12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

「大東建託アクセラレーター2021」新規事業の共創に向け、スタートアップ企業4社と実証実験を開始!

大東建託株式会社は、12月より、オープンイノベーションプログラム「大東建託アクセラレーター2021」において、新規事業の共創に向け、スタートアップ企業4社と実証実験を開始しました。

「大東建託アクセラレーター」とは

「大東建託アクセラレーター」は、スタートアップ企業の革新的なアイデア・技術と、同社グループが保有するリソースをかけ合わせることで新規事業創出や既存事業の進化を目指すプログラムです。2回目となる今回は76社から応募があり、そのうち4社が最終選考を通過しました。同社グループは今後、4社との事業共創を目指し、実証実験を経て、具体的な事業計画の検討を進めていく予定です。

「大東建託アクセラレーター2021」 概要

【募集期間】 2021年6月28日(月)~ 2021年7月26日(月)
【対象企業】 国内外すべてのスタートアップ(業種不問)
【募集テーマ】
 テーマ1 : 土地や資産活用の悩みを世の中からなくしたい!
 テーマ2 : 誰にとっても心地よい・楽しい暮らしを実現したい!
 テーマ3 : 建設現場の働きやすさと魅力を高めたい!
 テーマ4 : 不動産仲介・管理をテクノロジーによって変革したい!
 テーマ5 : 暮らし、ライフスタイルなど多様なニーズにワンストップで応えたい!
【大東建託が提供可能なリソース】
 (1) 賃貸物件入居者様や物件オーナー様とのつながり
 (2) 日本で一番住宅をつくっている会社の蓄積データ
 (3) 全国に展開する建築現場
 (4) 全国で活躍するスタッフや支店
 (5) 生活総合支援企業を目指すグループ会社

選考通過企業① 英幸テクノ株式会社 
(本社:長野県諏訪市、代表取締役:安川 昌昭氏)

〈テーマ〉
5G高速通信を実現する技術「ナミゲート」による、DXサービス事業の共創

データ通信に用いられる無線通信波は、建物の外壁や窓ガラス、屋内壁に用いられるコンクリートや木材、ガラスなどの非金属建材を透過して建物内部に届いていますが、一部が表面で反射してしまい、建物内部の通信環境が悪化してしまう場合があります。英幸テクノ株式会社は、外壁や窓ガラスに取り付けることで、電波の透過率を高め、屋内の通信環境改善につなげる製品「ナミゲート」を開発・提供しています。

同社の「ナミゲート」を大東建託グループの賃貸建物に取り付けることで、建物内の5G通信の電波強度を改善し、入居者にとって快適なインターネット環境の提供や、オンライン医療・介護サービスなどの新しいDXサービス事業の共創を目指します。

【代表者コメント】
英幸テクノ株式会社 代表取締役 安川 昌昭氏

「巣ごもり」がニューノーマルとなった今日、屋内の高速通信環境がますます重要になっています。英幸テクノは無電源で簡単に屋内の高速通信を実現する「ナミゲート」技術で、住宅における新規DXサービスの実現に貢献します。

選考通過企業② 株式会社グラファー 
(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:石井 大地氏)

〈テーマ〉
行政・自治体リソースを活用した快適な暮らしの情報提供サービス

株式会社グラファーは、さまざまな自治体と連携し、従来、窓口や郵送で行われてきた転出届、上下水道の開始・休止などの行政手続きを、オンラインで行えるサービスを開発・提供しています。

同社のサービスと大東建託パートナーズ株式会社が提供するプラットフォーム「ruum」を連携させることで、「ruum」上で行政手続きを可能にする他、利用者の利用データをもとにおすすめ商品情報を提供する新ビジネスの創出を目指します。

【代表者コメント】
株式会社グラファー R&D事業部 宮脇 大氏

就職や結婚、出産、引っ越しといったライフイベントに際しては、さまざまな行政手続きが必要です。手続きの不便や面倒を解消し、多くの皆様にもっと「快適な暮らし」を提供できるよう、大東建託グループと取り組んでいきます。

選考通過企業③ 株式会社ニーリー 
(本社:東京都中央区、代表取締役:佐藤 養太氏)

〈テーマ〉
月極駐車場管理を起点とした賃貸経営受託システムの充実と拡大

株式会社ニーリーは、月極駐車場の利用者向けオンライン契約システムの運営や、駐車場管理会社向けに募集・契約・決済・更新・電話対応などの管理を代行するサービス「Park Direct」を提供しています。

このサービスを活かし、月極駐車場を個人で管理している全国のオーナー向けに、大東建託独自のオンライン駐車場管理サービスの立ち上げを目指します。将来的には、EV(電気自動車)の充電スタンド情報提供など、次世代モビリティの利便性向上につながる事業創出も図ります。

【代表者コメント】
株式会社ニーリー 代表取締役 佐藤 養太氏

「オンライン契約」「DX」、そして世界的に機運が高まっている「EV(電気自動車)化」の後押しを、大東建託グループと「Park Direct」とで力を合わせることにより、加速させていきたいと考えています。

選考通過企業④ 株式会社Nossa 
(本社:神奈川県二宮町、代表取締役:福井 高志氏)

〈テーマ〉
大東建託×Nossa360による遠隔業務支援ソリューション

株式会社Nossaは、360度カメラの映像を配信し、閲覧者側がカメラを自由に操作しながら通話できるコミュニケーションツール「Nossa360」を開発・提供しています。

同システムを当社の建設現場に導入することで、通常のカメラではわからない現場の様子を確認することができます。それによって遠隔での現場確認・検査などの施工管理や、施工協力会社に向けた技術支援サービスの共創を目指します。

【代表者コメント】
株式会社Nossa 代表取締役 福井 高志氏

実証実験の機会を得られたことをうれしく思います。実証実験を通じて建設現場のオペレーションを理解し、建設現場の働きやすさを高められるよう、現場からのフィードバックをスピーディーに反映してプロダクトを改善していきます。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント