12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

ナレッジ経営クラウド「Qast」運営の any 、総額4.5億円の資金調達を実施!

ナレッジ経営クラウド「Qast」を運営する any は、DIMENSION、Archetype Ventures、みずほキャピタル、ICMG Partners、新生企業投資を引受先とした第三者割当増資により、総額4.5億円の資金調達を実施しました。

資金調達の目的

any は、個人のノウハウを引き出し、組織全体のパフォーマンスを最大化するナレッジ経営クラウド
「Qast」の開発・運営をしており、これまでに約 5,000 社に導入されています。

今回の資金調達は、全職種(ビジネス、開発、コーポレート)における体制強化を図るための人材採用
と(採用ページ:https://careers.anyinc.jp)、ナレッジマネジメントを組織に浸透させるために一連のサイクルを回す独自の仕組み【Qast サイクル】の開発を進めることを目的としています。
さらに、Qast そしてナレッジマネジメントを世の中に普及させるために広告などのマーケティング費
用への投資を加速します。

個人が持つ知識やノウハウを組織のナレッジとして一箇所に蓄積し、企業全体の生産性を高める「ナレ
ッジ経営」は、テレワーク渦において注目の経営手法であり、企業の持続的な活動のために不可欠です。しかし、多くの企業がそれを定着させることへ課題を感じており、「Qast」を導入する最大の理由にもなっています。

「Qast」は、この課題を根本から解決するために【Qast サイクル】をはじめ今後様々な機能拡充を予
定しており、ビジョンである「チームシップが根付いた世の中に」を実現するべく、事業拡大のスピードを加速します。

第三者割当増資 引受先

・DIMENSION 株式会社(新規)
・Archetype Ventures(既存)
・みずほキャピタル株式会社(新規)
・株式会社 ICMG Partners(新規)
・新生企業投資株式会社(新規)

投資家各社のコメント

DIMENSION 株式会社 ビジネスプロデューサー 下平 将人氏

any は「チームシップが根付いた世の中に」をビジョンとしナレッジ経営クラウド「Qast」を提供するスタートアップ企業です。はじめて吉田さんとお話した際、正直申し上げると一般的なナレッジマネジメントツールなのではないかと感じたのですが、実際、社内のメンバーで活用し、お客様へのインタビューを進めていくなかで、既存のツールでは解決しきれない課題感について、独自の UI・UX を提供し解決を図られているプロダクトの独自性や深く刺さっている顧客像が見え、その成⾧を確信し今回リードで出資させていただきました。
DIMENSION 一同、ビジョン実現に向けてご一緒できることを楽しみにしています。

Archetype Ventures Managing Partner 福井 俊平氏

前回ラウンドの出資に引き続き、今回シリーズ A ラウンドでも 2 回目となる出資をさせて頂けことを大変嬉しく感じております。コロナによって加速した新しい働き方によって、ナレッジの属人化やナレッジの分断は大きな社会の課題となっていると認識しています。any が提供するナレッジ経営クラウド「Qast」は、組織や、時には会社という壁を乗り越えて”ナレッジの民主化”を推し進められる可能性を秘めた社会的意義の強いサービスだと思っており、その世界観を着実に作り続けるチームと今後の展開に大きく期待しております。

みずほキャピタル株式会社 代表取締役社⾧ 大町 祐輔氏

自然災害や地政学リスクをはじめとする様々なリスクが顕在化する中、企業やあらゆる組織団体におい
て、変化への迅速で的確な対応が求められており、ナレッジマネジメントの重要性が増しております。
加えて、働き方の多様化や人材の流動化が進み、ナレッジマネジメントの難易度は益々高くなっていま
す。any 株式会社の「Qast」は、社内に分散しているナレッジを集約・共有し活用する「ナレッジ経営」を実現する SaaS 型サービスです。今回、みずほキャピタルは any 株式会社の「一人一人のナレッジを、組織の力に」というミッションに共感し、出資させて頂きました。吉田社⾧をはじめとする any 株式会社の皆様と共に、チームシップが根付いた社会の実現に貢献して参ります。

株式会社 ICMG Partners 代表取締役 舩橋 元氏

Qast は、各社員が持つナレッジを Q&A 型で組織知として蓄積、シェアリングすることで、企業の価値向上に貢献するナレッジマネジメントツールです。Qast の導入企業が増えることによって、⾧年の日本企業の課題であったナレッジマネジメントが適切に行われるようになり、今後の日本企業の成⾧にも繋がると考えております。ICMG グループでも Qast を採用し、日本大企業クライアントへも導入の支援をしていきたいと思います。

新生企業投資株式会社 ディレクター 大村 龍太朗氏

any が解決を目指す課題への共感と、解決によってもたらされるインパクトの大きさに期待し、出資させていただきました。日々の業務においては、個人が経験して習得したナレッジを、顧みたり共有したりすることが効果的に行われておらず、大きな機会損失を生んでいます。any は、「できたら理想、だけど運用と定着が大変」なナレッジ経営を、優れたプロダクトとサポートで「できて当たり前」に変えてくれると確信しています。

ナレッジ経営クラウド「Qast」とは

社内に埋もれている個人のノウハウやナレッジを引き出し、組織全体のパフォーマンスを最大化するナ
レッジ経営クラウドです。社内知恵袋/社内 wiki のハイブリッド型ナレッジ共有ツールで、社内の情報やナレッジを一元化し、すぐに検索できます。
自動タグ付けやナレッジ経営に必要な分析ダッシュボード、全ユーザーのスキルを可視化するユーザープロフィール等を備えており、業界問わず利用できるクラウドサービスです。

新型コロナウイルスの影響で多様な働き方を余儀なくされた昨今、企業全体でナレッジを蓄積することはますます重要になっています。「Qast」を活用することで、業務やノウハウの属人化を防ぎ、いつでも誰でも社内のナレッジにアクセスすることが可能です。
導入社数は 2022 年 6 月時点で 5,000 社を越えており、2026 年までに 50,000 社の導入を目指しています。

チームシップを発揮し、相手と自分の可能性を信じ、共に遠くへ行ける仲間へ届ける

anyは、今後一緒に働く仲間を強く募集しています。
事業内容やanyに興味をお持ちの方は、お気軽に以下よりお問い合わせください。
https://careers.anyinc.jp
https://anyinc.jp/contact.php

社名any株式会社
設立2016 年 10 月 3 日
所在地東京都千代田区神田錦町 2-2-1 KANDA SQUARE 11F WeWork 内
代表者吉田 和史
事業概要「Qast」の企画、開発、運営
URL公式HP: https://anyinc.jp/
採用 HP: https://careers.anyinc.jp
サービスサイト: https://qast
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント