12.8 C
Japan
木曜日, 5月 26, 2022

【アクセラレータープログラム「G-STARTUP」】第4期採択企業が決定!|進化したプログラムでシード期から事業成長支援を加速!

グロービスは、スタートアップ企業を対象とするアクセラレータープログラム「G-STARTUP」において、第4期の採択企業10社を決定しました。2022年1月19日(水)より、採択企業に対して、成功した起業家やベンチャー支援の専門家などによる講義、現役のベンチャー・キャピタリストによるメンタリングを通じたプロダクト開発・事業開発・資金調達の支援を開始。今期よりプロダクト開発前の起業志願者へも対象を拡大、シニア・アドバイザーとしてグロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーの仮屋薗聡一が参画し、さらに進化したプログラムによってユニコーン経営者としての視座の引き上げと事業成長支援を加速します。

「G-STARTUP」は、「ユニコーン企業を100社輩出するプラットフォームの構築」を目指し、2019年4月にスタートした。将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家を採択し、プロダクト・ビジネスモデル・チームの成長を手助けし、ユニコーンとしての成長に必要な資金調達を支援する。過去3回のBatchを通して、MainTrackとして39社、IncubateTrackとして60社の合計99社を採択し、G-STARTUPファンドからは、採択企業のうち10社以上に投資を行ってきた。また、GCPから2件、KIBOW社会投資ファンドから2件の投資につながっている。

「G-STARTUP」4th Batch MainTrack 採択企業 10社 ※五十音順 (掲載希望企業のみ)

株式会社IB
株式会社AZOO
株式会社anystyle
株式会社アロエ
株式会社Ex-Work
KAERU株式会社
株式会社Scrumy
スターティーチ株式会社
株式会社FLINTZ
Morus株式会社

2022年4月4日(月)には、プログラム期間中の成果を発表するDemo Day(成果発表会)の開催を予定しており、GCPを始め、国内有数のベンチャー・キャピタル、エンジェル投資家ら出資検討者を招聘して資金調達の機会が提供される。

G-STARTUPは、年2回プログラムを開催しており、次回5th Batchは7月頃の開始を予定している。5th Batch以降は、起業家のタイミングで応募が出来るよう、通年での募集・選考を開始を計画しており、詳細については今後掲載するリリースまたはG-STARTUP公式サイトにて発表となる。

「Incubate Track」として採択するスタートアップ企業・チーム

今回MainTrackとして採択した企業10社に加え、15社の有望なスタートアップ企業・チームがIncubate Trackとして採択された。メンターとのマッチング、Demo Dayでの発表、原則投資以外は、Main Track採択企業とほぼ同様の学びや人的ネットワークなど、事業をブラッシュアップする機会が提供される。また今期より、Incubate track向けのプログラムとして、シニアアドバイザー仮屋薗聡一によるグループメンタリング、セレクティブDemo Dayでの発表機会の提供が開始。今期のIncubate track採択企業は以下の通りである。(掲載希望企業のみ)

株式会社Artrigger / 株式会社Outnow / イクラ株式会社 / エキュメノポリス / 株式会社OH YEAH / 株式会社想ひ人 / キビタス株式会社 / 株式会社すばる / 株式会社Tangent /  Tooon株式会社 / 株式会社NappsTechnologies / 株式会社villio / 株式会社My Fit 

「G-STARTUP」 概要

ユニコーン企業を100社輩出するプラットフォームの構築を目指し、将来的に日本を代表するベンチャー企業へ成長することが期待されるスタートアップの起業家を支援するアクセラレータープログラムである。成功した起業家のファカルティとの対談や、採択企業がユニコーンを目指すために必要な視点や最新の経営知を授ける講義を実施。現役ベンチャー・キャピタリストのメンターによる伴走を通じて、ユニコーンに向けた資金調達をサポートしていく。採択企業とグロービス双方の合意に基づき「G-STARTUPファンド」より出資を実施。投資先総数は10社以上となる。

グロービス について

グロービスは1992年の設立来、「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきた。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS 知見録」により、これを推進している。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開する。

グロービス:
学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)/英語(東京、オンライン)
株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS 知見録」/「GLOBIS Insights」
・「GLOBIS 学び放題」/「GLOBIS Unlimited」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.
GLOBIS USA, Inc. 

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

社名株式会社グロービス
設立1992年08月
資本金東京都千代田区二番町5-1
住友不動産麹町ビル
代表者堀義人
URLhttps://www.globis.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント