12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

Ubie×ファイザー、過活動膀胱患者への医療機関受診サポートを目指し協業開始

Ubieとファイザーは、切迫性尿失禁をはじめとする過活動膀胱の症状で悩む方々の医療機関への早期受診に繋がる一助となるために、Ubieが提供するWeb医療情報提供サービス「ユビーAI受診相談」と、ファイザーが提供する疾患啓発サイト「UUI相談室」の連携を10月から開始した。本協業は、ファイザーのスタートアップ企業とのオープンイノベーション「ファイザー ヘルスケア・ハブ・ジャパン」(※1)から生まれた取り組みである。

疾患の背景:相談しにくいOAB症状、女性で低い受診率

過活動膀胱(OAB:overactive bladder)は、尿意切迫感を必須の症状とする症状症候群である。また、切迫性尿失禁(UUI:Urgency Urinary Incontinence)はOABの症状のひとつであり、突然がまんできないような強い尿意を感じ、トイレに間に合わずもれてしまうものを指す。

日本排尿機能学会が2003年に公表した疫学調査結果(※2)を2012年の人口構成にあてはめると、40歳以上の男女のうち、OABに該当する患者さんは1,040万人と推計される。そして、この1,040万人うちUUIを有する方は750万人、UUIが週1回以上の頻度で発現する方は539万人と推計されている。

その一方、排尿に関する症状について、医師への相談のしやすさを患者さんに聞いた調査結果(※3)では、尿失禁は男女とも最も相談しにくい症状と示された。また、医療機関受診率はOAB症状のある方のうち22.7%(男性36.4%,女性7.7%)であったと報告されている(※2)。
このようにOABの患者さんは1,000万人以上おられるにもかかわらず、医師への相談に躊躇し、医療機関の早期受診に繋がっていないことが想定されるのである。

両社の情報提供:「ユビーAI受診相談」と「UUI相談室」

Ubieは生活者が質問にスマートフォンやPCから回答することで、その症状について相談可能な医療機関を調べられるサービス「ユビーAI受診相談」を提供している。また、ファイザーは、UUIをはじめとしたOAB症状等で悩む方やその家族の役に立つ疾患啓発サイト「UUI相談室」を展開している。

協業の詳細:OABで困窮する患者の早期受診に繋げるために

医療機関への受診を躊躇し、OABで困窮する患者の課題を解消するため、両社はOABに関する情報提供で協業する。今回の協業では、「ユビーAI受診相談」に訪問した人が、OABに関連する症状で困っていると回答された場合、OABの情報およびファイザーの「UUI相談室」のリンクが表示され、リンク先でUUIをはじめとするOAB関連の充実した情報が取得できる。

また、「UUI相談室」のトップ画面には「ユビーAI受診相談」のリンクが表示され、リンク先において、OABに悩む方が関連する症状を回答後に、近隣の泌尿器科等の医療機関を検索することが可能となっている。
両社は以上の協業により、患者さんへの情報提供を充実させ、UUIをはじめとするOAB症状で困窮する患者に貢献することを目指している。


※1:ファイザー ヘルスケア・ハブ・ジャパンとは
デジタルヘルステクノロジーやサービスを持つスタートアップ企業と協業し、患者さんにより良い解決策の提供を目指す、ファイザー社の世界的オープンイノベーションの取り組みである「Pfizer Healthcare Hub」の日本版である。

Ubieは2018年11月、および2020年8月開催のピッチイベントに登壇。両社はこの取り組みをきっかけに協議を重ね、今回の協業が実現した。

URL:https://www.pfizer.co.jp/pfizer/development/innovation/healthcarehub.html

※2:本間之夫ほか:日本排尿機能学会誌 14(2):266, 2003
※3:外山学ほか:日本臨床内科医会会誌 24(1):108, 2009

生活者向け「ユビーAI受診相談」について

「ユビーAI受診相談」は生活者の適切な医療へのかかり方をサポートするWeb医療情報提供サービスである。いつでもどこでも気になる症状から関連する病名と適切な受診先を調べることができる。かかりつけ医等地域の医療機関や、#7119等の救急車対応、厚生労働省等の公的な電話相談窓口への適切な受診行動を支援する。 2021年9月現在、月間300万人以上が利用している。

URL:https://ubie.app/

UUI相談室について

本サイトではUUIをはじめとするOAB症状の原因と対策、医療機関の受診に関する医師や患者の声、検査や診察の流れ、尿もれや頻尿についてのお役立ち情報など幅広い情報を、OAB患者とその家族に提供している。また、患者が言い出しにくい症状を医師に伝えることが可能な「問診シート」を提供しUUIをはじめとするOAB症状に悩む患者に貢献している。

URL:https://www.oab-info.com/

Ubie株式会社について

「テクノロジーで人々を適切な医療に案内する」をミッションに掲げ、医師とエンジニアが2017年5月に創業したヘルステックスタートアップである。AIをコア技術とし、症状から適切な医療へと案内する「ユビーAI受診相談」と、医療現場の業務効率化を図る「ユビーAI問診」を開発・提供。誰もが自分にあった医療にアクセスできる社会づくりを進める。

社名Ubie株式会社
設立2017年5月
所在地〒103-0022  東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6階
代表者共同代表取締役 医師 阿部 吉倫
共同代表取締役 エンジニア 久保 恒太
URLhttps://ubie.life

ファイザー株式会社について

ファイザーはサイエンスとグローバルなリソースを活用し、人々が健康で長生きし、生活を大きく改善するための治療法を提供している。また、革新的な医薬品やワクチンを含むヘルスケア製品の探索・開発・製造における品質・安全性・価値の基準を確立している。ファイザーの社員は、生命や生活を脅かす疾患に対するより良い予防法や治療法を提供することで、日々、世界中の人々の健康に貢献。世界有数の革新的医薬品企業の責務として、信頼できる医療に誰もが容易にアクセスできるよう、世界中の医療従事者、政府、地域社会と協力している。人々の期待に応えるため、ファイザーは、70年以上にわたり前進し続けてきたのである。

社名ファイザー株式会社
設立1953年8月
所在地〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7新宿文化クイントビル
代表者代表取締役社長 原田 明久
URL日本法人 www.pfizer.co.jp
グローバル www.pfizer.com
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント