12.8 C
Japan
水曜日, 12月 8, 2021

【セルファイバ×荏原製作所】再生医療・細胞治療の普及に向けて共同研究開発を開始!

細胞量産技術開発スタートアップの株式会社セルファイバは、インフラ・産業用機械の設計・製造を行う株式会社荏原製作所と、細胞カプセル化装置の開発に関する共同研究開発を開始しました。本共同研究は、再生医療・細胞治療の普及にあたってハードルとなる製造技術の課題を解決しうる取り組みとなります。

「セルファイバ×荏原製作所」共同研究開発の背景

セルファイバは2015年4月に設立された東京大学発スタートアップです。後述の「細胞ファイバ」をコア技術とし、「『細胞をつかったものづくり』で地球規模の課題解決に貢献する」をミッションに掲げています。既に細胞量産技術及び細胞カプセル化装置の試作に成功し、現在は医療をはじめとした細胞産業の普及に貢献すべく、細胞カプセル化装置の製品化に着手しています。

がんをはじめとする難病の新治療法として期待される細胞医薬品、失われた身体の機能・組織を補う再生医療等製品など、細胞を用いた最先端医療技術が注目を集めていますが、これら細胞治療に用いられる細胞は依然として手作業に依存した製造工程が主流であり、製造の合理化は喫緊の課題となっています。

セルファイバは、細胞ファイバ技術を用いて、高品質な細胞を高密度で培養する「高生産培養」を実現しました。自動培養装置との組み合わせにより、1ロットあたりの生産量を飛躍的に高めることが期待されます。

細胞ファイバ技術の概要

細胞ファイバ技術は、髪の毛ほどの細さの中空ハイドロゲルチューブ内に細胞を封入し、培養する技術です。

周囲のゲルが内部の細胞を保護しつつ過剰な凝集を防ぐため、従来培養法に比べて細胞を良好な状態で長期間維持することができます。同時に、チューブ内に閉じ込められた細胞から物質が分泌されると、その物質のみがチューブ外に放出されることから、物質生産においても有用な基盤技術といえます。

「細胞ファイバ」の顕微鏡観察像

共同研究について

セルファイバでは、細胞産業に関わる事業者が広く細胞ファイバ技術を利用できるよう、細胞カプセル化装置の製品化を行っています。そこで、このたび産業用機械・装置の設計や製造において豊富な経験を有する荏原製作所との共同研究開発を開始しました。

荏原製作所コメント

荏原製作所は、長期ビジョン「E-Vision2030」で掲げる「進化する豊かな生活づくり」に貢献するため、これまで培ってきたさまざまな当社の技術を活用できる新規事業の創出を目指しています。

セルファイバが開発した細胞ファイバ技術と、当社の流体技術・装置設計のノウハウを組み合わせて細胞カプセル化装置の開発を行い、今後の再生医療・細胞治療の普及を目指します。

【株式会社セルファイバについて】

・設立年月:2015年4月1日
・所在地:〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟216
・代表者:柳沢 佑、安達 亜希
・資本金:66,650,000円
・事業内容:細胞ファイバ技術を用いた、細胞大量培養ソリューションの開発
・公式サイト:https://cellfiber.jp/

株式会社荏原製作所について

・設立年月:1912年11月
・所在地:〒144-8510 東京都大田区羽田旭町11-1
・代表者:取締役 代表執行役社長:浅見 正男
・資本金:794億円
・事業内容:インフラや産業用機械、装置の設計・製造およびサービス&サポート
・公式サイト:https://www.ebara.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる

【共創案募集】エネルギー、都市環境、リサイクル、橋梁etc。デジタル×社会インフラで未来のまちづくりをしませんか|JFEエンジニアリング

【オープンイノベーションインタビュー】総合エンジニアリング企業として、環境・上下水・エネルギープラント、橋梁などの構築や運営、リサイクル・発電事業など、生活に不可欠な事業を展開しているJFEエンジニアリング。SDGsの達成やカーボンニュートラルの実現に向けて、同社が持つ技術や強みにスタートアップのデジタルを活用したアイデアや技術を掛け合わせ、社会課題の解決や新たなビジネスモデルの創出を目指すべく、DX領域でのアクセラレータープログラムを開催しています。具体的にどのような顧客価値を創出したいのか、本プロジェクトを推進する技術本部ICTセンターDX推進部にお話を伺いました。 #募集 #JFEエンジニアリング #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【インタビュー】学生時代から今に至るまで「事業を作る」をテーマにキャリアを歩み、Crewwで執行役員へ

【Crewwインタビュー】Creww採用担当者による、同社のメンバーと会社の雰囲気を伝えるためのインタビューが、ビジネスSNS「Wantedly」に公開されました。今回のインタビュイー は、学生時代の起業からスタートして、事業や組織の課題に向き合いながらCrewwにて今期から執行役員に就任した、中島克也(ナカジマ カツヤ)さんです。この5年半Crewwはどう変化し、中島氏自身はどう変わったのか。そしてCrewwのビジネスのこと、仲間のことについて聞きました。 #インタビュー #Wantedly #大挑戦時代をつくる #Creww

「世界を農でオモシロくする」スタートアップ|The CAMPus BASEが目指す持続可能な農事業とは

【スタートアップの流儀/インタビュー】成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、「大変でしんどくて儲からない」という従来のイメージに反し、農業は「カッコ良くて、これからの可能性に満ちている」と気付いたことから、「世界を農でオモシロくする」を企業理念に据え、「農」に関わるコミュニティ事業・スクール事業・ブランディング事業を展開するスタートアップ、The CAMPus BASEにフォーカス。「都会で生きてきたビジネスパーソンこそ農業に向いている」と語る、同社代表の井本 喜久氏にお話を伺いました。 #AgriTech #アグリテック #スタートアップ #インタビュー #TheCAMPusBASE #NOUONLINESALON #コンパクト農ライフ塾 #地域農ブランディング事業 #世界を農でオモシロくする #AKEMILEMON #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント