12.8 C
Japan
木曜日, 7月 29, 2021

"人"を中心とした理想のタスク管理ツール「Repsona」正式ローンチ

Repsona LLCは、”人”を中心とした理想のタスク管理ツール「Repsona(レプソナ)」を2019年10月1日に正式ローンチした。

Repsonaとは?

Repsonaとは、チームのためのタスク管理ツール(SaaS)。チーム仕事を効率よく計画するための機能と、職場がより楽しくなる工夫が組み込まれている。2019年6月のベータ版開始から、わずか3ヶ月で1,000社を超える登録があった。

Repsonaの特徴(他の製品との違い)

同種の機能を提供するプロジェクト管理ツールとの大きな違いは、以下の3点だ。

・とにかく軽い、はやい
・多機能なのに、シンプルでわかりやすい
・”人”を中心とした設計

とにかく軽い、はやい

表示に時間のかかるページをいくつも確認するのは非常にストレスです。ツールの表示速度が、ストレスの軽減、残業時間削減にも直結する。

多機能なのに、シンプルでわかりやすい

チャットやカンバンだけでは足りない。でも、機能が多すぎてもわかりにくい。Repsonaは、必要な機能がそろいながら、直感的に利用できるように工夫されている。

“人”を中心とした設計

プロジェクトが終わっても、チームや組織は終わらない。チームや組織の成長の課題は、仕事への共感とわくわくで解決する。

仕事上のフィードバックが、メンバーのプロフィール画面に集まる仕組みで、チームに相互承認と継続的な関係性を作るものだ。「ありがとう」「おつかれさま」といった感謝、労い、評価などのアクションが、スコアのように集約される。

人を中心とした発想でサービス設計をしており、組織やプロジェクトの目標設定と評価のための仕組み、全組織を通しての情報共有の仕組みや、コメント投稿前に文章を自動分析して、「言葉にトゲがありませんか?」などと促す機能等を開発中だ。

対応ブラウザを強化!

正式ローンチにともない、ベータ版提供時は非対応だった、Windowsと、Firefox、Safari、Edgeをサポートブラウザに加え、モバイルでも操作をできるようにバージョンアップした。モバイルアプリは現在開発中だ。

タスク管理ツールとしての機能

シンプルでわかりやすく、ドラッグ&ドロップで軽快に操作できるように工夫されている。

タスク管理
スケジュール管理(ガントチャート)
カンバンとカード
ボールの受け渡し
情報共有ツール
チーム体制図
メンバーの生産性の可視化
ふりかえりボード
バーンダウンチャート
プロジェクト横断ビュー
スペース内検索
リマインドメール

 Repsonaは、ウェブサイト( https://repsona.com )より、すぐに開始できる。全ての機能をフリープランでも利用可能だ。

Repsona LLC は、2018年10月に設立。仕事を進めるためのひとつひとつの活動によって、職場がどんどん楽しくなる、人やチームを中心としたサービス「Repsona」を開発していく。

プレスリリース発表元企業:Repsona LLCPRTIMES
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント