12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

HRTechのスタートアップ「HeaR」がパーパス採用を実現するSaaS「ジョブテスト」を正式リリース!

HRTech領域のスタートアップ「HeaR株式会社」は、採用面接の判定を自動化するスキルテストSaaS「ジョブテスト」を2月15日(火)に正式リリースしました。

次世代SaaS「ジョブテスト」とは

2021年、経営戦略やマーケティング戦略において最も重要なキーワードとなった“パーパス”。SDGsにおける「ウェルビーイング」にも代表されるように、企業や個人の存在意義は大きな注目を集めています。

そこで近年、Google社などが取り入れたことで話題になり、欧米では一般的になったのがワークサンプルテストです。HeaR株式会社は、この普及が「学歴格差」「職歴格差」の是正に繋がると考えています。

様々な状況により学歴や職歴がない人でも、自ら学んだことや装着したスキルを定量的に証明し、その力を求める企業に入社できます。従来、履歴書を基に候補者の見極めを行ってきた企業はこの「努力の履歴書」を用いて、候補者が現在持っているスキルを基に判断を行うことが可能です。これは採用活動における新たなスタンダードに他なりません。ですが、国内で採用候補者のスキルを判定するツールは普及していないのが現状です。

スキルテストSaaS「ジョブテスト」が事前登録を開始した2022年1月13日以降、約1ヶ月で120社近く問い合わせがありました。これを鑑みて、今後日本でも拡大する市場であると、同社では確信しています。

既に70種類以上のスキルテストを用意しており、企業が求める人材のスキルに合わせたカスタマイズも可能となっています。ジョブテストは、様々な「格差」による不採用を日本から無くし、ミスマッチの少ない採用を実現します。

サービスが生まれた背景

HeaR株式会社は、「青春の大人を増やす」をミッションに、様々なサービス提供を行っています。累計120社以上の採用コンサルティングや、パーソナルキャリアトレーニングの「シゴトレ」等を通して、雇用機会の可能性の最大化を目指してきました。

残念ながら現代社会には学歴格差や職歴格差が存在し、その事実に苦しんでいる求職者が多く存在します。一方、これまでの事業展開を通じて「学歴や職歴はないものの、素晴らしいスキルを身につけた求職者が多くいる」ことも確信しています。肩書きによって埋もれてしまう才能が多い社会では、青春の大人は増えていかないのではないか。そんな想いから生まれたのがスキルテストSaaS「ジョブテスト」です。

【会社概要】

HeaR株式会社は2018年設立、五反田に本社をおくスタートアップです。
コーポレートHP: https://www.hear.co.jp/

累計120社以上(ヤフー株式会社、リクルートグループ、コインチェック株式会社など)を支援した採用コンサルティング事業、立ち上げ1年でユーザー数を30倍に増やしたキャリアトレーニング事業などを運営しています。NewsPicks、Excite、HR NOTEなどのウェブメディアへの掲載実績もあります。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント