによってヘルスケア分野に広めて行きたいと考えている。

◆FiNC Technologies 知財・特許の考え方 https://company.finc.com/patent

テレビ朝日「フィンク1分フィット」番組提供開始
夜1分でできるフィットネスを月〜木の深夜帯でご紹介

FiNC Technologiesで初の地上波テレビ番組提供となる「フィンク 1 分フィット」は、格闘技クラスの「FIGHT」、体を整える「RELAX」を⾳楽・映像に合わせて楽しくフィットネスができる斬新な新番組である。週替わりであらゆるゲストを迎え、インストラクターと共に夜 1 分でできるフィットネスを紹介する。

◆番組概要

放送番組:「フィンク 1 分フィット」 放送局:テレビ朝⽇(関東ローカル)
放送開始⽇:2020 年 1 ⽉ 6 ⽇(⽉)放送予定⽇:毎週⽉〜⽊曜 0:45〜0:50番組公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/1min_fit/

FiNC Technologiesについて

FiNC Technologiesは、「Personalized AI for everyone’s wellness」をミッションに掲げる予防ヘルスケア×テクノロジー(⼈⼯知能)に特化したヘルステックベンチャー。管理栄養士や理学療法士、トレーナー等の健康領域の資格保有者、データサイエンティストやエンジニア、栄養学・運動学・心理学などのライフサイエンス領域の研究者で構成されたプロフェッショナル集団である。

社名株式会社FiNC Technologies
設立2012年4月11日
所在地東京都千代田区有楽町1丁目12-1 新有楽町ビル5F
代表者代表取締役 CEO 南野 充則
URL
https://company.finc.com

<提供サービスURL>

※[1] 特許6075905号、特許6360547号、特許6486541号、特許6429840号、特許6010719号、特許6362651号、特許6069652号、等。
※ FiNCの名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社FiNC Technologiesの登録商標または商標である。
※ 記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標である。
※ 掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、問い合わせ先その他の情報は、発表時点の情報であり、その後予告なしに変更となる場合がある。

プレスリリース発表元企業:株式会社FiNC Technologies
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント