12.8 C
Japan
金曜日, 5月 27, 2022

2020年アクセラレータープログラムのまとめ!業界別に一挙紹介

DX推進のためには、スタートアップの力が有効なケースが多く見られます。そこで近年、大手企業を中心に様々の企業がアクセラレータープログラムをスタートさせ、スタートアップとの協業を模索しています。
自社でもアクセラレータープログラムの検討段階に入っているという方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では2020年に実施されたアクセラレータープログラムを業界別にまとめました。
類似業種の企業を参考に、自社が開催する際のイメージを膨らませてみてください。
目次
・メーカー・インフラ関連
・サービス・デジタル部門
・公共・自治体部門
・各業界に広がるアクセラレータープログラム

メーカー・インフラ関連

まずはメーカー、交通、通信・輸送と日常に欠かせない分野での取り組みを紹介します。

メーカー事例2選

co-necto(凸版印刷)

村田製作所やふくおかフィナンシャルグループなどパートナー企業も交えた3者で実証、共同事業化を検討するプログラムです。過去には福岡のスタートアップと連携し、観光イベントや地域情報を多言語で発信できるデジタルコンテンツサービスを販売した実績があります。
▶︎https://toppan-conecto.com/

Sony Startup Acceleration Program(Sony)

スタートアップの創出や事業運営の支援を目的として、2018年から世界的企業であるSonyが社外向けに始めたプログラムです。プログラムを通じて自宅で乳がんチェックができるMAMMOECHOをはじめとして、人や社会のためになる製品が次々と発表されています。
▶︎https://sony-startup-acceleration-program.com/

交通事例2選

京急アクセラレータープログラム(京急電鉄)

採択企業とともに京急グループの事業基盤を活かしたPoC(概念実証)を実行し、本格的な事業提携を狙うプログラムです。2020年の第3期では、withコロナやafterコロナを見据えたMaaSに関連する企業が採択されました。
▶︎https://openinnovation.keikyu.co.jp/program/

TAP(東急)

「スタートアップと共に、ワクワクする街づくりを」をスローガンに2015年度より始まったプログラムです。交通・物流・不動産に限らず、デジタルマーケティングやスポーツ、ヘルスケアなど幅広い領域が対象となっています。
▶︎https://tokyu-ap.com/

通信・輸送事例2選

POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2020(日本郵便)

EC市場拡大による物量増加、少子高齢化に伴う労働人口減少による郵便・物流課題を解決するために開催しているプログラムです。ロボティクスによる荷物の積み下ろし自動化の実証実験のように、画期的な共創事例がいくつもあります。
▶︎https://eiicon.net/about/jp-ip2020/

KDDI ∞ Labo(KDDI)

通信事業者としておなじみのKDDIは事業共創プラットフォームKDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)を立ち上げており、2020年度に2つのプログラムを実施しています。そのうちのひとつ、「ムゲンノツバサ」はJリーグチームの名古屋グランパスと新たなスポーツ観戦体験創出やmixiとのコミュニケーション体験創出などがテーマです。
▶︎https://www.kddi.com/open-innovation-program/mugenlabo/

サービス・デジタル部門

続いて、サービスやデジタルの事例を紹介します。

サービス業事例2選

SBメディアホールディングスグループ アクセラレータープログラム(SDメディアホールディングス)

ソフトバンクの子会社であるSBメディアホールディングスはインターネットメディア、デジタルサイネージ、人材事業やモビリティ、VR事業を展開する10社を傘下に持つメディア・コンテンツグループです。当プログラムは情報革命の推進を目的にしており、テキスト解析エンジン「Cohaku」を開発するAIREVに対して事業立ち上げを支援するなどの実績があります。
▶︎https://ap.sbmm-holdings.co.jp/

B-SKET(ベーシック、クロス・マーケティンググループ、ファインドスターグループ)

メンタリングや事業開発サポートにより、スタートアップの価値を最大化するプログラムです。Society5.0時代にますます重要性が増すSaaS領域に特化しています。
▶︎https://b-sket.jp/

デジタル事例2選

Rakuten Social Accelerator(楽天)

楽天の社員がアドバイスにとどまらず、具体的な成果を生み出すことまでを目指すプログラムです。第3期となる2020年はオンライン協働で進められ、2020年4月開始のサービス「ヒダスケ!」のプロモーション施策などがおこなわれました。
▶︎https://corp.rakuten.co.jp/sustainability/social-accelerator/

FUJITSU ACCELERATOR(富士通)

スタートアップの技術・製品と富士通グループの製品・ソリューション・サービスを組み合せて新たな価値を提供することが目的です。これまでに、機械翻訳サービスを提供・開発している「株式会社みらい翻訳」との共創事例などがあります。
▶︎https://www.fujitsu.com/jp/innovation/venture/

公共・自治体部門

公共分野でもさまざまなアクセラレータープログラム事例があります。

国や首都圏事例3選

起業家甲子園・起業家万博(総務省)

起業を志す学生や有望な若手起業家を全国から発掘するために実施する取り組みです。開催されるDEMO DAYは学生対象の「起業家甲子園」と若手起業家対象の起業家万博に分けられます。▶︎https://www.nict.go.jp/press/2020/07/08-1.html

Wide Ecosystem Accelerator広域連携アクセラレーター2020(関東経済産業局)

地域のスタートアップとスタートアップを支える支援機関の成長を目的としたプログラムです。2020年度は応募総数88件から13社のスタートアップを採択しています。▶︎https://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/venture/2020_koikirenkei_accelerator.html

アクセラレーションプログラムシード特化コース(東京都)

創業後3年未満の都内本店登記の中小企業などの条件を設け、都内の立ち上げ段階の企業に特化したプログラムです。参加することで大企業やメディアとのネットワークの構築や資金調達に関するアドバイスを得ることができます。
▶︎https://acceleration.tokyo.jp/program.php

その他エリア2選

YAP 湯けむりアクセラレーションプログラム(大分県)

県内でチャレンジする企業に対して定期的なメンタリングや助成金支援をおこなうプログラムです。これまでに資金調達額350百万円、事業提携数23件の実績があります。
▶︎https://yap.oita.jp/

TGA(仙台市)

東北の地域経済を牽引する新規事業を作り出すことを目的に、選抜されたスタートアップや個人に対してレクチャーやメンタリングなどのサポートをするプログラムです。資金調達を目指すスタートアップ向けの「TGA Growth コース」と事業開始を目指す若手起業家や家業を持つイントレプレナー向けの「TGA Studio コース」があります。
▶︎https://tohoku-growth-ap.jp/

各業界に広がるアクセラレータープログラム

今回は2020年のアクセラレータープログラムを合計15事例紹介しました。しかし、まだまだそのほかにも多くの事例があるのでここでは取り上げきれません。

現在、大企業を中心に開催されているアクセラレータープログラムですが、今後はさらに多くの企業がプログラムを開催に踏み切るでしょう。目まぐるしい技術革新が進む現代において、DX推進は優先課題です。DX推進や新規事業創出を担当されている方は、自社でのアクセラレータープログラム開催もぜひ検討してみてください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント