12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

電力取引スタートアップのエナジーグリッドが、プライベート・デットで18億円を資金調達!

電力卸売業のエナジーグリッドは、ファミリーオフィスや個人の資産家などを引受先とするプライベート・デットにより、約18億円の資金調達を実施しました。資金は大手電力会社や商社から電力を購入する資金に充当し、新電力会社が購入しやすいサイズに小分け販売することで、長期安定的な電力売買のマーケットを創出していきます。

エナジーグリッドの事業と資金調達の背景

2021年7月に設立された同社は、旧一般電力電気事業者や商社から、電力をまとまったボリューム(10MW~50MW)で調達し、新電力会社に小分け(0.1MW~5MW程度)にして販売するビジネスモデルです。電力の小売りは行わず、卸取引に特化している点が特徴。同社がポジションを取って先物取引やデリバティブ、オプション取引等の金融手法を用いることで、電力価格の大きな変動を抑え、新電力各社に電力の安定的な調達機会を提供していきます。

 現在、新電力会社は日本に約800社ありますが、このうちアクティブに取引できている会社は1割強にとどまっています。この理由は、中小規模の新電力会社はクレジット等の理由から、大手電力会社と直接取引することができておらず、価格変動が非常に大きいスポット市場で調達せざるを得ない状況になっているためです。同社はこの両者の間に「卸」として介在し、それぞれの課題に応じたリスクマネージによる具体的な解決策を提示していきます。

今回、プライベート・デットによる資金調達を選択した理由は、「中立性」の担保にあります。既に電力ビジネスを手掛ける事業者ではなく、同社の事業やビジネスモデルに共感したファミリーオフィスや個人の富裕層などから調達することで、情報や取引が制限・制約される懸念を排除しています。すべての電力会社、すべての新電力会社と取引できる中立的なポジションの確立を目指していきます。

創業メンバーからのコメント

城﨑洋平/代表取締役社長
今年1月から先物市場でトレードを開始し、一般電気事業者や商社と取引を始めています。私や副社長の藤原を中心に創業メンバーがこれまで築いてきたネットワークを活かしながら、大手の電力会社や新電力会社の顧客開拓をスピード感をもって進めており、今後半年間で100社程度まで広げていく見込みです。ありがたいことに、関係者の皆様が当社の事業に共感していただく場面が多く、想定していた以上に積極的にサポートしていただけています。大手の電力会社から、現在とくにお困りの中小の新電力会社まで幅広く当社の存在を知っていただき、電力市場の長期的安定と発展に貢献し、「電力の絆」をつむいで参ります。

佐々木誠/取締役財務部長
プライベート・デットはリスク許容度やリターン水準、当社ビジネスへのご関心の度合いに応じてお選びいただけるよう複数のトランシェ(階層)に分けて商品設計しました。私が10年来手掛けてきたマルチファミリーオフィスの顧客基盤をベースに、全国のファミリーオフィスや富裕層の皆様から多くのご賛同を得られ、資金調達はスムーズに進みました。Seed stageでもビジネスモデルをご理解頂くことで18億円の資金調達を実現することができ、スタートアップ企業の資金調達の一つの手段を示すことができたのではないかと考えております。

弁護士 荒井裕樹/社外取締役
当社の事業は、我が国の電力市場の自由化という長期的且つ強力な政策目的を着実に促進・強化するものであり、社会的意義という側面からも時流に即した事業であって、自身の関係先を含め各投資家にも多大なご理解・ご支援をいただいております。又、事業を推進する人的体制の面でも、当社は、大手電力会社、商社及び投資銀行等出身の多彩且つ豊富な知見に裏付けられた強力な布陣を採っており、当社が目指す新しい電力市場機能の創造と発展を期す上で最適な体制となっていると考えております。

【会社概要】

社名エナジーグリッド株式会社
所在地東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー6階
代表者代表取締役社長 城崎 洋平
設  立2021年7月14日
資本金9千2百万円
事業内容電力の小売・卸売取引、商品先物取引等コモディティ、取引全般、および関連事業
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント