12.8 C
Japan
土曜日, 2月 4, 2023

スタートアップスタジオって何?

スタートアップスタジオという言葉を耳にしたことがあるでしょうか?
スタートアップスタジオとは、いま日本でも徐々に広がりつつある新規事業立ち上げのための投資形態のひとつです。普通の投資ではなく、より踏み込んだ支援を行います。
今回の記事では、スタートアップスタジオとは何かについて解説します。スタートアップスタジオに興味がある人は、ぜひ参考にしてくださいね。
※本記事は、2021年12月27日 noteに公開されたものを転載しています。

スタートアップとは

そもそも、スタートアップの定義とは何なのでしょうか。

スタートアップとは、革新的なビジネスモデルで急成長を目指す会社・組織のことです。会社そのものだけでなく、既存の会社のイノベーティブな事業のことを指して言う場合もあります。

最終的なゴールはイグジット※1。「社会に新しい価値を提供する」ことが目的であるため、事業の維持・拡大は違ったフェーズで行われます。

また、似ている言葉として「ベンチャー企業」がありますが、ベンチャー企業は着実な成長で中長期的に社会の課題を解決するのが目的です。

基本的には既存のビジネスモデルによって規模拡大と堅実な収益増を狙います。「スモールビジネス全般」とほぼ同義だと考えてもいいでしょう。

スタートアップ曲線を拡大表示

そのため、スタートアップとベンチャー企業の成長曲線の描き方には上記のような違いが出ます。

※1:イグジットとは、株式を売却して利益を得ること。主な方法としてIPO(株式公開)やバイアウト(第三者への株式売却)がある。

スタートアップスタジオとは

スタートアップスタジオとは、スタートアップの立ち上げ支援を行う組織のことです。

スタートアップは急角度の成長曲線を描くが故に、資金や人材が慢性的に不足しています。ノウハウも十分でないことがほとんど。成功率は1割以下とも言われている厳しい世界です。

社会にポジティブなインパクトを与えうる革新的なアイデアが、リソース不足で実現されないのはもったいないですよね。

スタートアップスタジオは、そんなアイデアは持っているものの、基盤が不安定な起業家に対して、リソースを惜しみなく提供する場所です。し、立ち上げ段階からともに事業を作り、成功の確率を上げます。

スタジオには、資金調達を手伝うための準備や、事業を成功に導くためのノウハウがそろっています。また、同時に多数の起業家の支援を行うことも特徴です。

VCやエンジェルとの違い

スタートアップスタジオと似た業態のものとして、VCやエンジェル投資家が挙げられます。

VC(ベンチャーキャピタル)・・・ベンチャー企業やスタートアップに対して出資を行う投資会社のこと。

エンジェル(投資家)・・・立ち上がったばかりの企業やビジネスに対して出資する個人投資家のこと。VCで扱うことが少ない小〜中規模の出資も行う。

VC・エンジェルとスタートアップスタジオの最も大きな違いは、スタートアップとの関わり方にあります。

VC・エンジェルは主に起業家が求める資金などの必要資源を支援する形をとっているのに対し、スタートアップスタジオは起業家と一緒に事業を立ち上げます。

スタートアップスタジオは、スタジオ内部に蓄積されたノウハウを提供し、人的リソースの提供なども行います。起業経験が浅い人や基盤がない人に向いている支援形態といえます。

スタジオ出身のスタートアップ例

では、実際にスタジオ発で成功しているスタートアップにはどんな企業があるのでしょうか。

ここではスタジオ出身で実際にイグジットまでたどり着いた国内外の事例を紹介します。

1. Photosynth(フォトシンス)

アケルンを拡大表示

2021年11月にマザーズ上場したPhotosynth※2は、立ち上げ期にスタートアップスタジオGaiaxから支援と出資を受けています。

Photosynthは世界初の後付型スマートロックロボット「Akerun」を提供するIoT企業で2。

なんと現在では都内で7.4%※3、大手企業を含む5000社以上で導入されており、急速な拡大を見せています。

※2:Photosynth『東京証券取引所マザーズ市場への上場に関するお知らせ』
※3:Gaiax『スマートロックAkerunのフォトシンス代表 河瀬航大氏の活躍を知る動画/記事5選』

2. bit.ly

画像3を拡大表示

海外での有名な事例としては、 URL短縮サービスの​​bit.lyが挙げられます。利用したことがある人も多いでしょう。

bit.lyは、Twitterでは140文字以内のツイートしかできないことに着目。長いURLを短縮して投稿や文面をスッキリさせることができるクラウドサービスを立ち上げました。

​​bit.lyはニューヨークに拠点を持つスタートアップスタジオ、Betaworks(ベータワークス)出身の企業です※4。

Betaworksは2008年設立でスタジオの草分け的存在で、bit.ly以外にも GIF画像をストック&シェアできるGIPHYや、ブログフォローができるbloglovin’に対する出資も行っています。

※4:betaworks公式サイト Build

まとめ

今回は、スタートアップスタジオとは何かについてご紹介しました。

まだまだ国内ではポピュラーとは言い難いスタートアップスタジオですが、現在大企業や自治体が運営するスタジオが次々と立ち上がっており、今後より注目される存在になっていくことは間違いないでしょう。

本記事がスタジオの役割や仕組みについての理解を進める一助になれば幸いです。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Vianote
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント