12.8 C
Japan
月曜日, 1月 24, 2022

“ものづくりオープンイノベーション”を独自調査|医薬品、機械、食品、素材・化学メーカーの取り組み事例156!

オープンイノベーションに積極的な大企業の取り組み調査③【メーカー事例156】(TOMORUBA)

事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”「TOMORUBA」を運営するeiicon companyは、東京証券取引所一部に上場している企業2,191社※ におけるオープンイノベーション の実施状況に関する独自調査「オープンイノベーション積極企業調査プロジェクト」の第三弾として、メーカーに絞った取り組み事例の前編「医薬品、機械、食品、素材・化学メーカー」に注目した事例156をまとめ、「TOMORUBA」にて公開した。

大企業の「ものづくりオープンイノベーション」を調査

大企業にとって、今や欠かせない戦略のひとつである「オープンイノベーション(以下、「OI」)※」。TOMORUBAは、OIに関する事例を企業・団体・取り組みごとに個別に紹介してきたが、2021年4月に「オープンイノベーション積極企業調査プロジェクト」を発足。
東京証券取引所一部に上場している企業2,191社を対象に、大企業においてOIが実際に取り組まれているのか、また、実施されている場合の詳細について独自に調査が行われた。

これまでに発表したIT・インターネット業界105事例、金融業界101事例に続き、このたび医薬品、機械、食品、素材・化学メーカーについても156の事例がまとめられ、公開された。


◆「医薬品、機械、食品、素材・化学メーカーのオープンイノベーション」
 独自調査結果概要


・「医薬品」領域:
「共同研究」が大勢。大企業同士、大企業×スタートアップ、国内企業×外資企業、企業×大学などさまざまな組み合わせにより、新たなビジネス価値を創造。

・「機械」領域:
農業における効率化の実証からからサービス改善まで、多岐なジャンル。電動モビリティや二酸化酸素発生の削減など、SDGs達成を目指した試みも。

・「食品」領域:
原材料や加工品の生産性向上から、物流の改善、広くアイデアを募っての共創など、将来の新しい食生活につながる取り組みがみられる。

・「素材・化学」領域:
各社それぞれが自社で蓄積した技術が、共創で組み合わさり、新たな価値を生んでいる。地域の活性化や社会貢献を掲げる企業も。
 

詳細については、リンク先にて確認することが可能だ。

オープンイノベーションに積極的な大企業の取り組み事例まとめ
【医薬品、機械、食品、素材・化学メーカー156】(TOMORUBA)

https://tomoruba.eiicon.net/articles/2867

今後の展開

引き続き、東証一部上場企より「メーカー(後編)・ものづくり」など、ジャンル別に公開される予定となっている。

参考:(TOMORUBA)
オープンイノベーションに積極的な大企業105社まとめ【IT・インターネット編】
https://tomoruba.eiicon.net/articles/2653
オープンイノベーションに積極的な大企業101社まとめ【金融編】
https://tomoruba.eiicon.net/articles/2718

eiicon company について

eiicon companyは、「オープンイノベーション※」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施している。

1)「AUBA」
https://auba.eiicon.net/ 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォーム。登録数19,000社。課題・事業成長に必要なリソースなど自社情報を登録、相互に発信し、企業の新たなつながりを実現。

2)「TOMORUBA」
https://tomoruba.eiicon.net/ 事業を創るビジネスパーソンのための“事業を活性化するメディア”。全国各地あらゆる業界のスタートアップ・中小企業・大手企業から地方自治体・大学まで、資金調達・資金提供・共同研究などの様々な情報や事業を創るためのノウハウ情報などを配信。

3)「SHABERUBA」
「AUBA」が提供する、会員専用コミュニティ。バーチャルコワーキングスペースで会員同士の会話や商談、各種イベント参加やコミュニティ支援実施まで、オフラインでの活動をオンライン上で実現。

4)「event」:
ビジネスパートナー企業との出会いの場をリアルに創出。

5)「Sourcing Support」:
専門コンサルタントがオープンイノベーションチャレンジを支援。

以上5つの軸で、日本に新規事業創出手法「オープンイノベーション」を根付かせるサービスを提供している。

社名eiicon company
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者中村 亜由子
事業概要オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
URLhttps://eiicon.net/about/corporate/

運営会社

社名パーソルイノベーション株式会社
所在地〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
代表者代表取締役社長 長井 利仁
事業概要新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務
URLパーソルイノベーション – PERSOL INNOVATION (persol-innovation.co.jp)

※東証一部上場2,191社:
JPXホームページより(2021年7月26日現在) https://www.jpx.co.jp/listing/co/index.html

※オープンイノベーション
2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法である。 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント