12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

AnyMind Group、約50億円の資金調達!グローバルでの事業成長投資及び将来的なM&A戦略を強化

AnyMind Groupは、総額約50億円の資金調達を実施しました。今回の調達では、既存投資家の三菱UFJキャピタルに加え、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ、JPインベストメント、野村スパークス・インベストメントが資産の運用を受託している日本グロースキャピタル投資法人、プロトベンチャーズなどの新規投資家を主な引受先とした、約40億円の第三者割当増資を実施。また、みずほ銀行より10億円の当座貸越枠を確保したことにより、総額約50億円を調達しました。当社はこれまで約69億円の資金調達を実施しており、このたびの調達により累計調達額は約119億円となります。

直近の事業状況

AnyMind Groupは、2016年にシンガポールにて創業。主として東南アジア諸国にて、インターネット広告を中心とするマーケティング事業を開始しました。
その後、メディアやクリエイター支援、生産管理、EC サイト構築運用、物流管理、チャットコマース/CRM領域へとビジネス範囲を拡大。現在、13ヵ国・地域に17拠点を展開し、2021年12月期の売上は190億円を超えています。
(参考:創業6周年記念インフォグラフィックス「数字で見るAnyMind」https://anymindgroup.com/ja/news/press-release/infographic2022

調達の目的と今後の展開

①既存事業への成長投資
AnyMind Groupは、2022年3月、顧客体験価値(CX)最大化を実現するチャットコマースプラットフォーム「AnyChat」、また4月には複数ECチャネルの一元管理でEC運営を最適化するECマネジメントプラットフォーム「AnyX」を提供開始するなど、各プラットフォームの開発強化及び、提供価値拡大に努めています。

今回調達した資金を活用し、今後も既存事業のさらなる強化と、ASEAN・インドなど、アジアの成長市場を中心としたシェア拡大に取り組む意向です。

②将来的なM&Aへの活用
これまでAnyMind Groupは、日本・インド・タイ・香港等において、7社の企業買収を行ってきました。買収の目的として、 ①マネジメントメンバーの獲得、 ②新規事業・新規地域への進出、 ③販売チャネルの獲得、 などが主たるものであり、 いずれも買収後には、当社に大きく貢献する成果となっています。本調達資金を活用することで、今後も当社事業と相乗効果が見込まれる企業買収においては、 国内・海外問わず積極的に取り組む方針です。

投資家(順不同)

・JIC ベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合
・JPインベストメント1号投資事業有限責任組合
・日本グロースキャピタル投資法人
・プロトベンチャーズ2号投資事業有限責任組合
・三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合

AnyMind Group 共同創業者兼CEO 十河宏輔氏のコメント

これまでコロナ禍の影響や地政学的リスクに関連して、世界的にネガティブな数年が続いていましたが、その中でも当社は堅調な成長を実現しております。また当社が事業を展開しているASEANやインドをはじめとして、アジアにおける経済は急速に成長の勢いを取り戻しており、人口増加のインパクトも含め、今後さらなる拡大が見込まれます。
今後も当社は攻めの姿勢を持ったグローバルへの事業展開加速及び、M&Aによるケイパビリティの拡大、成長に向けた投資と利益体制強化等を図っていくことで、アジアを代表する次世代のコマースインフラを目指してまいります。

AnyMind Group採用情報

「Make it exciting for everyone to do business(誰もがビジネスに熱狂する世界を創る)」というコーポレートパーパスの実現に向け、各国・市場、幅広いポジションで積極採用を進めております。
ご興味がある方、以下ページよりエントリーを受け付けています。
AnyMind Group採用ページ:https://anymindgroup.com/ja/career/

<AnyMind Group「Culture Deck」を公開>
この度の資金調達と合わせ、AnyMind Groupの目指す世界観や沿革、事業内容、働く環境、カルチャーを伝える「Culture Deck」が公開されました。

Culture Deckより一部抜粋

URL:https://speakerdeck.com/anymind/anymind-japan-culture-deck

AnyMind Groupについて

社名AnyMind Group株式会社
設立2016年4月
所在地東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー31F
代表者代表取締役CEO 十河 宏輔
事業概要​​ブランドコマース事業:
ブランド企業及びインフルエンサー・クリエイターなどの個人向けに、EC及びD2C領域を中心としたブランドの設計・企画から、生産管理、ECサイトの構築・運用、マーケティング、物流管理をワンストップで支援するプラットフォームを開発・提供
パートナーグロース事業:
Webメディアやアプリを運営するパブリッシャーとクリエイター向けに、自社プラットフォームを活用した収益化及びブランド成長に向けた支援サービスを提供
URLhttps://anymindgroup.com/ja/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント