12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

【渋谷区×手ぶら登園】紙おむつ定額サービスの実証実験を11月より開始!

BABY JOB株式会社は、東京都渋谷区の公立保育所において、同社とユニ・チャーム株式会社が提供する、保育所向け紙おむつの定額サービス「手ぶら登園」の実証実験を、2021年11月より2か月間実施します。

実証実験の概要

東京都渋谷区は、「産みやすく、育てやすく、預けやすい まち 渋谷」を目指して、子育て支援の取り組みを積極的に行っている自治体です。

また、2020年6月より「Innovation for New Normal from Shibuya」を立ち上げて、スタートアップ企業や大学、研究機関などから、社会課題を解決する新しいテクノロジーやアイデアなどを公募し、実証実験を行っています。

今回、「Innovation for New Normal from Shibuya」の取り組みの一環として、2021年11月から紙おむつ定額サービス「手ぶら登園」の実証実験を渋谷区にて2か月間行うことになりました。子育てに関する社会課題を官民連携のオープンイノベーションで解決していく取り組みです。

実証実験を行うのは、渋谷区内にある18園の公立保育所全てでの実施になります。実証実験中の料金はBABY JOBで負担し、おむつやおしりふきが保育所に届けられ、使い放題になります。

通常、保護者が紙おむつ1枚1枚に子どもの名前を書いて、毎日5~6枚を保育所に持参しなければならず、子育てと仕事で忙しい保護者の大きな負担になっています。また、保育所側にとっても、紙おむつに名前を書いて持ってきてもらうことで、園児ごとに個別管理しなければならなくなり、業務の負担になっていました。

「手ぶら登園」の導入により、保育所に直接紙おむつが届くため、保護者は名前を書く手間や、持参する手間が無くなります。また保育所側も紙おむつの個別管理が無くなるため、保育士の業務の負担を軽減され、子どもと向き合う時間を増やすことができます。

【実証実験ついてのコメント】

渋谷区役所 子ども家庭部保育課 課長  坂路 雄氏

私自身も子育て中の身なので、おむつに名前を書いたり、送迎時におむつをロッカーにセッティングしたりしていました。おむつの残り具合を写真に撮って妻と共有したりしていたので、そのような手間が少しでも減るのであれば、保護者の皆様にとって喜ばしいことだと思い、実証実験に協力させていただきました。現場の保育士の負担軽減にも繋がれば、保育課長としては嬉しい限りです。

BABYJOB株式会社 代表取締役 上野 公嗣氏

渋谷という世界的に注目されている成熟した都市において、子育ての価値観をアップデートしていく実証実験をともに行うことができ、大変光栄な機会だと考えています。保護者・保育士双方の負担を軽減する手ぶら登園を通じて、子育てしやすい社会を実現していきたいです。

参考:現在の自治体での導入実績

現在、手ぶら登園を導入している自治体は以下になります。

奈良県奈良市(事例:https://tebura-touen.com/column/archives/1930
奈良県三宅町(事例:https://tebura-touen.com/case/2020/09/16/miyake/
東京都町田市
神奈川県平塚市

<実証実験中の自治体>
千葉県浦安市
千葉県習志野市

 Innovation for New Normal from Shibuyaについて

 「Innovation for New Normal from Shibuya」は、スタートアップ企業や大学、研究機関などから、さまざまな分野の社会課題を解決する新しいテクノロジーやアイデアの公募するプロジェクトです。

【公式サイト】https://shibuya.throttle.biz/innovation/

 手ぶら登園について

『手ぶら登園』は、保育施設で紙おむつが使い放題になる日本初のサブスクです。
保護者は「紙おむつに手書きで名前を書いて持参する」という手間が無くなり、保育士はおむつの個別管理の手間が無くなるという、保護者・保育士双方の課題を解決するサービスです。

2019年7月に当該サービスを本格的に開始し、現在(※2021年8月時点)は1,000施設以上の保育施設で導入されており、2020年には、日本サブスクリプションビジネス大賞のグランプリを受賞しています。

【BABY JOB株式会社について

すべての人が子育てを楽しいと思える社会を実現するために、保育園向けの紙おむつの定額制サービス「手ぶら登園」などを中心に、子育てに関する社会課題の解決に取り組む会社です。

■名称:BABY JOB株式会社
■事業内容:保育所サポート事業、子育て支援事業
■所在地:大阪府大阪市淀川区西中島6丁目7番8号
■設立:2018年10月1日
■資本金:6億6200万円 (資本準備金含む)
■HP:https://baby-job.co.jp/
■手ぶら登園サービス公式Webサイト:https://tebura-touen.com/
■保育士向けオウンドメディア「手ぶら登園保育コラム」:https://tebura-touen.com/column/
■公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/teburatouen/
■公式Twitterアカウント:https://twitter.com/teburatouen

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント