12.8 C
Japan
木曜日, 6月 30, 2022

定額制パーソナルフード「GREEN SPOON」の累計販売数が100万食を突破!アンケート調査結果も公開

“たのしい食のセルフケア文化を創る”をミッションに掲げ、日々のカラダや生活に合わせて、一人ひとりに合わせた野菜が毎月自宅に届く、定額制パーソナルフード「GREEN SPOON(グリーンスプーン)」の、2020年3月25日(水)リリース時から2022年2月15日(火)までの累計販売数が100万食を突破しました。

累計販売数100万食突破について

昨年2021年6月の50万食突破から、約8ヶ月で2倍の100万食に成長しました。販売数の内訳としては、季節を問わず約50%を野菜スープが占め、GREEN SPOONの野菜スープを日常の一部として取り入れている利用者が増えています。

2021年9月には新商品のホットサラダ、2021年11月には新作野菜スープ8種を発売するなど、既存の利用者にも飽きずに楽しんでもらえる機会を提供するほか、取扱いECモールの拡大、ホテルでの提供により、新たなユーザーとの接点も拡大中です。

アンケート調査でわかった「コアなGREEN SPOONユーザー」像

累計販売数100万食突破を記念し、GREEN SPOONのサブスクプランを3ヶ月以上継続しているユーザーにアンケート調査を実施しました。

1. 幅広い年代・家族構成が愛用

30代〜40代を中心に、幅広い年齢層が愛用しています。家族構成についても、一人暮らしの単身者が48%以上を占めるとともに、家族と暮らす利用者も約37%と多くいました。

一人暮らしの一食としてだけでなく、小さな子どもがいて夕食をつくる時間が取りづらい方にも、家族で安心して食べられる一品として愛用されています。

2. 健康意識は「普通」、自炊の大変さを実感している利用者が多数

自身の健康意識についてアンケートしたところ、「普通だと思う」が42.2%ともっとも多かった回答に。さらに週1回以上の自炊習慣があるユーザーが80%以上という結果となりました。

健康は気にしているものの、自炊する大変さや、健康的な生活を続ける難しさを実感しているからこそ、冷凍でいつでもストックでき、レシピを考えたり、洗い物をする手間もなく、多種多様な野菜が摂れるGREEN SPOONに魅力を感じていると考えられます。

3.「手軽にたくさんの野菜が摂れる」

「GREEN SPOONを利用していて感じる主なメリット」を自由回答してもらった中から頻出する単語をワードクラウドとして抽出しました。

その結果、

・野菜
・フルーツ
・種類
・たくさん
・手軽
・バリエーション

といったキーワードが多く見られました。

このような回答から、「たくさんの野菜やフルーツを、飽きずにいつでも手軽に食べられる」ことにGREEN SPOONの大きな価値を感じていることがわかりました。

会社概要

株式会社Greenspoonは、”たのしい食のセルフケア文化を創る”ことをミッションに掲げ、定額制パーソナルフード「GREEN SPOON(グリーンスプーン) https://green-spoon.jp/ 」の企画・製造・販売を行っています。

「GREEN SPOON」ではパーソナルテストによって、ひとりひとりのカラダや生活習慣に必要な栄養素を特定し、最適な野菜やフルーツ、ゴロゴロ食材をスムージー、野菜スープ、ホットサラダにして届けています。

社名株式会社Greenspoon
所在地東京都渋谷区千駄ヶ谷3-16-12 第一FMGビル3F
代表者代表取締役CEO 田邊友則
資本金9億6995万円(資本準備金含む)   
事業内容定額制パーソナルフード「GREENSPOON」の企画・製造・販売
URLhttps://greenspoon.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント