12.8 C
Japan
土曜日, 8月 13, 2022

【出店者募集】VR・ARを活用した次世代ECプラットフォーム「WebXRコマース」

WebVR・AR開発を行う株式会社palanは、VRとARを組み合わせた次世代ECプラットフォーム「WebXRコマース」の事前出店者登録を開始しました。
決済代行会社のウェルネットと事業提携し「実店舗とECの中間」を目指す新時代のEコマースサービスとして、2021年9月に正式リリースを予定しています。

「WebXRコマース」とは

WebXRコマースは、ブラウザで体験できるバーチャル店舗を簡単に作成・公開できるサービスです。
ユーザーはアプリ不要の簡単操作で店舗を回遊でき、気になった商品はWebARで試しおきするなどして、その場で購入することができます。
実店舗を持たない事業者でもオリジナルのVR店舗を作成することができる、新しいECプラットフォームを提供します。

「WebXRコマース」の体験イメージ

【購入者側】

【出展者側】

「WebXRコマース」の特徴

1. バーチャルを生かした空間デザイン

WebXRコマースでは店舗の360度画像を撮影するのではなく、店舗のイメージ画像を3Dモデルで一から作成しています。
そのため店舗を持たない事業者はもちろん、現実世界では難しい自由な世界観の表現を可能とします。
ブランドのコンセプトやストーリーをVR体験を通して訴求できる、新たなECサイトとして利用することができます。

2. 3Dアイテムの生成技術

昨今Eコマースで注目されている「ARでの試しおき体験」ですが、この体験には商品の3Dモデルが必要となります。
しかしその一方で3Dモデルの制作には費用も時間もかかり、多くの事業者が導入に踏み切れない背景がありました。

palanでは独自開発した技術により、1枚の画像から簡易的な3Dモデル作成を可能にしました。
サイズを指定することで実寸大の3Dデータを作成でき、これにより大量の3Dデータを短時間で用意することが可能になりました。

※画像は開発中の画面で、実際のものと異なる場合があります。

3. ウェルネット社の決済システムと連携

WebXRコマースではVR空間で店の世界観や魅力を伝え、ARで商品の試しおきをし、その場で購入・決済まで完了することができます。
決済面では決済大手ウェルネット社の決済システムと連携しており、安心安全な取引を行うことが可能です。

「WebXRコマース」の利用シーン

オンラインライブの物販会場として
シンプルなWebページではなく、音楽ライブと同様に世界観を表現して観客を盛り上げことができます。

アミューズメント施設のグッズ販売として
遊び心のあるVR空間を用意することで、訪れたユーザーの購買体験をより豊かに、思い出に残るものへ変えることができます。

地域のアンテナショップとして
VRを用いることで、実際に観光へ来たような臨場感でユーザーに魅力を伝えることができます。 

WebXRコマースの詳しい資料は下記フォームより請求できます。
▶︎https://xr-commerce.jp/contacts/new   
※各種機能の追加やカスタマイズも可能です。

WebARについて

WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業が採用。その際のサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。

WebARの詳細はこちら
▶︎https://palan.co.jp/webar/

ニーズや予算・納期に合わせた制作の相談ができます。
▶︎https://palan.co.jp/contact/

【ウェルネット株式会社について】

ウェルネットは、コンビニや銀行ATMなどの現金決済からネットバンクや電子マネーなどのキャッシュレス決済までをワンストップで提供する決済代行会社です。利用者への返金・送金も自動化する送金サービスも提供することで購買行動に関するDXを推進しています。palanとの業務提携によりWebXRコマースのデファクトスタンダードを目指します。

【株式会社palanについて】

国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けています。
WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発の依頼を受けています。

デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけてきました。
今後も、ユーザーの声をもとにしながらWebAR技術の研究開発を進めていきます。

アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
▶︎https://tobira.me

簡単にWebARが作成できるサービス「palanAR」
▶︎https://palanar.com

WebARによるデジタルのスタンプラリーを簡単に作成「TOBIRALLY」
▶︎https://tobirally.com

3Dデータを管理・編集・利用することができる3Dデータ支援ツール「palan 3D」
▶︎https://palan3d.com

■会社概要
会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント