12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

缶入り日本酒「ICHI-GO-CAN®」を展開するAgnavi社が、神奈川県の2つのアクセラレーターに採択!

180mLの缶入り日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN®(一合缶)」を展開する株式会社Agnaviは、神奈川県が運営する「ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)(157社中8社)」および、「かながわ・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム(KSAP)(27社中10社)」に同時採択されました。

2つのアクセラレーターに同時採択

ローカルな日本酒は、生産量が少なく、手に入りません。しかし、そういった日本酒は地域では愛されているものの、それ以外では中々流通することがなく、目にする機会は少ない現状です。株式会社Agnaviは、2つのアクセラレーターを通じて、一合180mLサイズのアルミ缶入りの日本酒「ICHI-GO-CAN®」を、消費者がワンストップで入手できる商流を構築することを目指します。

今回、同社は神奈川県が運営する下記二つのプログラムに採択されました。
◆ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)
◆かながわ・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム(KSAP)

ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)とは

神奈川県内に拠点を持つ企業と、成長期のベンチャー企業による事業連携プロジェクトを創出する神奈川県の事業です。オープンイノベーション促進の取組として、BAK NEW NORMAL PROJECT 2021を実施し、大企業とベンチャー企業が連携して新型コロナによって顕在化した社会課題の解決のため、実証実験を推進しています。

◆同社の採択概要
コンビニや駅、マンションなどに設置された「マートステーション」へ地域の生産者が販売する食材を1品から送料無料で注文できるサービスである、生鮮食品EC「クックパッドマート」の仕組みと、Agnaviが開発した一合180mLサイズの缶入り日本酒「ICHI-GO-CAN ®」による新しい消費体験を活用し、日本酒のつくり手と消費者を繋げ、両者の繋がりを活性化していくことに取り組んでいく。

・プロジェクト名:「日本酒の『つくり手』を応援しつつ、毎日の料理を楽しみにする共創プロジェクト」
・支援期間:2021年10月から2022年3月
・応募数:167社
・採択企業数:8社
・募集方法:県内に拠点を持つ8社の大企業等が「ベンチャーと取り組みたいテーマ」を提示し、テーマに対するプロジェクトの提案をベンチャー企業から募集
▶︎BAKの詳細:https://bak.eiicon.net/newnormal

かながわ・スタートアップ・アクセラレーション・プログラム(KSAP)とは

KSAPは、神奈川県内のベンチャー支援の一環として、社会課題の解決に取り組むベンチャー企業を募集・決定し、メンタリングやネットワークによる支援などを通じて社会価値の実現と事業拡大を支援するプログラムです。

同社の採択概要
昨今、若者の日本酒離れなどの影響により、日本酒の消費量は年々低下していたが、新型コロナウイルスの影響により販売数が伸びている。本プログラムを通じ、日本酒を缶で気軽に楽しめる「Ichi-Go-Can®」の充填および販売を通して、日本酒の消費拡大を目指す。

・プロジェクト名:D2Cチャネルでの日本酒ブランド「Ichi-Go-Can®」の販売拡大
・支援期間:2021年9月下旬から2022年3月
・応募数:27社
・採択企業数:10社
・審査:社会性、経済性の観点から外部有識者が選定
▶︎KSAPの詳細:https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0604/startuphub/

ICHI-GO-CAN®とは

一合缶®は、「小容量・オシャレ・持ち運び便利」を実現させた1合180mLの缶入り日本酒です。全国の地酒を充填し、取りまとめて販売することで、蔵の大小に依存しない地方の酒蔵の魅力を発信することが可能です。また、旅先でも気軽に持ち帰りができ、銘柄を集めても、冷蔵庫の場所を取る心配もありません。さらに、ごみ捨てが容易で、環境にも優しく(リサイクル可能)、日本酒の大敵であるUVをカットでき、樽のままのような新鮮な状態で消費者に届けることができます。

会社概要

会社名:株式会社Agnavi
本社:神奈川県茅ヶ崎市本村2丁目2番地18号
事業所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 OCEAN GATE MINATO MIRAI 8F
代表者:代表取締役CEO 玄成秀
設立:2020年2月27日
資本金:100万円
URL:https://agnavi.co.jp/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント